第二新卒が転職活動で失敗する典型例を人材業界の私が解説してみる

人材業界で働く身として、色んな第二新卒の方とお会いしましたが、殆どのかたが転職に慣れておらず、常に迷いながら活動されている方ばかりでした。

今回はそんな迷える第二新卒の転職者たちが陥りやすい失敗例についてまとめてみます。

第二新卒で転職活動している方は是非参考にしてみて下さい。

※転職サイト「リクナビNEXT」に異業種の求人が無料で公開されています。気になる方は今すぐチェックしてみて下さい!

スポンサードリンク

失敗例 その1:応募先が偏り過ぎている


自己理解が不足しているために、応募先が偏ってしまう転職の失敗事例です。

  1. 理想が高すぎる
  2. 視野が狭すぎる

理想が高すぎる

新卒時の就職先選びに失敗してしまったと感じている人ほど陥りやすい失敗です。この方々は知名度のある大手企業や人気業界の企業にしか応募しません。

面接に受かれば良いのですが、落ち続けている人が大多数のはずです。もちろん、第二新卒の可能性は無限大で、異業界への転職や中小企業から大手への転職も可能ではあります。

しかし、落ち続けているのであれば適性が応募先を見直すべきでしょう。今の会社を早々に退職する必要が無い場合は理想を追い続けても良いですが、今すぐにでも辞めたい人は少し受ける会社の規模や業界を見直してみることも必要です。

視野が狭すぎる

こちらは2パターン想定されます。

  • 自分の興味のある業界しか受けないパターン
  • 自分に自信が無く、今まで自分が経験を積んだ業界にしか応募しないパターン

1つ目は理想が高すぎるパターンと被ります。一方で2つ目は他の業界に適正があるかもしれないのに、自ら視野を狭めてその可能性に賭けないパターンです。機会損失に繋がるので非常にもったいないです。

第二新卒の社会人経験が乏しい状況で自身の適正なんてわかるはずありません。意外なところに適正が見いだせる可能性だってあります。

受けてみて違うと思ったら入社をしなければ良いだけです。第二新卒の今だからこそ可能性は無限大ですし、いろいろな会社を受けてみてください。

失敗しない為に…

応募先の偏りの主な原因は、いずれも自己理解不足です。

  • 自分のやりたいことは何なのか
  • 将来どのようになっていたいのか
  • 強みは何なのか
  • 弱みは何なのか

まずは自分をしっかりと理解した上で、幅広く応募検討してみましょう。

スケジュール調整ができていない


選考スピードを理解しておらず、思うように転職活動を進められないという悩みもよく聞きます。

よくある失敗

例えば、複数の企業にて選考中だったが、1社から内定をもらい回答期限も区切られてしまったが故に、内定先の比較検討ができず、他社を諦めて入社 or 他社に賭けて内定を辞退せざるを得なくなるケースがあります。

これは本当によくある失敗例です。

他にも、内定をもらっても

他にもっと良い会社があるのではないか…

と考え、せっかくの内定を辞退して転職活動を再開するなんて話もよくあります。最終的に後悔しない転職が出来たのであれば、結果オーライです。

しかし、もし他社に賭けて最初の内定先を辞退したものの、最初に内定をもらった企業が一番良い会社だったと後から気づいた時は本当に悲惨です。

最悪の場合、それ以降で内定をもらえる企業に出会えないパターンになりかねないです。1社内定をもらうと、もう1社くらい内定もらえるだろうと思うかもしれませんが、そう簡単なものではありません。

スポンサードリンク

失敗しない為に…

失敗しない為にすべきことは、スケジュール管理を徹底することです。まずは以下4点を考えて下さい。

  • いつ入社をしたいのか
  • もしくはいつ頃内定をもらいたいのか
  • 理想の内定日から逆算して、いつ応募をするべきなのか
  • いつ面接をするべきなのか

インターネット上の公開求人によっては選考の流れやスピード感が求人票内に書いてありますので、スケジュール調整参考にしてみると良いでしょう。もし転職エージェントを活用している場合は、エージェントに希望を伝え、スケジュール調整をお願いすると手間が省けます。

