【新卒】入社1年目の転職体験談。第二新卒の転職の成功例を私が紹介してみる

第二新卒は転職するのが難しいという認識が世の中で広まっています。そのため、新入社員や入社数年の社員が今の会社を辞めて第二新卒として転職しようと思っていても、ためらってしまう方も多いでしょう

実は、新入社員で転職しようと決意した私も「転職は厳しそうだから、今ある会社が良いのかな…」と、中々踏み切れませんでした。しかし、いざ転職を思い切って始めた結果、第二新卒として余裕で転職できました笑 そして、新入社員の頃の会社よりも遥かに素晴らしい会社に入社でき、今もずっと勤めています。

そこで、少しでも第二新卒の転職に不安を感じる方の背中を押すことができればと思い、私の第二新卒として、入社1年目で転職した成功体験談を紹介します。

◯転職の知識を今すぐ習得したい人は「リクナビNEXT」をチェック!

スポンサードリンク

転職を始めた理由


私が転職を始めたのは、新卒入社8ヵ月目のことでした。入社1年未満での転職は「根性がない」と思われるかもしれません。しかし、新卒で入社した会社を辞めようと思った理由があるのです

当時企画提案営業に従事していたのですが、“顧客の為になる仕事”を出来ている実感が無く、23時頃まで働いても残業代はつかないことに疑問を覚えました。さらには、翌日朝予定があった為金曜日に実施された飲み会を1次会で失礼した際には、翌日朝に上司から電話で怒られる…。もう意味がわかりません

「社会人はプライベートを犠牲にしなければいけなのか?」と苦悩した日々を毎日過ごしていました

そんな中で、ある日、私は労働者なら誰でも活用できる有給を私は取得しました。そしたら、上司からいきなり電話がきました。

上司
まだ今月のノルマ未達成なのに休むのはどうかと思うよ
確かにノルマ達成していなかったことは申し訳ないですが、だからって休みの日にわざわざ電話でそんなこと言ってくるなんて…と、とてもショックでした。

この電話をきっかけに「もう転職しよう」と思い始めるようになりました。

新卒だけど、退職することを決意


こただ、入社8ヵ月で転職というのは世間的にどうなのか正直わからず、退職をしたところですぐに次が見つかるのか不安も大きかったです

当時一人暮らしをしていましたが貯金も少なく、このまま無職になった方が私にとって未来はないかもしれないとも思いました。しかし、私はこれ以上この会社にいても幸せになれない、『自分の可能性に賭けてみたい』、と思い、退職することを決意しました。

それがちょうど12月末。勤務しながら転職活動をすることもできず職を失ってからの転職活動の為、必ず1ヵ月で決着をつけると覚悟を決め私の転職活動を開始しました

第二新卒の転職活動、もう始めるしかない…!

1週目:人材紹介会社巡りと興味のある会社へエントリー


まずは、大手・中小の人材紹介会社約5社に登録をし、転職エージェントとの面談を開始しました。

やはり会社によって強み弱みがあるようですが、私が重要視したのは担当エージェントとの相性です。というのも、私はある程度自分で行動したい・考えたいタイプでした。しかし、一人暮らしだった私に実家に帰るよう諭したり、必要以上の電話がかかってくる等、エージェントによっては自分のペースで転職できないことが時折ありました

そのため、転職エージェントの相性を人一倍、大事にしていました。

その中で全ての業界に精通しており私の意向も組んで動いてくださるエージェントが見つかり、二人三脚で転職活動がスタートしました。また、1月中に転職活動終了・2月からの入社を希望していた為、エントリーから内定まで1か月かかると想定し、1週目には積極的に気になる企業へのエントリーを開始しました

転職エージェントとは
転職エージェントとは、無料登録することで転職相談から求人紹介、さらには面接の日程調整など、転職の手厚いサポートを受けられるサービスです

※第二新卒は転職エージェントを活用しよう


第二新卒で転職活動するなら、転職エージェントは絶対に活用すべきです。なぜなら、無料なのにメリットが凄すぎるから

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります。

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、複数のエージェントをご活用下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

転職1周目でやって良かったこと

ポイントは、少しでも興味を持ったらエントリーしたことでした。所詮8ヵ月の社会人経験ですが、自分がどんな業種や職種から需要があるのかわからないので、選択肢を狭めない為にもなるべく多めにエントリーするようにしていました。

実際一次面接で「この会社は違う」と思うこともありましたが、辞退はいつでも出来るのでたくさん受けておくに越したことはありません。違うと感じた会社には一次面接後に辞退連絡をさせていただきました。

まずは気になる企業にエントリーすることは大事…!

