【第二新卒】面接での転職理由の答え方を例文を用いて解説してみる

新卒と同じく、第二新卒においても面接が選考の重要なウエイトを占めるのは間違いありません。なので、面接を控え、面接官が質問してきそうなことを先回りして答えを用意して臨む人は大半だと思います。特に、以下4つは王道の質問です。

  • なぜ転職することにしたのですか?
  • 現在の職場での仕事内容を教えてください。
  • なぜ当社に応募したのですか?
  • 当社で働くことになったら、どんな仕事がしたいですか?
上記の質問は定番で、言い回しこそ違くても、どんな会社でも聞かれることとなります。

中でも、転職理由は根掘り葉掘り聞いてきますなぜなら、企業の人に

採用しても、どうせまた辞めたいのでは…?
と思われることが多いからです。転職動機はどの企業もチェックしています

なので、転職の動機の面接対策は必須です。しかし、大まかな質問のパターンは決まっています

そのため、綿密な準備をすれば、他の応募者と差をつけ、より中身のある回答をすることも可能です。今回は第二新卒の転職の面接経験に基いて、転職理由の伝え方を回答例を用いて紹介していきます!

スポンサードリンク

シナリオを描こう


皆さんは、転職活動を始める動機があるからこそ、現在転職しているでしょう。その動機の背景には

過去の出来事があったり…未来にやりたいこと・なりたい人物像があったり…
と、色んな思いが交錯しているはずです。

その思考を整理するために考えたいのが、「転機のシナリオ」です。

このシナリオに沿って、自分が行ってきたこと・考えていることを書き出すと、転職の動機が浮き彫りになってきます。面接対策の記事内で「なぜ自己分析の話をしているか」というと、面接官が皆さんに質問することの答えは、全てこのシナリオの中に点在しているからです

「転機のシナリオ」を自分の中でしっかり描くことで、定番の質問に対し自らの一貫したストーリーを語れるようになります。なぜなら、自分の頭で長時間考え抜いたからこそ、自分の意思が面接官に伝わるようになるからです。

過去~現在(転職)~未来で言っていることが矛盾したり、内容が散らかったりしなくなります。過去の出来事と今考えていることがまとまり、1つの横断的なストーリーができあがります。

面接で転職の動機を伝えるコツ


面接で転職動機を答える上でポイントになるのは、単に質問されたことにそのまま答えるのではなく、自分の価値観や今後の展望もプラスアルファで語ることです。

あなたの会社に必要な人材なのだ…!
とより印象づけることができます。回答している自分としても、自分の話すこと背景に1本の太いストーリーがあるため、それぞれの質問の内容に矛盾やずれが出ません。話すうちに自分にも自信が出てきます。

ネガティブな転職理由はアウト!

ダメな転職動機の受け答えの典型例は、マイナスな転職理由です。

なぜ転職することにしたのですか?
  • 上司や同僚が○○な態度で嫌だからです。
  • 残業が多すぎるからです
  • 給料が安すぎるからです
転職でマイナスな理由を伝えると、「また嫌なことがあったら転職しそう」と悪印象を与えやすいです。無理して前向きな理由をきれいごとのように並べ立てる必要はありませんが

  • なぜ今の職場・仕事に対しネガティブな印象を持つのか?
  • 自分は本当はどうしたかったのか?
と自問自答することで、自らの仕事観を言葉にしてポジティブに言い換えるがベストです!

ネガティブな転職理由をポジティブに変える例

【本音】
上司の言う通りに作業しないと怒られるのがだるいし、認められていない感じがする…
【面接モード】
※良い部分
現在の職場は丁寧に仕事を教えてもらえる環境ですが、決まったルールの通りに作業し、その通りにできる人がよしとされている社風でもあります。

※現在の職場への疑問と仕事観→転職理由
一方で私は様々な仕事の仕方があってもよく、新しい方法で成果を出した人も認められるべきと考えています。

その点で貴社の社風は非常に魅力的に移りました。

「●●ない」というネガティブな言葉を、「●●したい」という次への前向きな言葉に変えるイメージです。みなさんの仕事観を素直に、かつ前向きに伝えると、それがおのずと転職理由につながります

微妙な例

微妙な転職動機の受け答えの例を紹介します。

なぜ転職することにしたのですか?
今の会社で働き始め営業の仕事を1年続けて、もっと広い世界を見て、成長したいと考えたからです。
端的に答えすぎていることは良いのですが、面接官から質問されないと、話は広がらないです。新卒であれば、今後の伸び代に興味があるので、面接官がガンガン質問してくれます。なので、むしろ端的に答える方が良いです。

