【第二新卒】転職で失敗したくない人が注意すべきことを全力でまとめてみた

学生時代、周りの友人たちとともに一生懸命に就職活動をして、ようやく掴み取った内定。

でも実際に入社してから、就活中に抱いていた企業への憧れと、現実の社会人生活とのギャップに苦しむ人は多いです。

こんなに激務だとは思っていなかった…
私の会社人生、こんなはずじゃなかった…
この会社で定年まで働くなんて耐えられない!
人間関係がドロドロしすぎ…もう疲れた…
こういった理由から、入社して早々に転職を考えている若手社員が跡を絶ちませんし、第二新卒の転職者は年々増えています。さらに、近年の転職業界は圧倒的な売り手市場で、多くの企業が若い人手不足を嘆いています。

なので、「転職はなるべく20代のうちにする方が有利」になるケースが増えています。一方で、転職でのミスマッチで後悔する第二新卒の転職者も後を絶たないのも、事実です。

そこで今回は、第二新卒のみなさんが転職をするにあたって失敗しないために『どんなことを心がけるべきか』、人材業界で勤めた私、そして友人の経験を元に4つのポイントをお伝えします。

やっぱり転職しなきゃよかった泣
とならないためにも、ぜひご一読ください。

スポンサードリンク

その1:「なぜ今転職するのか」深掘りする


3年を待たずに転職を繰り返す人に対して

  • 1つのことを長く続けられない、職場になじめない人なのではないか
  • ウチの会社に来てもらっても、また短期間で辞めてしまうのではないか
など、ネガティブな評価をしてくる採用担当もいるといいます。

そこで大事になってくるのが、「あなたはなぜ今転職するのか」という問いに対する深掘りです。転職理由は、転職活動の軸ともいえる部分です。思いつきで転職活動をしているわけではないことを確認する意味でも、しっかり考えてみましょう。

転職理由を深掘りする流れとして、例を挙げます。

今の業務が自分に合っていない…
どこが合わないのか、部署異動のチャンスはないのか、どんな仕事なら合いそうか
残業時間が多い、仕事がハード
どんなスタイルで仕事がしたいのか、理想のワークライフバランスは?
正当に評価してもらえない、給与が低い
自身でどんな努力をしてきたのか、成果を出した実績はあるか、給与はいくらもらえれば妥当と考えているのか

今抱えている問題点が「どう改善されれば納得できるのか」はっきりすれば、転職活動の方向性を定めることができます。一度頭の中を整理して、自分の言葉でまとめてみましょう。さらに、志望企業に行けば今抱えている問題が解決できるかどうかについても考えてみてください。

転職したい理由がどのようなものであっても、今のあなたが置かれている環境のマイナス要素を、「御社でならプラスにできます!」と自信を持って伝えることが重要です

「今後を見据えたステップアップのために転職活動をしているんだ」という前向きな姿勢が企業に伝われば内定は近づきます。「なぜ転職したいのか」を掘り下げておけば、面接で聞かれた際の答えに困ることはありません

面接では必ず聞かれる質問ですので、自分も面接官も納得のいく、筋の通った転職理由を伝えられるよう、用意しておきましょう。

スポンサードリンク

その2:業界、職種は早めに絞る


業界、職種をある程度絞り込んでおかないと、転職活動はどんどん長引いてしまいます。その結果、長期間の転職活動で心身ともに疲弊してしまい、冷静な判断ができず失敗しやすくなります。私が転職活動をする際、はじめは

せっかくなら出版社の編集職に挑戦したい!
と考えました。

しかし、編集職は募集自体かなり少ない狭き門。ほぼ未経験の立場では書類選考の時点で落とされてしまいます。まれに「未経験歓迎」の編集職の求人もありましたが、ネット上の評判で激務薄給の文字をみて尻込みしてしまいました。

既に転職活動をはじめて1ヶ月が経過。焦りを感じてここから迷走が始まります。

もう営業職以外で土日休みの仕事なら何でもいいかも…
と考えて、転職サイトに掲載された事務系職種に片っ端からエントリーしてしまいました。

業界はメーカー、化学、IT、医療などバラバラです。職種も、営業職を避けた結果、企画、労務、人事、総務など多岐にわたります。とにかく数撃ちゃ当たると考えていたのです。運良く、いくつかの企業から1次面接の案内がきました。

その結果、大変なことに…


ここからが更に大変です。業界ごと、職種ごとに毎回志望動機を考えなければいけませんでした。結局どの業界、どの職種に対しても、薄っぺらい志望動機しか作ることができず、面接で採用担当を納得させることはできませんでした。

