正社員から契約社員に転職するメリット・デメリットを人材業界で働く私が紹介する

正社員から契約社員に転職するのて、ありなのかな…?
これまで正社員として働いてきた人が転職を考える際、契約社員と正社員の働き方を比べて、契約社員の転職を望む方はいると思います。

転職サイト上を見ると、正社員に件数は劣るものの、契約社員の募集もたくさん掲載されています。

また、転職活動を機に契約社員や派遣社員などの非正規雇用の立場に方向転換する人や、どうしても行きたい会社に契約社員として転職し、正社員登用を目指している人も存在します

転職を機に正社員から契約社員になるメリット・デメリット・転職方法について、人材業界の立場で働いていた私が紹介します。

※転職サイト「リクナビNEXT」に契約社員の求人・転職ノウハウが無料で公開されています。気になる方は今すぐチェックしてみて下さい!

スポンサードリンク

正社員から契約社員に転職するメリット

正社員で働いていた時、契約社員の方がいたと思います。一見 正社員と同じように働いているようにみえますが、実は正社員にはないメリットが隠されています。

早速、紹介していきますね!

その1:仕事に対する責任が減り、精神的余裕が生まれる


契約社員は正社員のサポートをするポジションの場合が多いので、仕事の重圧が日々降り注いでくることは少ないです。なので、精神的にキツイ状況に立たされることは殆どゼロになります。その結果、精神衛生が健全な状況で、仕事を進めることができます。

これまで責任の重い立場でストレスフルに働いていた人であれば、サポート役に回れることを嬉しいと感じると思います笑 会社にいる時間以外で会社のことをあれこれ悩む心配もありません

その2:時間的余裕が生まれる


正社員より責任が少ない分、残業時間なども少なく抑えられるのは契約社員ならではのメリットといえるでしょう。また、正社員時代は禁止されていた副業も、契約社員には認められていることが多いです

仕事が終わったらそそくさと家に帰り、空いた時間で本業以外に力を入れれば、結果的に正社員時代よりも多くの収入を手にすることも可能です

なので正社員として働いてきた人が転職を考える際、自由な時間を求めて契約社員の転職を望む方はたくさんいます。

正社員は残業に追われることも多いですが、契約社員は定時で帰れることが殆どです。なので時間を確保できるメリットは正社員にはない魅力いえます!

その3:転勤の心配がない


全国的に事業展開している企業の場合、正社員には転勤がつきものでした。しかし契約社員など非正規雇用の立場であれば転勤の心配がありません。

大手企業の正社員なら総合職採用として、数年に1回異動や転勤の心配があります。結婚や子育てなど、家庭の事情をあまり考慮してくれないような企業も多いのが現状です。

しかし契約社員であれば、同じ会社でも契約社員であっても、自分のやりたい仕事を同じ部署で転勤することなく続けることができます

結婚・介護など転勤を拒みたい…だけど安定した収入が欲しい人にとって、契約社員の働き方は非常にマッチすると思います!

デメリット:給与が下がって、ボーナスも出ないこと


契約社員は正社員に比べて給料が安いって聞くけど、どれくらい違うのかな…?
契約社員は給料が正社員より安いとご存知の方もいるでしょう。実際にその通りで、契約社員の1番のデメリットは給料が安くなることなのです。

2厚生労働省が行なった民間企業給与実態調査によると、正社員の平均年収は約440万円です。一方で、契約社員の平均年収は約340万円と言われており、大体100万円程度の差があります

正社員から契約社員へ転職するのであれば、『今の年収からマイナス100万円で生活できるか、満足できるか』考える必要があります

また、契約社員の場合は賞与が無かったり、あったとしても正社員よりずっと少ない金額の場合がほとんどです。半期に10万ずつなど、決まった額の会社もあります。転職サイトで正社員と契約社員の求人どちらも出ている企業なら、給与にどのくらい開きがあるのか知ることができますので、チェックすると良いでしょう。

また、正社員、契約社員それぞれの募集対象、採用条件が資格や経験年数によるものであっても、入社してみると実務の上ではほとんど差がない場合もあります

同じような仕事を任せられながら自分は年収300万、隣の正社員は年収400万、といった理不尽な状況がいくらでもありえるのが、契約社員の立場なのです

契約社員だからって、メリットだけではありません。給料面ではデメリットもあるので要注意です。

スポンサードリンク

契約社員になるなら5年後に何をしていたいか見据えて!


