会社・仕事を辞めてから転職活動するのはあり?人材業界に勤めた私が全て話してみる

転職活動をするのは、今の仕事を続けながらがいいだろうか…それとも一度辞めてから、転職活動に専念したほうがいいのだろうか……?
転職を思い立った皆さんに最初に生じる悩みは、「仕事を辞めてから転職すべきかどうか」ではないでしょうか。実際問題、仕事を続けながら転職活動を並行して進めるのはなかなか難しいですよね。

今の会社が忙しすぎる!もっとプライベートを大切にしたい
と思って、転職活動を始めた方なら尚更のことでしょう。

もし現在の仕事と並行して転職活動するにはそのプライベートの時間を捻出することがスタートラインです。かといって、今の会社を退職してから転職活動を始めるのは結構リスキーでもあります。

今回は「仕事を辞めて転職活動に専念するのはアリかナシか」人材業界に在籍していた私がお答えします!

スポンサードリンク

在職中の転職活動のメリット


在籍中の転職活動のメリットは2つあります。

  • 職歴に空白期間がなくなる
  • 企業の良し悪しを冷静に判断できる
2つのメリットに共通しているのは、現職にいる限り無職期間がないので精神的にラクであることです。では、1つずつ解説していきますね!

その1:職歴に空白期間がなくなる

今の仕事を続けた状態で、そのまま次の仕事へ移り変わるため、会社に属していなかった期間を作らずに転職することが可能です。収入が途切れる心配もありませんので経済的にも大きなメリットでしょう

逆に、ここで3ヶ月以上の空白を作ってしまうと今後さらにキャリアアップしたいと考えた時、足かせになる可能性が大きいです。将来の自分が今の自分を恨まないためにも、職歴に空白期間を作ることは避けたいところです

今後また転職する時に、大きなメリットにもなります!また職歴が空かないので、転職活動が長引いても問題がないのが精神的にラクですよ!

その2:企業の良し悪しを冷静に判断できる

絶対今月中に内定を取らないと…
といった焦りが無い状況で転職活動ができるので、気持ちに余裕があります

そのため、とりあえず内定を取るためだけに大量採用の求人に応募したり、条件に妥協してあまり乗り気じゃない会社に転職する等、転職で迷走をする心配がありません

この企業が1番自分に合っているのか…それとももっといい会社を探すべきなのか…
と迷う場面は転職活動でたくさん出てきます。そこで冷静に考えて進むべきか別の道を探すべきか判断しないことには、転職活動の成功は難しいでしょう

「無職になるかもしれない」という不安を抱えたままでは、本当に行きたい会社、本当にやりたい仕事を見つけることが出来ません。結局現状から逃避するためのその場しのぎの転職活動に終わってしまいます。

転職で様々な決断を迫られたとしても、内定に囚われることがないので、最高のキャリア選択がしやすい環境といえます!

スポンサードリンク

在職中の転職活動のデメリット


在籍中の転職活動のメリットもありますが、デメリットもあります。

  • 周囲にバレる可能性がある
  • 休暇を取得して説明会や選考に参加する気まずさ
働きながら転職することから、スケジュールがキツイ上に転職活動で弊害が生まれてしまいます

その1:周囲にバレる可能性がある


会社の文化によっては、社員が隠さず堂々と転職活動しても差し支えない場合もあるでしょう。しかし、大半の会社は転職を考えていたり、実際に転職活動をしていることがバレると非常に厄介です。あなたの固い意志とは裏腹に、同僚や上司は全力で止めにかかります。

あなたが辞めることで同僚にはしばらく仕事の負担がのしかかりますし、上司は会社からの評価が下がるからです。

また、転職活動していることがバレた後は会社に居づらくなります。結果的に他社から内定が出ず現在の職場に残留するとしても、一度会社を辞めようとした人に対する評価は厳しいものになります。

その2:休暇を取得して説明会や選考に参加する気まずさ

転職活動中の選考・面接は土日に行われることもありますが、平日に開催されることが多いです。なので、退社後に面接へ向かうのも厳しい場合、必然的に休暇を取らなければいけません。これは在職中に転職活動をする上で最も心苦しさを味わう場面といえます

休暇取得理由も工夫が必要です。まわりに怪しまれないよう、時に仮病を使い、時に親戚を倒れさせたりと、嘘をつきまくることに…。

いずれ辞める会社だからと割り切ってしまえば良いのですが、転職活動が終わって会社を去る日まで、嘘を貫き通す必要があります

在籍して転職する場合は、周りの目を気にする必要があります。なので、面倒くさいと感じることも多いです。

退職後の転職活動のメリット

一方で、退職後の転職活動には、在籍中の転職活動になりメリットがあります。

  • 転職活動に多くの時間を費やすことが出来る
  • 入社可能日は企業に合わせられる
やはり、自由に転職活動できるのが何よりもメリットです!

