大卒フリーターの女が就職して正社員になるまでのリアルなお話

私は大学卒業後、フリーターになりました。何か目標があり、理由がありのフリーターではありません。
あえて理由を述べるとしたら「就職しなかった(就活を諦めた)からフリーターになった」ということになるでしょうか。

そんな私は、今は教育関連会社の正社員です。1つの拠点を預かる身となり、年間数千万の売上を出すチームリーダーをする傍ら、マネージャー補佐として他拠点の業務改善をも担っています。

大学を卒業して正社員になるまで約4年。それまでに経験した仕事はアルバイトで5社、契約社員1社です。ここまで来るのに色々ありました(笑)

そんな私の逆転劇を少しお話しようと思います。

スポンサードリンク

スペックについて

私の大学の頃のスペックを簡単にまとめてみました。あまり良くありません笑

  • Dランク大学(文系)の出身
  • 学校推薦で、センター受験なし
  • サークルも部活も所属なし
  • アルバイト:単発と塾の事務を2年
よく言えば「ごく普通」…いえ、どちらかと言うと、多分、ダメ寄りの学生でした。

フリーター生活について


大学を卒業した年の4月から始めた1つ目の高時給アルバイトは、3ヶ月で辞めました。その後、派遣会社にも登録してみましたが連絡は1つもなし。

1つ目のアルバイトは正当な理由で辞めたものの、「新卒で就職せず、バイトすら3ヶ月で辞めた私」という事実は、大学在学中の就活で既に無くした自分の自信を更にマイナスまで落ち込ませていました

これ以上、惨めな思いはしたくない。落ちて否定されたような気持ちになるなんて私は耐えられない。
1つの挫折が尾を引き、社員募集の求人に応募できる勇気とエネルギーは微塵もありませんでした。唯一できたことは、せめてもの希望として「契約社員・正社員登用制度あり」の記載があるアルバイトに絞って、そのなかで興味があるものに応募することでした

自信はなくても…自分は社員として働く価値はない人間なのかもしれないと思うことはあっても…

やっぱり社員として働きたい
という気持ちは必ずどこかにありました。

今は良くとも、将来の年金や老後、社会的信頼度、そして育ててくれた両親のことを考えると私は正社員への思いを捨てられませんでした

社員で働くことを決意した出来事 その1


そんなとき、私に社員で働くと決意させることが起こりました。学生の頃から付き合っていた年上の彼氏との別れです。

私のなかには

結婚したら、私はこの働き方でも問題ないよね
という思いと逃げ道が切り札として存在していたのですが、木っ端みじんに砕け散りました。

そこで、私は当時のアルバイト先、百貨店のジュエリーショップで本気モードに突入します

同じ店で働く人だけではなく、見える範囲の他店の売れる店員を観察しまくり、販売スキルを盗み、自社製品を自分なりに分析したり客観的にみたり他店の類似品と比較したりと、とにかく仕事に集中しました。

この時の私は、何かに集中しないと、隙あらば襲ってくる自分自身で作り上げたマイナス思考ループと現実の不安に押し潰されそうだったのです

すると、数か月後に西日本で売り上げ一位を獲得。あっという間に売上が高い販売員という立場を確立し、自信が一気にでてきました

ここで社員登用を受けよう
そう思いました。

社員で働くことを決意した出来事 その2


アルバイトをはじめて1年が経ち、店長に社員登用について相談しました。そこで私は思わぬ事実を知ります

  • 店長が、実はパート雇用で入社
  • 社員自体がほとんどおらず大半がパートアルバイト
  • 店長は社員登用された人を誰も知らない
  • 店長の知る売れる人は、給与の安さで全員辞めていった
衝撃でした。本社にお問わせいた結果
正社員になるには、在籍5年以上の売上貢献者が基本です。明確なルールはないが、最近6年目で登用した人がいる手前、在籍1年のあなたの登用は難しいです。
という回答が返ってきました。

面接でも社員登用の話はしており、この成績であれば登用の見込みはあると思っていた私にとって、あと4数年は長すぎました。

聞いていた話と違う…!!!
と思いましたし、自分の確認不足の甘さを恨み、ショックや情けなさ、悔しさや怒りなどの感情が一気に溢れて「社員」で働きたいという気持ちに変換され、爆発しました
私は今すぐフリーターから脱出するために行動を開始しました。決意してからは早かったです。

昼休み、仕事の往復でも求人サイトをチェックし、販売や営業職で自分の興味があるものをブックマークしました。正社員か契約社員の募集をしており、契約社員の場合は正社員登用を積極的に行っている会社に絞りました

さらに、自分の言葉で明確に志望動機が言えることができそうな求人を絞り込み、応募することにしました。その結果、大手受験塾の教室事務兼営業職(契約社員)から内定をもらいました