正社員から契約社員になることに興味を持っているのであれば

  • 5年後に自分がどんな仕事をしていたいか
  • どんな生き方をしていたいか
考えることからオススメします。

なぜ5年後なのかというと、契約社員の契約更新は5年が限度だからです。5年以上同じ会社に勤務するとなると、会社側は契約社員から正社員登用させる必要があります。

そのため、契約社員として雇用される場合、正社員を目指して仕事に励むのは素晴らしいことですが、正社員になれなければ5年後には確実に契約が終了すると思っておきましょう。

他の会社でキャリアを積むのも良いですし、空いた時間で磨いた自分のスキルを活かして新事業を立ち上げるのも良いでしょう!大事なことは、5年後のキャリアを少なからず想像することです。

スポンサードリンク

狙うなら就職活動で狭き門だった企業に転職しよう!


せっかく転職活動をするなら興味の持てる仕事や憧れていた業界に進みたいですよね。「正社員は実務経験3年以上要、契約社員なら未経験歓迎」といった募集を見かけて、

なんなら契約社員もアリかな…
と心が揺らいでいる方も多いのではないでしょうか。

人材業界に携わってきた立場からお話すると

未経験でも異業種・異職種に挑戦したい!
と言って、正社員から別の企業の契約社員に転向した方は結構いらっしゃいます。これまで見てきた例はこちら!
  • 大手金融→大手企業の人事部
  • 証券会社→大手出版社の編集職
  • メーカー事務→大手広告代理店の営業サポート
いずれも大手企業や就活生に人気の企業の契約社員として、これまで経験のなかった職種にチャレンジしています

これらの大手企業、有名企業の契約社員ポジションは、「正社員登用実績有り」と謳っていても、実際には正社員に登用される人が年1人いるかいないかの狭き門です。そのため、5年満期で契約終了となる場合が多いです。

しかし、契約社員と言えど仕事の量・質ともに結構ハードですが、学べることや身につくスキルはたくさんありますし、給与面では同じ業界で中小企業の正社員に引けを取りません

また、契約終了後に再度転職活動をする際も、人気企業の忙しい環境で鍛えられたスキルは絶好のアピールポイントになります。ただし、こういった人気の高い企業は、正規雇用、非正規雇用に関係なく倍率は高いです。

契約社員だからといって居酒屋のアルバイトのように簡単に採用されるものではありませんので、軽い気持ちで臨むのは危険です

本当に行きたいと思える会社、やりたいと思える仕事ならば、しっかり準備をした上で書類選考、面接を受けましょう!

転職エージェントに相談してみよう


契約社員の優良な求人は転職サイトに公開してしまうと応募が殺到するので、非公開にしていることが多いです。この非公開の優良な求人を見つけるには、転職エージェントを活用するのが手っ取り早いです。

ガンガン優良な求人を紹介してくれますし、他にもこんなメリットがあります。

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、転職活動が捗る
  • 契約社員の悩みを把握した上で、適切な求人を紹介してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる

注意点として、転職エージェントによって求人数や得意な業種・業界が異なるので、複数に登録する方が絶対に良いです。相性も合わない転職エージェントもあるので、最後に複数利用しているサービスから1つ選ぶのがベストです

人材業界に勤めた私がおすすめする契約社員向けの転職エージェントを3つ載せたので、是非ご活用下さい!

◯「リクルートエージェント」は大手の契約社員の求人が多い!

◯「DODA」は契約社員の転職サポートが手厚い!

◯「パソナキャリア」は無料面談の特典で、大人気の冊子「転職指南書」が貰える!

まとめ

正社員は社会からの信頼も厚く、突然解雇される心配もないですが、大きな責任が伴います。

一方で、契約社員は時間的にも余裕があり、大抵の場合副業が認められている上に、自分の好きな場所で働けます。ただし、非正規雇用のため社会的には弱い立場にあり給与も低めとなってしまいます。

ご自身の今後の予定(結婚、子育て、介護などのライフイベント)とも照らし合わせながら、自分にぴったりな働き方を選んでみましょう!

契約社員の正社員登用は嘘?本当?契約社員だった私が真実を語る

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

スポンサードリンク