【第二新卒】外資に転職したい人が確認すべきことを元転職エージェントがまとめてみた

第二新卒として、転職を考えているんだけど、やっぱり難しいのかな…?

第二新卒として外資に転職しようと考えている方は少なからずいるはずです。しかし、どうしても「外資」だけで、難しいという印象を持たれやすく、不安に感じる第二新卒は非常に多いです。

しかし、ここ数年間で外資の第二新卒向けの求人数の年々増加しています。私は外資系企業への転職をお手伝いする人材紹介会社へ勤めていますが、外資系企業への転職は求人によっては、未経験の第二新卒者でも十分に可能性があります

そこで、今回は第二新卒者に関わる外資系企業への転職について、私の経験を踏まえて「日系企業から外資系へ移る場合の心構え」「事前の情報収集」のアドバイスをさせて頂きます!

スポンサードリンク

まず、日系企業と外資系企業の違いを知ろう


日系企業については実力主義に移行しつつあるといっても、まだまだ年功序列的な文化が存在していることは事実です。

例えば昇給や昇進については周囲との年次バランスを配慮しながら運用している企業も多くあるため、若い年代から突出した昇進を行うことは稀です。

これに対し外資系企業では、日系企業とは異なる特徴が3つもあります。

  • 若いうちから実績を出せば昇進し裁量のある仕事を任せてもらえる
  • 体育会的な上下関係はなくフラットな組織
  • グローバルな環境で働くことができる

日系企業と外資系企業の違いを履き間違えると、外資に転職できたとしてもミスマッチが起きてしまった時、互いに不幸になります。そのため、外資の転職を考えている第二新卒は、外資の特徴を理解した上で外資の転職を進めていきましょう

外資における第二新卒の採用状況


グローバルに展開している外資系企業であっても日本での採用活動となれば、日系企業の人気がまだまだ高いです。そのため、外資系企業を志望する就活生がなかなか集まらないという課題があります

そのため若年層が不足しており、その部分を第二新卒含め中途採用で積極的に取り入れているというのが現状です。まだ企業の文化に染まっておらず、新卒者と比べるとビジネスマナーも備わっている第二新卒者に対する求人は今後も増えていくでしょう。

ですので、第二新卒で外資に転職したい人にとっては、非常にラッキーな状況となっています

外資が第二新卒に求められるもの


実は外資が第二新卒者に求めるものは、語学力や実務経験の場合もありますが、それ以上にポテンシャルや積極性といった面を求めています。私が転職エージェントをしていた時代、経験が少なくても意欲やポテンシャルが高い方を採用する外資求人が数多くありました。

語学力は実務経験など転職者の実績を求めている場合、外資企業は第二新卒よりも経験豊富な中途採用を採用する傾向があります。そのため、第二新卒を”あえて”求める外資の求人は、「ポテンシャル」を求めているケースが殆どです。

また、外資系企業が第二新卒を採用する背景には、若年層を補充すると共に次世代のリーダー候補者を育成したいという意図があります。実際に、外資系企業では独自に「リーダーシッププログラム」という次世代育成のための採用枠を設けている企業が多いので、ポテンシャルさえあれば社内教育で育て上げることができるのです

なので、外資企業に転職したい第二新卒は、実は語学力や実績以上に外資に転職する熱い思いが求められます

英語力は必要なのか…?

とはいっても、やっぱり外資って英語ができないとダメなんじゃないの…?

と英語への不安を感じる方も多いでしょう。

結論からいうと業界によって様々ですので、語学力がないから外資系への転職は無理だと直ぐには諦めないで下さい

例えば、コンサル系や金融系であれば、即戦力として期待される要件が大きいため、英語でのコミュニケーションは必須です。一方で、他の業界であれば、ポテンシャル採用が重視される面もありますので、企業によっては入社後に英語を研鑽していけば可という会社もあります。

実際にポテンシャル採用で、第二新卒が外資に入社された転職者を大勢もいらっしゃいました。この辺りは企業の特性を把握している転職エージェントに相談されることが一番の近道でしょう。

スポンサードリンク

第二新卒でも実力次第で年収UP


外資系企業の年収は日系企業と比べ高いケースが多いです。その背景として、日系企業よりも高い年収を提示し優秀な人材を確保したいとの意図があります

本社が海外にある外資系企業の場合、日本のような外国でビジネス展開していくことは大きなリスクを背負うことになります。日本でのビジネスを成功させるためには、優秀な人材を確保することが必須があるため、多少給与が高くて採用する意向が強いのです。

その結果、同じ業界の日系企業よりも高い給与水準に設定されています。なので、第二新卒でも実力があり成果を出し続ければ高額な収入を得ることは十分可能です。

しかし、逆にパフォーマンスが発揮できない場合は減給や解雇といった厳しい面があることも、理解する必要があるといえます

転職エージェントの利用は必要不可欠!


身近な友人など外資系企業に勤務されている方がいらっしゃれば情報は入りやすいですが、そういう方が周りにいない場合は是非、転職エージェントに登録し情報収集に努めてください。活用するメリットはこちら!

外資転職でエージェントを活用するメリット!

  • 職務経歴書や面接対策、書類などの通過率を高めてくれる可能性が高いから
  • 転職サイトでは見つからない優良な非公開の求人が豊富
  • 転職エージェントの人脈を活用できる

実績のある転職エージェントには人事担当者も信頼を置いていることが多いため、「そのエージェントが勧める候補者ならば会ってみるか!」ということも多いです。

さらに、一般公表される前の求人を転職エージェントは入手しており、様々な情報を持っていることがあります

私がエージェント時代、人事から具体的な求人を頂いていない場合でも「この人は!」という方が登録されれば、人事担当者へ優秀なので是非会ってもらえないかと積極的に紹介していました

第二新卒の外資への転職は日系企業と比べてもハードルが高いので、絶対に転職エージェントを活用しましょう。私が外資転職で推奨したい転職エージェントサービスを2つ紹介しますので、まずは無料相談してみることをおすすめします

◯「リクルートエージェント」は転職業界No1で安心感が抜群!

◯「JAC Recruitment」は外資求人がトップクラスで豊富!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

まとめ

第二新卒者でも、未経験でも外資系企業への転職は求人に応じ十分可能です。一方で、第二新卒者については入社数年で転職活動を行う訳ですから「退職理由」や「転職理由」は人事側も気になる点です。

「入社しても直ぐに辞められてしまうのではないか…」という不安があるため、面接の際はその点を払拭するようなアピールが必要になってきます

選考対策も万全に備えて、外資の転職活動の成功を収めること、陰ながら応援しております!

未経験でも外資系に転職できる?外資担当の転職エージェントが全て話してみる

スポンサードリンク