転職理由が「人間関係・残業」の人が、志望動機で注意して欲しいこと【例文あり】

第二新卒で転職したいけど、理由が「人間関係・残業」ってマズイよね。。。

「人間関係・残業」で転職するとなると、面接で転職理由や志望動機を聞かれたときに困ってしまった経験があるのではないでしょうか。

実際に「人間関係・残業」が転職理由ですと、面接官に「後ろ向きな転職」と捉えられる傾向があります。そのため「人間関係・残業」が本音の理由だったとしても、そのまま伝える必要はありません。

ここでは、「人間関係・残業」の転職理由・志望動機をどのように工夫すべきか、例文も交えてまとめます。是非参考にしてみて下さい。

※転職サイト「リクナビNEXT」に転職理由の書き方が無料で公開されています。気になる方は今すぐチェックしてみて下さい!

スポンサードリンク

転職理由・志望動機 ~人間関係編~


まず、大前提として、転職理由と志望動機は表裏一体の関係であることを意識してください

なぜなら転職理由が伝えられなければ、志望動機も説得力が生まれないからです。この前提を踏まえ、「人間関係」の転職理由において、NGな転職理由・志望動機について触れていきます。

結論:人間関係は触れない方が良い

結論からいうと、面接で人間関係については触れない方がベターです。他の転職理由や志望動機を考えることを強くおすすめします

なぜなら、人間関係に触れたところでメリットが何もないからです。人間関係が原因で退職を考えていると伝えると、面接を受けに来た当人自身に問題があるのではないか?と思われる可能性があります。

すると、面接官が採用を辞めるケースが多くなります。さらに、どの会社でも人間関係のトラブルは多かれ少なかれあります。そのため適応能力がないのであれば、採用してもまた人間関係が原因だと言って辞めてしまう可能性があると考え、採用を控えるかもしれません。

また、他の社員の悪口のような形になってしまうので、面接官も人の悪口を聞かされて気持ちの良いものではありません。

人間関係を理由にすると、殆どの場合マイナスにしかなりません

志望動機もマイナスになってしまう

転職理由が人間関係ですとマイナスのイメージが強すぎてしまい、志望動機でいくら良いことを言ったとしても

結局現職から逃げたいだけでしょ

と思われてしまうことでしょう。

きれいごとを言っていると思われてしまう可能性さえあります。なので、出来る限り転職理由を「人間関係」にはしないで頂きたいです

それでも、人間関係に触れたいのなら、切り口を変えよう

本当に人間関係しか原因が思い浮かばないのであれば、人間関係を切り口に違う伝え方をしてみましょう。

例えば、人間関係が原因で業務に支障が出ている部分を思い出して下さい。悪口にならない範囲で人間関係に触れつつ、人間関係が一番の理由では無いように話すことは可能です。具体的には次のように転職理由をまとめることも可能です。

周りの社員は今ある仕事を定時までに終わらせることだけに執着していて考えが合わない。自分は今ある仕事をさらに効率的に行うにはどうしたら良いのか考えることも仕事だと思うが、改善提案をしても受け入れてもらえない。もっと自分の力を発揮できる環境で働きたい。

本当はその職場に居る人と折り合いがつかず、邪見に扱われているのだとしても、他社を貶めず自分の向上心の高さを前面に出すことで、受け手のイメージは変わります

今回あげた例は、実際に私が面接対策を行った第二新卒の方向けに組み立てた転職理由です。人間関係が悪いことで業務上何に不満を持っているのか、第二新卒の方に様々な角度からヒアリングをして、確認しながら作り上げたものです。

人間関係で生じた問題に焦点をあてると、人間関係を濁しながら転職理由をうまく伝えることができるので、オススメです。

スポンサードリンク

転職理由・志望動機 ~労働環境編~


「労働環境」の転職理由において、NGな転職理由・志望動機について触れていきます。

まずは、本当に「過酷かどうか」振り返ること

労働環境が原因の場合、最初にすべきことは今置かれている環境が「本当に“過酷”かどうか」判断することです。

例えば

  • 毎日始発の電車で出勤し、終電で帰宅、家には寝に帰るだけの生活をしている
  • 現在●●日連勤中で、月に1,2回でも休めれば良い方

といった状況であれば、面接官も現職は退職したほうが良いと思ってくれるでしょう。面接官も同情してもらえるような理由であれば、話してもマイナスになることはあまり無いです

ただ、以下3つのうち、どれか当てはまる場合は絶対に労働環境を転職理由にすべきではありません。「根性が無い」と判断をされる可能性があります。

  • 客観的に見て他社と大差がない
  • 労働環境の悪さの原因が自身に起因している(仕事が遅い等)
  • 面接先の企業も今いる会社と労働環境が同じ

伝える場合は、現状を客観的にみてから話すかどうか考えてみて下さい。

その際、自分の中で結論を出すのではなく、友人や家族との食事の時にでも愚痴を言い合いながら聞いてみると、客観的に自分の労働環境が判断できます。またストレス発散にもなるし客観的な意見ももらえるので一石二鳥です。

伝え方には注意すること

過酷な状況の場合は伝えても良いのですが、最大の転職理由にするのはNGです。労働環境だけが理由というのは考えが浅いと思われかねません。

本音はそうかもしれませんが、残業が多いから何が問題なのか、休みがないから何が問題なのか、をしっかりと伝えましょう。例を下記に記します。

「毎日家には寝に帰るだけの生活が続いており、自己研鑽の為の時間が全く取れていない。自分は~~に興味があって、~~の資格取得の為の勉強などもしたいと思っている。もう少し自分のやりたい仕事が出来、自己研鑽の為の時間が持てる会社で働きたい。」

もちろん、例文の「~~」の個所には転職先に関係のあることに結び付けなければなりませんが、「労働時間が長すぎる」に焦点を当てずに、自分をPRできるような話し方が出来ればベストです

※今ある会社の口コミをチェックしよう


もし客観的に今いる企業の労働環境が過酷かどうか不安であれば、の退職者の口コミをみてみましょう。退職した方々の口コミは、退職理由と直結するのでリアルな企業の労働環境を確認できる優れものです。

なので、客観的に企業の労働環境を冷静にみることができます。さらに、転職先の労働環境もチェックすることで、過酷な労働環境に転職して失敗することを未然に防げます

退職の口コミサイトのオススメは「キャリコネ」です。その理由はこちら。

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる

登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

最後に

「ありのままの自分を見てほしい」、そんなことを考えて転職活動をしていたことが私にもありました。素直なのは良いことなのですが、転職活動時に素直すぎるのも少々問題です。

本音と面接で伝える内容は必ずしもイコールである必要は無く、嘘にならない範囲で伝え方を工夫して構いません。多少の脚色は皆しています。

まず自分でどのように伝えるかをまとめて書き出してみた後で、自分が面接官だった場合、書き出した内容を見てどう思うかを考えてみましょう。面接官にどのように思われるかを客観的に考えながら、転職理由・志望動機を作り上げるように心がけてみて下さい。

【第二新卒】面接での転職理由の答え方を例文を用いて解説してみる

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

スポンサードリンク