【第二新卒】転職の自己分析の方法・やり方を経験者が徹底的に解説してみる

第二新卒の皆さん、転職を始めようと思い、まず自己分析を再度行う方は多いでしょう。

新卒の就活と違って、転職の自己分析って難しい…
自己分析って面倒くさいし、意味あるのかな…
と壁にぶつかっている方は多いのではないでしょうか。

ここでは第二新卒で転職した私の経験をもとに、自己分析が必要な理由やそのやり方をお伝えします。

スポンサードリンク

第二新卒に自己分析が必要な理由


第二新卒に自己分析が必要な理由は2つあります。

  • 受ける会社の志望動機、自己ORを書く上で必要になるから
  • 転職先とのギャップの軽減
第二新卒は職歴が短いです。だからこそ自己分析を通じて、少ない職歴と実績でも今後の自分は活躍できる強みを探すことが求められます。つまり、自己分析が勝負の分かれ目となるのです。

また入社後のギャップを減らすことにも繋がります。会社の情報や条件だけ見て内定だけをゴールにすると、次の会社でもまた違和感を持ってしまい、転職に後悔することになります

転職は何度もできるわけではないので、自分に適した企業に転職すべく、「どんな企業に転職したいか」自己分析することが大切なんです

第二新卒の自己分析のやり方

自己分析は、以下3つの手順で棚卸しすると良いです。

  1. 就職してできたこと、感じたこと:数少ない「職務経歴」は存分に活用
  2. 転職の動機:マイナスの転職理由はプラスに変える
  3. 学生時代の経験:企業勤めが短い分、学生時代の実績は侮れない

STEP1:就職してできたこと、感じたこと


転職の選考では、「職務でどんなことが身についたのか」必ず聞かれます。特に、新卒の就活と大きく変わるのが、職務経歴書です。仕事の成果など記載する必要があります。そのため、自己分析を通じて「職務で実施したこと」を棚卸ししていきます

職務経歴書には、提出日やご自身の氏名のほかに、以下の内容を載せていきます。

  • 勤務先情報:事業内容・従業員数・年商など
  • 職務経歴:職務内容・実績・受賞歴・スキルなど
  • 自己PR:職務の功績・スキルのPR・自己の強みのPR

ここでは特に「職務経歴」について特記します。

スポンサードリンク

職務経歴のまとめ方


仕事内容や成果として書けることの少ない第二新卒は、「職務経歴の詳細」を以下の手順でまとめると良いです。

  1. 仕事内容は何か?:会社の事業展開・所属部署の仕事
  2. 業務内容は何か?:職場の中で「あなたは」どんな役割で、どんな仕事をしたのか?
  3. 業績は何か?:どんな成果をあげたか?成果をあげた理由は?
  4. 今の職場で心掛けてきたこと・こだわったこと・教訓

業務内容については、「何ができるようになったか」という視点で書きましょう。PCスキル等に至るまで単純なことでも、普段の仕事内容をリストアップしましょう。もし職歴が短く、一人前の業務を任されていない人は、上司や先輩の補助をしていたことも含め書けば大丈夫です!

業績については、数値で表現すると説得力が増します。とはいえ、売上・営業成績等とは違って、数値で表しにくい業績(作成物・職場内で仕組みやルール作りの貢献等)も立派な成果です。見逃すことなく思い出しましょう!

心掛けたことや教訓は、次の会社でも活かせる自分のスキル・心掛けを伝えることを意識して下さい。実績や専門知識などが少ない分、採用する側が

この人がウチに来てくれたら、こんな人になって成長してくれそう!
人柄やポテンシャルをアピールできます

現在の職場で実際に味わった成功体験・失敗体験など交えると、説得力があるのでおすすめです!