また、直接企業に応募をしており選考の流れなどがよくわからない場合は、一次面接の調整中にでも今後の選考の流れを聞いてみて下さい。あまりにも応募企業でスピード感が異なる場合は、面接を設定する日などで調整をしながら進めていけばOKです。

ただし、離職中の場合、あまりにも遅い面接日程を提示すると、志望度が低いとみなされる可能性があるので要注意です

また、内定をもらってから入社意思の回答の猶予期間についてもエージェント経由であれば確認してみましょう。その会社から内定実績があれば、「過去の内定者はどうだったのか」わかるかもしれません。

稀に1ヵ月くらい待ってくれる会社もありますが、逆に内定連絡から3日以内に回答を迫られるケースもあります。

面接対策ができていない


人生でそう何度も面接を経験することはない為、慣れていない方は多いです。面接対策が不十分であった場合、転職の面接で落ちてしまう第二新卒を何度も見てきました。

営業の方であれば話すのは得意だと思いますが、「商材が自分」となると途端にどう売り込んだら良いのかわからなくなる方もいます。特に第二新卒が陥りやすい面接での失敗に触れてみます。

よくある失敗

やはり一番第二新卒が苦手にしているのは「退職理由」だと思います。就業期間が短い理由を尋ねられてら戸惑ってしまいますよね。また、就業期間が短いので何をアピールしたら良いのか思いつかない人もいるでしょう。

失敗しない為に…

いずれも失敗理由は事前の準備不足です。突っ込まれるかもしれないとわかっているなら、対策をしてから面接に臨めば良いのです。就業期間が短いことは紛れもない事実なので、嘘はつけません。

大事なのは、面接官を納得させることで。やりたいことができない環境なのであれば、その趣をしっかりと面接官に説明してください。実現する為に「現職ではどのような努力をしてきたのか」も添えるようにしましょう。

何の努力もしていないのに

現職では希望が叶わない
と訴えても面接官の心には響きません。

また、短期間での退職になることについては素直に反省の気持ちも伝えることが大切です。そして、今回の転職を最後にするつもりであることを自分の言葉で面接官に伝えてください

きれいごとを並べるより自分の失敗を素直に認める方が、第二新卒らしい素直さや謙虚さがアピール出来ますよ

自己PRについては、下記を参照下さい。

退職交渉の失敗


内定をもらったからといって安心はできません。最後にして最大の壁、退職交渉が待ち受けています

よくある失敗

内定をもらっていても、退職交渉に失敗し、退職出来なければ意味がありません

第二新卒の場合、在籍期間が短いということもあり

上司からもう少し経験を積んでからの方が良いのではないか
と諭されることもあるでしょう。

他にも、いざ退職をしようと思って家族に相談をして反対されて転職自体を諦める人もいます。周りの理解を得られなければ、円満に転職することはできないのです。

失敗しない為に…

失敗しない為に一番重要なことは、一度辞めると決断をしたら引き返さないことです

家族に反対された場合は、しっかりと自分のやりたいことを理解してもらえるまでとことん話し合うことです。後悔のない転職になるためにも、話し合いはとても重要です

第二新卒の退職交渉については、下記の記事をご参照下さい。

※転職エージェントを使うのが成功への近道


転職エージェントは転職のプロなので、転職活動の協力なサポーターとなってくれます。

転職で失敗しないためにも転職の専門アドバイザーを活用して、確実に転職を成功させるのが1番です。他にもこんなメリットがあります。

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開の求人も紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、ぜひご活用してみて下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

最後に

転職者の背景にあるものは皆異なるため、思いもよらないトラブルによって転職を諦めなければならない状況になる方もいます。

私がかかわった人の中にも両親の介護で内定先への転職が難しく泣く泣く諦めた方などがいました。しかし、自分で解決可能なこともたくさんあります。

今回例をいくつか挙げさせてもらいましたが、自分にも当てはまりそうなことがあれば、失敗しないようにしっかりと考えて転職活動を進めるようにしてください

【第二新卒】転職で失敗したくない人が注意すべきことを全力でまとめてみた

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

スポンサードリンク