恐ろしいことに、この迷走は3ヶ月ほど続きました

その後、自己流では埒が明かないと感じ、転職エージェントに助けを求めて、転職理由や志望業界などの根本部分から考え直すことにしました。結局、最初に志望していた出版業界や編集系の仕事に絞って探すことになり、転職先が決まるまで半年以上かかってしまいました。

もし今、志望業界、職種があまり定まっていないという人は、まずは絞り込むことをおすすめします

  • 現職に近い業界がいいのか、それとも無関係の業界に行きたいのか
  • これまでの経験を活かした職種がいいのか、未経験で新しい職種に挑戦したいのか
このように、ざっくりでも良いので、まずは大枠から捉えて、やりたい仕事をはっきりさせてから企業にエントリーしましょう。

その3:転職先の口コミを必ずチェックしよう


次の転職先で、転職理由とのギャップで同じように苦しむのは本末転倒です。なので転職先の情報をチェックすることは非常に大切なんです。

企業から提供された情報も良いですが最もリアルで信憑性が高いのは、実際に働いている社員の口コミです。包み隠さず企業の情報が開示されている上に、説得力もあります。特に退職した方々の口コミには、退職理由と直結するのでリアルな企業の一面がわかります

なので、情報弱者となってブラック企業に転職することを避けるためにも、社員の口コミが詰まったサイトは一度確認すべきです。特にオススメなのは「キャリコネ」です。理由はこちら!

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる
登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

その4:内定が出てから、今の会社に退職を伝えること


3つ目が最も重要です。辞めたい気持ちを抑えきれずに、会社に退職を告げたくなる気持ちは痛いほどわかります。しかし、次の受け入れ先が決まるまで、今の職場に辞める素振りを見せてはいけません

早めに退職の意向を伝えておかないと、今の職場にも転職先にも迷惑がかかるのではないか?
心配になっている人もいるかもしれませんが、その心配は内定が出てからすればいいのです。

求人を出している企業も、内定者が在職中であれば前職で引き継ぎが必要なことは重々承知しています。なので、内定から入社まで1~2ヶ月は待ってくれる場合が多いです。

仕事を辞めてから退職するリスクの高さ


仕事が忙しくて転職活動を両立させるのは困難…だから、辞めてから活動したい!
と考える人もいると思います。

確かに、今の職場が忙しいと書類や面接の準備が疎かになってしまったり、面接の日程調整がしづらかったりと苦労が絶えません。ですが、今の職場を退職した状況で進める転職活動は、転職先の選考で落ちまくった時にリスキーですし、精神的にも不安定になりがちです。

いずれ辞めるつもりなら、面接のために仮病を使って休んでも差し支えありません。多少白い目で見られても気にしなっくていいですいずれ辞めるのですから

いい会社に内定をもらったら退職しよう!
と考えられる環境なら、自分が企業を選べる立場にあります。内定をもらった後、冷静に企業を評価する余裕が生まれます。

一方、退職後の転職活動は

もう後がない…どこでもいいから内定をもらわなきゃ
という精神状態が続きます。内定が出たとしても、その会社が本当に自分と合っているかどうかより、無職期間を少しでも短くしたい気持ちを優先しがちです。

よっぽど強靭なメンタルをお持ちでなければ、退職後の転職活動で判断の冷静さを欠くことは大いに有り得ます。職場へ退職を申し出るのは内定が出てからにしましょう

※転職エージェントを使うのが成功への近道


転職エージェントは転職のプロなので、転職活動の協力なサポーターとなってくれます。

転職で失敗しないためにも転職の専門アドバイザーを活用して、確実に転職を成功させるのが1番です。他にもこんなメリットがあります!

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開の求人も紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、ぜひご活用してみて下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

まとめ


毎朝会社に行くのが嫌で嫌で仕方ない、朝起きるのも億劫だ、こんな会社に入るために就職活動を頑張っていたなんて・・・。そのような日々を送っていると「こうなったら転職するしか無い!」と思い立つのも無理ありません。

実際に、転職は若いうちがチャンスですし、やり直しが効くのは20代のうちです。第二新卒として扱ってもらえるうちは、経験はそこまで問われることはありません。その人の若さや可能性を見て、内定を出すかどうか決まります。

今回紹介した3つのポイントを意識しながら、短期間で納得のいく転職活動ができるよう応援しています!

第二新卒の転職で成功するコツは?新卒で会社辞めたけど、第1希望に転職できた私が紹介する

スポンサードリンク