スポンサードリンク

その1:転職活動に多くの時間を費やすことが出来る


退職後、もしくは退職日まで残りの有給休暇を消化する期間中、朝から晩まで転職活動に打ち込むことがきます

履歴書、職務経歴書の作成、筆記テストの対策、転職エージェントとの面談や模擬面接など、就職活動を思い起こさせるほど、転職活動にはやることがたくさんあります

これらだけに集中できる環境は会社を辞めなければ作れません

その2:入社可能日は企業に合わせられる

既に退職している、もしくは退職日まで1ヶ月を切っている場合がほとんどかと思います。転職サイトに掲載されている企業の多くは、1~2ヶ月後には入社できるような人材を求めています。面接で

明日からでも入社可能です!
と言える意気込みを冗談でなく伝えられることは、面接官に対してプラスの印象を与えます

実際に明日から入社することは手続きの関係上難しいですが、『いつでも働ける、1日でも早く御社で働きたい』という姿勢を見せられるのは、在職中に転職活動をしているライバルたちよりも有利にはたらきます

在籍中に転職する人に比べて、自由に転職できることから実質的には有利といえます!

退職後の転職活動のデメリット


とはいえ、退職後に転職活動することには、デメリットも当然あります。

  • 無職期間が生じる恐怖を味わう
  • 転職ではなく内定獲得が目的になってしまう可能性
転職が決まらない期間、精神的にシンドい場面がたくさんでてきます

その1.無職期間が生じる恐怖を味わう

自分の所属する後ろ盾が何もない状態は開放的ではありますが、怖いことでもあります。退職後しばらくは目の前のことに精一杯かもしれません。しかし内定が出ない状態で活動が長引くと、

1ヶ月後、2ヶ月後も自分は無職のままなんじゃないか…もしかしたらこのまま無職で人生が終わってしまうのではないだろうか…
という不安が生じてきます。

メンタルの強さに自信がある方は腹を括れるかもしれません。しかし、転職先を決める前に会社を辞めた多くの方が無職期間の恐怖を味わっています。実際に人材業界で勤めていた頃、うつ状態になってしまった方々をたくさん見てきました

転職活動が長引くと精神的に不安定になりやすいので、転職活動に支障をきたすことがあります

その2.転職ではなく内定獲得が目的になってしまう可能性


無職になることを恐れ

とにかくどこでもいいから内定がほしい!!!
と思ってしまったらお終いです。せっかくここまで頑張ってきた転職活動が水の泡です

そもそもなぜ転職活動を始めたのか、ここで思い返す必要があります。転職活動をはじめた頃のあなたは、会社に何らかの不満があり、もっと自分に合った会社を見つけたいと考えていたはずです。しかし、職歴に穴が空くことを恐れるあまり、どこかの企業に属することをゴールにしてしまったら必ず後悔します

今まで在籍していた会社よりいい会社に巡り合うためには、その企業が自分に合っているか、自分が働きたい条件が揃っているかを冷静に見極める必要があります

冷静な判断ができなく可能性があるという点で、退職後の転職活動は裏目に出ることもあります。

最後に

個人的な意見になりますが、内定が出る前に会社を辞め、転職活動を進めるのはリスクが多い上に今後のキャリアで失敗する可能性もあるので、在籍中の転職活動をおすすめしています

特に転職エージェントでは、在職中の忙しい方でも自分に合った会社を見つけられるよう、徹底的な転職者のサポートに日々努めています。なので、転職エージェントを駆使して、精神的にゆとりを持った状態で転職活動を進めることが、いい会社に出会う一番の近道でしょう

私がイチオシする転職エージェントは、最大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」です。転職活動で会社を辞めようか悩んでいる方は、是非ご活用下さい!

働きながら転職するのは難しい?コツを全て紹介しようと思う

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

スポンサードリンク