既卒の就職先はブラックしかない?既卒の就活経験者が実態を暴露する

既卒になっちゃったけど、就活してもブラック企業しか残ってないのかな…泣
と嘆いている既卒就活生は多いのではないでしょうか?

確かに、既卒での就職は厳しいという風潮があり、ブラック企業しか残ってないと思われがちですが、実態は不明瞭のまま…。そのため「本当にブラックしか残ってないのかどうか」気になる既卒就活生も大勢いるでしょう

そこで今回は既卒経験者が、「ブラックしか就職できないのかどうか」全て話そうと思います。その他、既卒での就活の注意点・ホワイトに就職するために知っておきたいおすすめの既卒サービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

※既卒におすすめの就活サービスが今すぐみたい方はこちらをチェック!

スポンサードリンク

そもそも、既卒者の就活って厳しいの?


新卒の就活と比べると、既卒の就職は難しいのは、残念ながら事実です。一度も就職したことがないということは、社会人経験がないということを意味します。

仮にアルバイトをしていたとしても正社員経験がないため経歴は真っ白なため、書類応募も通りにくいです。

面接まで進んでも、新卒で採用されなかったことで一定条件を満たしていないというレッテルを貼られてしまうことが頻繁にあります。その結果、企業が既卒就活生を敬遠して、採用しないことがめっちゃ多かったです…

2015年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査によると、既卒者の就職率は43.2%です。2人に1人以下は就職できていないということを意味しており、新卒者と比べるとかなり低い就職率です。

噂通り、既卒の就活は厳しいことを物語っています

既卒を採用する企業はブラックが多い

これまた非常な現実をお伝えしますが、既卒を採用する企業はブラックが多いです。なぜなら、好条件の企業は新卒が殺到するため、既卒を募集する必要がないからです。その結果、新卒に人気のない企業が残ってしまい、最終的に既卒を受け入れる企業はブラック企業になりがちです。

実際に私が既卒で就職活動を行っていたとき、書類すら通過しないことがザラでした。やっと面接まで行けた会社はわずか2社です。1社目は

朝から夜中まで働くけど大丈夫?
と質問され、かなり肉体的なタフさが求められる会社でした。2

社目は「既卒者歓迎」「未経験者歓迎」と、私にとっては好条件な求人でしたが、いざ就職してみると真っ黒なブラック企業だったのです…

スポンサードリンク

非正規社員のまま、正社員になれないことも…


求人に書いてあった条件は正社員雇用、給与は月25万〜、実働8時間、年間休日120日以上などなど素晴らしい労働環境でした。しかし、雇用契約書にサインをする際に書面を確認してみると、残業代込の月18万の契約社員だったのです。

せっかく就職先が決まり、一安心しているのもつかの間…。求人や面接時に提示された条件とは全く異なっていました

念のため採用担当者に質問してみると、未経験かつ既卒で社会人経験がない場合は試用期間の3ヶ月の間は月18万円でした。

3ヶ月以降は正社員で給与も標準に戻るよ
と言われましたが、結局退職するまでの1年以上給与は上がりませんでした。私を含めた既卒者は契約社員のままだったのです。

ハローワークは絶対に避けること


既卒で就職活動を行なっている方の中には、ハローワークへ相談に行く人、または行こうと考えている人もいるのではないでしょう。ハローワークは公共のサービスなので手数料や紹介料などがかからず、求人の検索、職業相談・紹介、職業訓練などを受けることができます。

一見、ハローワークは公共機関であることから、安定した優良企業が見つかると思われがちですが、ブラック企業の求人で溢れています

ブラック企業対策プロジェクト「固定残業代調査の結果報告」によると、固定残業代を導入しているハローワークの求人件数は全体のおおよそ77%です。固定残業代とは、残業時間がいくら長引こうとも、残業代は増えず一定という意味です。

この77%という異常に高い数値は、ハローワークの求人の半数以上が固定残業代を組み込んでいるブラック企業である可能性が高いことを意味します。

その他、求人を紹介する責任者もいないので、やりたい放題の求人もあります。中には、好条件で求職者を誘って既卒就活生を釣り出す最悪な求人もあります。そのため、ハローワークで求人を探すより、他の優良な既卒サービスを活用する方がブラック企業に引っかかりにくく、有効的に就職活動を進めることができます

既卒が正社員でホワイト企業に入る方法はあるの…?


では既卒者は、ブラック企業しか入社することはできないのでしょうか?