スポンサードリンク

まさかの退職


こうして、私は塾の教室事務兼営業(契約社員)になりました。学生時代に塾の事務アルバイトは経験を経験していた為、大きなイメージ違いもありませんでした。忙しい環境でしたが、楽しくやりがいのある仕事でした

3年勤めて本人の意思があれば、ほぼ全員正社員になってきたこの会社で、私はずっと働いていくのだろうと思いました。

しかし、私は仕事に没頭しすぎました。

フリーター生活の反動か、完全にワーカーホリック化し、他人から仕事を奪うぐらいの勢いでした

周囲に負けたくない、追い抜きたい、必要とされたい…

毎日終電、休日出勤をしまくり、遅くまで働きながら先生方と明け方まで飲み倒すような生活。プライベートの友人たちとは完全に疎遠になっていました。オンもオフも一緒というか常にオン そんな状態でした。

幸か不幸か「休日出勤と残業は美徳であり、むしろ当然」という考えの上司の元に在籍していたので、誰も私を止めませんでした。止められたところで気にも留めなかったと思います。

入社して約1年後、私は通勤途中で倒れ、救急車で運ばれました。どんなに好きな仕事でも、やる気があっても、身体が本質ということを身をもって体験しました

ここにいたら私は限界までまた働いてしまう…
悩みに悩んだ末、この体調不良をきっかけに、私は退職と再度就職活動をすることを決意しました

自分と向き合った


退職後、3ヶ月程の休息を取り、数週間だけ静かな会社の事務アルバイトをしました。その間に自分は何を大切にしたくて、何をどうしたいのか、じっくりじっくり考え、自分と向き合いました。

その結果、なんだかんだで「また教育に関わる仕事がしたい」と心から強く望んでいることが1番わかりました。

スポンサードリンク

再び求人サイトを活用


再度就職活動をするにあたり、私は再度求人サイトを利用しました。そして、絶対的な条件は譲らないにしても、その他の条件については本来の希望より少しゆるく設定して、求人検索しました。

そして、今後の自分の将来の可能性が広がる可能性も考えて職種や業種、勤務地、年収等様々な条件を足したり減らしたりしながら、自分のアンテナに引っかかる求人がないか、前回以上に多くの求人をチェックしました

こうして見つけたのが、今の会社 教育関連会社営業部(正社員)の求人です。見つけたとき、エントリーの締切は当日でした。残り数時間。

仕事内容があまりにも自分のやりたいことにマッチしすぎていて、運命すら感じました。このような求人に出会えたことは、本当に幸運としか言いようがありません。

私は書きなぐるように志望動機を作りました。志望動機が文字数オーバーになり、最後は文章を削る作業をしました。

落ちてもいい。自信はまだなくても、この求人に応募しなかったら一生後悔する…!
と、感情を高ぶりながら志望動機を作ったのを覚えています。

その後、筆記と2回の面接を無事…いえ、なんとか切り抜けて、この会社の正社員として採用されました

※フリーターは就職エージェントを活用しよう


フリーターから正社員・契約社員・派遣社員に就職するなら、就職エージェントは絶対に活用しましょう。無料にも関わらず、こんな手厚いサービスを受けれます!

就職エージェントのメリット

  • フリーターでも正社員・契約/派遣社員になれる求人を紹介してくれる
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 就職するまでのノウハウを一から丁寧に教えてくれる
  • エージェントの紹介だと、内定率が高い

ただし就職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります。

フリーターだった私がおすすめする就職エージェントを3つ厳選したので、是非複数のエージェントをご活用下さい!

◯「正社員チャレンジ」は就職前に一度働くことを体験できるので安心!

◯「ハタラクティブ」は都内に特化してる代わりに、正社員の求人が熱い!

◯派遣社員を目指すなら、「マイナビスタッフ」一択!

おわりに


こうして、私は大卒フリーターから正社員になりました。私の経験をつらつらと書かせて頂きましたが、この経験があったからこその今だと思っています。

正社員になってからも色々ありました。新たに仕事を覚えるだけではなく、自分との闘い(学歴・職歴コンプレックス)になることもしばしばありました。

ミスも沢山しましたし、書類が全ボツになったこともあります。落ち込むこともあれば、途中で投げ出したくなったこともあります。なのに、今はフリーター時代には想像していなかったリーダー職に就き、楽しく仕事をしています

すぐに良い結果が表れないこともザラにあります。でも、行動したことで現状が変化していったことは間違いありません

フリーターでも、本気を出せば正社員になれます。諦めても、また本気で思えば行動できます。

私の経験やこの話がほんの少しでどなたかの元気や勇気になれば幸いです。

フリーターから正社員になれる職種のおすすめは?人材業界にいた私が暴露する

スポンサードリンク