スポンサードリンク

2週目:書類選考通過~1次面接


1週目に応募した企業の選考結果が1週目末~2週目にかけて返ってきました。ここで気を付けたことは、以下の2つです。

  • 結果に一喜一憂しないこと
  • なるべく早めに一次選考を組むこと

選考結果で落ちてしまう企業は当然あります。なので、選考結果には一喜一憂していると精神的に参ってしまうので、冷静に受け止めることを意識しました(とはいえ、中々難しいですが。。)

また、私の場合は入社希望日が明確だった為、その入社日に間に合うように早めに選考を組むようにしました。会社によって面接回数・選考スピードも異なる為、この段階ではなるべく巻きで選考を進められるよう、転職エージェントにも相談させて頂きました

なんとしてでも、入社希望日に間に合わせたい…!

3週目:1次面接通過~2次(最終)面接


1次面接の選考結果が返ってきます。2次面接が最終面接のケースもありますが、私が当時第1志望と考えていた転職先(現職)は面接が3回だった為、早めに面接を受けたいことをやんわり伝えていました

しかしながら、第1志望の会社の最終面接は自分としては“失敗してしまった”と感じた為、面接後すぐに担当エージェントに連絡しました。自分の熱意を代弁してもらうべく、電話で第1志望の会社に入社したい思いを伝えました。もちろん、メールやWord等で熱意をまとめた書類をエージェントに提出してそれを会社に転送してもらうという手もあります!

私の熱意がどれくらい影響を与えたかはわかりませんが、なんとか、無事第一志望の会社にて内定を頂くことができました

転職エージェント、本当に便利!活用してよかった笑

スポンサードリンク

4週目:内定~入社の意志決定


結局私の場合は、第一志望の会社の最終面接が1月最終週となったため、最終週に最終面接、条件面談、入社意思決定まで進め、最終面接の約1週間後には入社していました。希望通り2月1日入社です。

しっかりと面接や条件面談内で気になることも聞け、担当エージェントからもお墨付きを頂き、安心して入社を決めることができました。

第二新卒であっても、転職エージェントを活用し、妥協せずに気になる企業を受け続ければ、転職で成功できます。なので、第二新卒だから転職厳しいという風潮に惑わされる必要はありません

第二新卒の転職に成功して一安心。。今も楽しく働いています!

最後に

前職は8ヵ月しか続かなかった私も、今の会社では既に5年経過しそれなりのポジションにも就きました。今まで退職したいという気持ちになったことはありません

1ヵ月で転職活動を終えるのは精神的・肉体的にも大変ではありますが、あの時踏ん張って良かったとずっと思い続けています。皆さんも転職をする際には、頼れる人がいる場合は頼りつつ、スケジュールを意識して、後悔の無い転職活動が出来ることを心より祈っております。

新卒2年目の転職体験談。入社2年目で転職決意した私が全て話してみる

※転職先の口コミを事前にチェックしよう!


次の転職先で、転職理由とのギャップで同じように苦しむのは本末転倒です。第二新卒の転職は貴重なチャンスだからこそ、転職先の情報をチェックすることは非常に大切なんです。

企業から提供された情報も良いですが最もリアルで信憑性が高いのは、実際に働いている社員の口コミです。包み隠さず企業の情報が開示されている上に、説得力もあります。特に退職した方々の口コミには、退職理由と直結するのでリアルな企業の一面がわかります

なので、情報弱者となってブラック企業に転職することを避けるためにも、社員の口コミが詰まったサイトは一度確認すべきです。特にオススメなのは「キャリコネ」です。理由はこちら!

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる
登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

スポンサードリンク