STEP2:転職の動機


自己分析を通じて、転職の動機を明確し、伝え方を考えることは非常に重要です。なぜなら、第二新卒の転職においてもっともシンプルかつ大きなリスクは、企業の人に

採用しても、どうせまた辞めたいというのだろう
と思われることだからです。企業によって採用の基準は様々ですが転職動機はどの企業もチェックしています

第二新卒に応募する多くの人の志望動機は、よほどのことがない限りマイナスな理由がつきものです。業務内容、労働時間や給与、そして人間関係…等など。

何かが「思っていたことと違う」から転職するのでしょう。そんな転職理由を、隠したり、なかったことにして何とかよい言葉を並べ立てるようとすると、大抵の場合失敗してしまいます

面接官には本音と嘘はすぐに見破ることができます。私も、内定をもらえるようになったターニングポイントは「嘘やきれいごとだけを並べ立てない」ことでした。

転職理由は具体的に語り、現在の職場について問題に感じた点は素直に伝えた方が絶対に良いです。しかし、マイナスなことだけを挙げて、愚痴になってはいけません。
特に

上司や同僚が○○な態度だから
など個人を責める内容になってしまうと
この人を採用しもまた職場に文句をつけて終わりだ
と面接官に悪印象をもって終わりになってしまいます。

なので、転職の動機は明確にした上で表現の仕方・捉え方を見直すことは転職で成果するかどうかの分かれ目となります

スポンサードリンク

転職の動機のまとめ方


「転職の動機」を以下の手順でまとめると良いです。

  1. 現在の職場の何をマイナスだと思ったのか?
  2. どうしてマイナスだと思ったのか?
  3. あなた自身はそのマイナスなことにどう対処してきたのか?
  4. 転職したときに、自分がどのように活躍できるか?
職場のマイナス要因は、職場の個人を責めるのではなく、具体的に、職場の仕組みなど全体的な問題点をあげましょう。でないと、個人の我儘となって、幼稚な転職理由になってしまいます

その上で、「あなたが仕事や職場に対してどうあるべきか」ピックアップし、マイナスだと思う点を改善しようとした意思を伝えましょう。これで、文句ばかり言っているわけではないことを証明できます

最後に、現職で感じた自身の仕事観を伝え、転職理由を明確にしましょう!転職動機をしっかりさせておくことで、内定のその先を見据え、働いてからの自分をイメージすることにもつながります。

今の職場でマイナスに見える出来事を振り返ると、伝え方次第でプラスにできることが沢山あるはずです!

STEP3:学生時代の経験


第二新卒の場合は、学生時代の経験もまだまだアピールポイントになりえます。手順はこちら!

  1. 新卒の就活で自分が書き出したものを洗い出し書き出す
  2. もう一度、学生時代PRしたことを見直す
  3. 新卒と比べて、「自分に新たに着いた視点は何か」分析する

過去の経歴を棚卸する中で、学生時代なら「こんなこと経歴として語ってもしょうがない」と思ったことでも、意外な武器に気づくこともあります。学生時代の経験と、働いてみてから気づいた視点を両方大事にしてみてくださいね!

※転職の診断ツールは絶対に活用しよう


自己の強みを知ってはいるものの

本当に自分の強みはこれなのかな…他にもあるかも…?
と腑に落ちない人も多いと思います。

そんな時は、転職サイトで無料で活用できる自己診断ツールを活用しましょう!メリットはこちら

リクナビNEXTのメリット

  • 今まで気づかなかった自己の強みを知るきっかけになる
  • 客観的な診断によって、自己の強みに納得できる
  • 数分でできるお手軽な無料サービスなのに、精度が抜群に高い!

私のおすすめは転職サイト「リクナビNEXT」のグッドポイント診断です。自己の強みをウヤムヤにして自己PRをまとめても、納得のいくものはできません無料ですし、簡単に自己分析できるので使わないと損ですよ

まとめ

転職活動中~転職後も、自分の軸がぶれないために自己理解はたくさんの時間を取って損はないです。書類や面接で自己PRする材料は、この棚卸の作業で見つかります!

ここまで整理すると、自分をアピールするのが楽しみになりませんか?採用する側も、自らを楽しく語り、自信がある人の方が採用したくなるのは当然です。

今一度、自分自身を好きになって、大いに自信を持って挑みましょう!何度か落ちても、この棚卸した内容が拠り所になります。内定・転職だけでなく、今後のキャリアが素敵なものになりますように…応援しています!

スポンサードリンク