既卒を求める会社はブラックばかりと述べましたが、ホワイト企業も確かに存在します。実は急成長して人手が足りない企業や若手が少ない企業は、既卒の就活生を強く求めています。しかし、このような隠れた優良企業を数千もの企業から探し出すのは至難の業です。

そんな時は、既卒向けの就活サービスを使えば、スムーズに就職活動を進めることができます。メリットはこちら

既卒向け就活サービスのメリット

  • 既卒に直接求人を紹介することから、ブラック求人が一切ない
  • 既卒向けの就活対策を無料で実施してくれる
  • 就活を手伝ってくれるので、精神的に心強い!

既卒の就活は厳しい上にブラックの求人ばかりだからこそ、絶対に既卒向け就活サービスを活用すべきです。でないと、私のように後悔するハメになります

ここでは、既卒入社を経験した私が「いいな!使いたい!」と思った既卒サービスを紹介させて頂きます。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

説明会に参加するなら「JAIC」がおすすめ!


正社員として就職したいけど、こんな悩みを持つ方に「JAIC」をおすすめしたいです。

  • ブラック企業でないか心配…
  • 就職で失敗したくない…
  • 学歴・学歴に自信がない…

「JAIC」は既卒者を歓迎する優良企業20社を書類選考なしで紹介してくれます。さらに、未経験から正社員での就職成功率は80.3%を誇ります。未経験OKの選りすぐりの優良企業だけを紹介してくれるので、安心して働ける会社が見つかりやすいです!

紹介してもらえる企業の特徴は以下の通りです!

  • 短期間で社員が大量に辞めていない会社
  • すぐに成果を求めない会社
  • ビジネスモデルがしっかりしているので安定している会社
  • 未経験者を2~3年かけて育成してくれる会社

待遇は全て正社員で安定した環境で、社会人としてのキャリアを積むことができます。未経験の職種だとしてもコツコツと育成してくれるので、安心してスキルを身につけることができます。

もちろん無料で相談できるので、既卒の方は今すぐ「JAIC」に一度相談してみることをおすすめします。

アフターフォローがバッチリの「就職shop」


既卒で、こんな悩みを持つ方に「就職shop」をおすすめしたいです。

  • ホワイト企業の既卒求人を探したい…
  • 企業の選び方が分からない…
  • そもそも、既卒の就活がわからない…

「就職shop」は専任の就活アドバイザーが親身に相談にのってくれ、最適なキャリアプランを導き出してくれます。二人三脚だからこそ、一人ひとりに合った自己PRや志望動機の作成もサポートしてくれるので、就活対策も万全になります

さらに掲載されている求人は、実際にスタッフが訪問してチェックを通過した会社ばかりなので、ブラック企業に引っかかる心配はありません就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います

またアフターフォロワーもしっかりしています。入社後もアドバイザーが悩み相談に乗ってくれる丁寧さ…!無料なのにも関わらず、内定後にも手厚いサポートを受けられるのは「就職shop」だけです。

就活そのものが不安な既卒就活生は、「就職shop」を是非ご活用してみて下さい!

おすすめ既卒向けサイト3:ハタラクティブ

20代のフリーター・既卒・未経験から正社員を目指して関東地方で働きたいなら、「ハタラクティブ」をおすすめします。

「ハタラクティブ」のメリット

  • 40,000人以上を支援し、正社員成功率が80.4%という圧倒的な実績
  • ビジネスマナーから面接のコツまで教えてもらえる親切さ
  • 関東に特化していることで、優良求人が厳選されている

他の既卒サービスと同様の就活サポートももちろんあります。唯一の違いは、「関東に特化しているかどうか」です。関東の求人のみ扱っていることから、求人の質が非常に高く、他の既卒サービスが扱っていない求人も大多数あります

関東で働きたい!と希望する既卒者は、絶対に「ハタラクティブ」を活用してみることをおすすめします!

目先の内々定に焦らないこと!

私が既卒で就職活動を行なっているとき、うまくいかないことがたくさんありました。書類は通らず、スカウトのメールに返信しても経歴だけで落とされることなんて当たり前…。

就活がうまくいかないと、だんだん「受かればいいや」と思ってしまい、いろいろなことを妥協するようになってしまいます。

その時は、自分に自信も失って働けるだけいいと思っていたため、ブラック企業にひっかかってしまった面もあります。もちろん既卒での就活を選んだ自分の責任でもありますが、もしも私と同じように卒業後の就職活動で悩んでいる方がいるなら、ミスマッチが起こらないようにすることが1番です。

内々定に焦らず冷静にじっくりと、納得した形で就職先を探しましょう。人生は長いのだから…!

最後に

最後に、注意点を一つ。既卒だからと言って自信を失わないこと…!これだけは忘れないで下さい。

社会において「既卒だから…」と、引け目に感じることは何もないのです。諦めずに自分に自信を持って、働きたい職業につけるようがんばってくださいね!

【既卒】就活の方法・やり方・始め方を既卒入社の経験者が全て話そうと思う

スポンサードリンク