第二新卒を歓迎する意味は?人材会社に勤めている私がぶっちゃける

第二新卒で転職を考えている人はここ最近、増えています。転職する当初は多くの方が、「第二新卒は新卒をすぐに辞めた人だから、受け入れてくれなそう…」と不安に思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、いざ求人を探してみると、第二新卒を歓迎してくれる企業が意外とたくさんあります。

第二新卒
第二新卒って歓迎されないと思ってたけど、めっちゃ歓迎されてるじゃん!
第二新卒
でもなぜだ…なんか裏がありそう…

第二新卒を歓迎する求人が多すぎて返って不安になるくらい、第二新卒を歓迎する会社は増加しています。そこで、今回は人材業界で働いている私が、読者の不安を少しでも和らげるべく、『第二新卒を歓迎する意味』について解説していきます!

スポンサードリンク

第二新卒採用と経験者採用では意味合いが違う


人材紹介会社で約5年勤務し老若男女様々な方々と接点を持ってきましたが、大きく2つに分類することができます。

  • 第二新卒採用
  • 経験者採用
この場合、どのような違いがあるのかをまとめます。

一般的な中途社員に求められること

一般的な中途社員に求められることはやはり「経験」「知識」が、かなりのウエイトを占めます。

経験者の能力を求める最大の要因は「退職者の穴埋め」です。退職者の方が実務でしていたことがスムーズにできる方を採用したいという会社側の思惑があります。また、「新しい事業を始めるため、ノウハウがある方を採用したい」という理由もよくあるパターンです。

他にも様々なケースがありますが、この2つのパターンのように「経験」「知識」が非常に重要視されていることが殆どです。なので中途採用の場合は、今まで自分が経験した業界・業種での転職となることが多いです。

第二新卒社員に求められること

逆に、第二新卒は「経験」「知識」については強く求められないケースも多々あります。むしろ、人材紹介会社からも求人会社に対して若手に対しては「経験」「知識」まで求めないようアドバイスをし、もともと企業が求めていた採用要件を緩和させる動きをすることもあります。

なぜかというと、第二新卒は社会人としての基礎は出来ているかもしれませんが、その業界・業種においての「経験」「知識」はまだまだ未熟なことが多いからです。

採用側の企業がスキルを求めるのであれば、社会人経験豊富な方を採用すれば良く、わざわざ第二新卒を採用する必要はありません。しかし、若い第二新卒を採用したいという企業が多いのは、「経験」「知識」ではない別のものを求めているからです。

なぜ第二新卒を歓迎するのか


このように、第二新卒採用と経験者採用は企業が求めるものが異なります。では、なぜ第二新卒を歓迎する求人も多いのでしょうか

第二新卒が歓迎する裏側をお話しますね!

スポンサードリンク

真っ白な人材の可能性が高いため


第二新卒は1社の就業期間が短いことから、長期就業懸念を抱かれることがあります。選考時にも退職理由を入念に確認されることもあり戸惑われる方も多いと思いますが、逆に1社での就業期間が短いのは第二新卒採用のメリットでもあります。

なぜならば、まだ他の会社に染まっていない可能性が高く、一から会社のやり方を教え込み、染め上げることができるからです

前職のやり方・考え方が転職後にも抜けきらず職場で浮いてしまったり、環境が合わなくて結局退職に至るリスクが少ないと会社側は考えています。中途採用ですと、前までの会社が残っている方も多く、社内の雰囲気を乱したり、すぐに退職する人もいます

第二新卒は真っ白な人材と必ずしも断言はできませんが、会社側としてもなるべく入社後のリスクは避けたい人材と考えています。なので、第二新卒を受け入れる意欲があるのです。

採用背景:組織構成上のバランスを整えたいため


第二新卒を採用する際の採用背景の1つに、「組織構成上のバランスを図るため」という目的があります

例えば、不景気の時には新卒採用を減らす、もしくは新卒採用を取りやめる会社も多いです。すると一定の年齢層だけ人数が少なくなってしまいます。そして、年齢が上がるにつれて会社の重要なポジションにつく方も増え、いつしか一定の年齢層だけ厚みがなくなってしまいます。

その結果、社内の組織構成のバランスが崩れてしまい、長期的な経営ができなくなる危険性が出てきます

その為、まだ他社に染まりきっていない若手人材を早めに採用し、会社色に育て上げることで補いたいと会社の経営陣は思っています

また、強化していきたい事業があるため複数名を採用する場合、まだ何色にも染まってない第二新卒を採用する方が企業として良い場合もあるのです。なので、第二新卒を受け入れることは会社側にも大きなメリットがあります

スキルだけではなく、組織構成の観点から第二新卒が欲しいという企業は結構多いです!

採用コストを抑えることができるため


裏側の事情で言うと、人材紹介会社を経由して採用活動する会社は、採用時の提示条件(理論年収)の何割かを人材紹介会社に成果報酬として支払わなければなりません。

もし外資でバリバリ働く年収2000万円スーパーエリートを採用した場合、成果報酬は破格の費用になります。

しかし、若手採用の場合は理論年収は相対的に安いため、人材採用時のコストが低くできるメリットもあります。また、仮に入社後から定年まで働くとした際、2人の例を考えてみて下さい。

  • 20代後半から定年まで働く可能性のある人材
  • 40代後半から定年まで働く可能性のある人材

より長期間会社の為に働けるのは当然ながら20代後半の人材です。単純には計算できないですが、成功報酬料÷予定勤続年数を考えても、若手を採用する方がコストメリットは大きいのです。

スポンサードリンク

第二新卒は転職市場で1番熱い…!


第二新卒は新卒とは異なり一定のビジネススキルは持ち合わせていると考えられるため、会社としては新卒よりは手がかからず育てることができます。「経験」「知識」は今後長く働いていく中で身に着けていけば良いと考えている企業が多いため、今までとは全く異業界・異職種への転職についても比較的容易にできる傾向があります

「第二新卒歓迎」「未経験歓迎」がセットになっている求人が多く見つかるのもその為です。

だからこそ、第二新卒の方が転職をする際には、今までの経験を生かした職を探すのももちろん良いのですが、視野を狭めずいろいろな可能性を探ってほしいと思います。

第二新卒は転職エージェントを活用しよう

第二新卒の方は就職経験の浅いため転職先の業界・業種の知識も乏しい上に、転職の方法もよくわからない人が多いはず…。だからこそ、転職エージェントに相談してみるのが1番です。メリットはこちら

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを厳選したので、ぜひご活用してみて下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

最後に

転職はいつでもできますが、選択肢が一番多いのは第二新卒の転職です。

なので、第二新卒の方は自信を持って、転職活動をすると良いですよ!

第二新卒が大手に転職は無理?いや、普通に転職できるよって話

スポンサードリンク