しかし第二新卒であれば、社会人のスキルがあること前提の回答を求められます。なので、第二新卒であれば少し装飾してアピールしないと、何もない人と一蹴される可能性があります

スポンサードリンク

良い例

面接官
なぜ転職することにしたのですか?
第二新卒
転職によってもっと広い世界を見たいと考えたからです。現在の職場は、アルバイト先でそのまま就職しました。アルバイト時代からやりがいも感じておりましたし、営業の仕事も1年間自分なりに工夫し行い売上も出すことができました。

このまま一生現在の職場にいるのではなく、何にでもチャレンジできる環境に身を置くことで今のうちに成長していきたいと思いました。そのうえで御社は非常に魅力的だと考えています。

少し長くなりましたが、昔から今までのストーリーに一貫性が生まれました。その結果、面接官も納得しやすいですし、転職のきっかけを深掘りする質問もしやすくなりました

端的に答えすぎず、自分の転職するまでのシナリオを含めると、相手を説得しやすくなります。是非お試し下さい!

会話の展開を予想する


会話の展開も想像しましょう。というのも、転職の動機は面接官が1番気にする部分なので、深掘りされる可能性が大いにあります。なので「さらにその後面接官がどこを突っ込んでくるか」想定しておきましょう。

矢継ぎ早に面接官から転職の動機を質問されて

もうわからないよ…
とアタフタと焦ってしまう姿をみせると、アウトです。なんせ、転職の動機に一貫性がないと思われるからです。

なので面接の受け答えの展開を想像し、想定質問の答え・イメージまで用意すると、より準備万端になります。怖いもの知らずになり、自信も満ち溢れます。

想定質問を考えるポイントは3つ!


会話の展開を考えるポイントは以下3つです。

  • 事実の根拠の深掘り:仕事の業績に基づいた転職動機だと、よく質問されます
  • 自分の考えの深掘り:その人の考え方を知りたくて質問してきます
  • 抽象的な表現の深掘り:具体的に知りたい面接官が質問してきます
実はここまでしなくても、最初に述べた「転機のシナリオ」が充実していれば回答の引き出しは増えています。また、ここまで想定しなくてもアドリブは利きます。

しかし、事前にここまで想定をしておくと、その場で詰まることもなく落ち着いて答えることができます

スポンサードリンク

会話展開の例

なぜ転職することにしたのですか?
転職によってもっと広い世界を見たいと考えたからです。現在の職場は、アルバイト先でそのまま就職しました。アルバイト時代からやりがいも感じておりましたし、営業の仕事も1年間自分なりに工夫し行い売上も出すことができました。

このまま一生現在の職場にいるのではなく、何にでもチャレンジできる環境に身を置くことで今のうちに成長していきたいと思いました。そのうえで御社は非常に魅力的だと考えています。

面接官
もっと広い世界を見たい、っていうのは具体的にはどういうことですか?(抽象的な表現の深掘り)
第二新卒
アルバイト先にそのまま就職し、よくも悪くも、自分のキャリアプランが予想できるものになっていました。

自分に今後できることをもっと追求していきたいので、環境をもっと変えて視野を広くしたいという思いです。

面接官
先ほど営業の仕事を工夫して行ったと言っていましたが、どんなことをしたんですか?(事実の根拠・自分の考えの深掘り)
第二新卒
足を運ぶことにこだわりました

商品配達も配送の方に任せきりにせず自分も顔を出し、新たなお客様ができそうなら、他社に負けず一番にご挨拶に行きました。それが継続的な売り上げを生み出しました

面接官
当社のどんなところが魅力的だと考えていますか?(自分の考えの深掘り)
第二新卒
自ら仕組みを生み出せることに一番魅力を感じています

学生時代もゼミでは1期生として土台作りからでき、非常に糧になっています。御社でも新規客の開拓、商品づくり、チーム作り…自分たちで工夫しイチからできることは本当に魅力的です。

最後に

あくまで面接は「人と人の会話」です。第二新卒の面接は、社会人どうしのビジネスな会話に慣れていることも新卒と違う点のひとつです。

1番やってはいけないのが、「回答の丸暗記」です。これでは社会人どうしの会話になりません。準備したことと一言一句同じことを言う必要はありません。話す内容を頭の中でイメージさえできれば十分です。

準備はしっかり積んだうえで、最後は自分の言葉・自分の話し方で、会話を楽しんでくださいね

スポンサードリンク