誰でもできる仕事で正社員の求人を探す方法を人材業界に勤めた私が紹介する

誰にでもできる仕事をやりたい…しかも正社員がいいな(ニヤリ)
と考えている人は多いのではないでしょうか?

私は人材業界に勤めていた時、こんな方々が正社員の求人を探して求めていました。

  • 現在フリーターで複数のバイトを掛け持ち中で、そろそろ正社員になりたい人
  • 定職につかずのんびり過ごしすぎて、ニート脱出したくなった人
  • キツイ仕事で辛くなり、簡単なお仕事ができる正社員に転職したい方
誰にでもできる仕事で正社員雇用なんて、そんな甘い話ってないでしょう…
と思うかもしれませんが、そんなことはありません

現時点でフリーターやニートでも、必ず正社員を目指せる道はあります。というのも、近年、アベノミクスや東京オリンピックに向けて国内企業の多くの業界が売り手市場なので、雇用は活性化しています!

そこで、今回は「誰にでもできる仕事だけど、正社員になれる求人の探し方」を人材業界にいた私がご紹介します!

スポンサードリンク

転職サイトを全力で活用しよう


現在、フリーターやニートとして生活している人の場合

そもそも転職サイトに登録する意味があるのか…?
と思うかもしれません

確かに、転職サイトのメインユーザーは現在正社員で勤務している人たちです。しかし、大学卒業後就職活動に失敗し無職のままという方や、とりあえずバイトや派遣社員を転々としている方もたくさん登録しています。

なぜなら、転職サイトには正社員求人がたくさん存在するからです。なので、正社員になりたい人はフリーター・ニートであろうと、活用すべきなんです。実は、正社員でない方々も正社員として転職を成功させている例を、私はこれまで大勢見てきました

なので、まだご活用していない方は絶対に無料登録しましょう!

「未経験者歓迎」に絞って求人を探すこと


そうはいっても、たくさんの正社員求人が載っていて、一体どこから手をつけたらいいのかな…?
応募を受け付けてくれるのは、どんな企業なのかな…
と心配になることもあるでしょう。

そんな時は、「未経験者歓迎」の求人に絞り込んで見ていくのがオススメです。なぜなら、誰でもできる仕事だからこそ、未経験でもOKなので今すぐ採用したい可能性が高いからです。

未経験のフリーターやニートでも正社員になれるチャンスって意外と多く溢れています

「未経験歓迎」の表記について
転職サイトによっては「業種未経験歓迎」「職種未経験歓迎」などと分けて表記している場合もあります。

スポンサードリンク

「未経験者歓迎」って本当なの…?


ただ、この「未経験歓迎」という言葉、一見たくさんの応募を集めるためだけで、本当に未経験を受け入れてくれるか怪しいと思うでしょう。しかし本当に未経験を受け入れてくれますので、ご安心下さい笑

そもそも

業界のことも職種のことも全くわからない未経験の人の応募も、ちゃんと受け入れますよ!
という企業でなければ、「未経験歓迎」は使いません!

多くの企業では、たくさんのユーザーから応募が来ることを待ち望んでいますが、裏には「営業経験3年以上」「英語ができる方」など自分たちが求めている人物からの応募に限ります。つまり、自分たちが求めていない人物からの応募は、採用担当者の仕事が増えるだけなのです。

なので、経験者のみを募集している求人では「未経験者歓迎」と表記しません。逆に「未経験者歓迎」と書いてある企業は、本当に未経験でもOKということを意味しているのです。

未経験用の就職エージェントを活用すべし


実は、企業の中に人手が少ないということで、会社内の年齢構成を見直すべく、若手や中年の正社員を求めている企業が増えています

そのため、20~50代の方であれば、正社員を求める求人を就職アドバイザーが紹介してくれる「エージェント」を利用すると、正社員になれる確率が一気にあがります。特におすすめな就職エージェントは「インテリジェンス運営の正社員チャレンジ」です。その理由はこちら!

「正社員チャレンジ」のメリット

  • 企業で職場体験に参加できるので、働く姿をイメージしやすい
  • 企業の担当者とその場で面談できるので、就職に結びつきやすい
  • さまざまな業界の優良企業を紹介しれくれる
  • 未経験者OKの求人が豊富

仕事も就職前に一度体験できるので、「誰でもできる仕事」か確認できて安心です。「正社員チャレンジ」は無料で活用できますので、就職エージェントを利用しないほうが圧倒的に損です

正社員への就職で失敗しないためにも、一度説明会に参加して、自分のチャンスを広げてみることを強くおすすめします

○20代の方はこちら!

○30~50代の方はこちら!


正社員登用率の高い未経験募集の契約社員は穴場!


契約社員と聞いて

契約社員って非正社員じゃない…?
と思われたかもしれません。実は正社員雇用前提の契約社員募集って、意外とたくさんあります。

しかも、多くの求職者は

契約社員として採用されるくらいなら、はじめから正社員採用を狙いたい!
と考えていますので、契約社員募集の案件は避けられがち。つまり倍率も低めなので、かなり狙い目です。

また、未経験募集の契約社員は、仕事内容も社会人経験のない人・新卒1,2年目を受け入れやすい程、誰でもできる可能性が高いです。企業によっては、以下のように未経験者も正社員登用前提で受け入れてくれる求人も出しています。

経験者なら正社員採用、未経験者は契約社員採用だが1年後の正社員登用を前提とする

契約社員の募集を見かけたら、正社員募集じゃないからと敬遠せずに、契約社員から正社員に登用された実績や登用率の記載がないか確認しましょう。登用率の高い会社は大体そこをウリ文句にしていますので見分けがつきやすいです。

契約社員として採用された後、はじめのうちは「賞与が無い」「給与体系が正社員と違う」など、不利な面もあるかもしれません。しかし、正社員登用されるまでは社会人経験の研修期間だと前向きに捉えれば、良いのです

スポンサードリンク

本当に契約社員から正社員になれるか不安な方へ


「正社員登用率99%」などの文言で「100%じゃない」部分に引っかかるかもしれません。実は、この表記は保険をかけている場合が殆どなので気にしないでOKです!採用した人材がよっぽど社会人として不適切(遅刻、欠勤を繰り返す、不祥事を起こすなど)だった場合に備えています。

もし問題のある人材を企業が雇ってしまった場合、企業側はもちろん正社員登用せず契約終了とします。しかし、求人広告に「正社員登用率100%」と書いてしまうと、

募集と話がちがう!
とクレームになったり、裁判沙汰になることもあります。

正社員になれるか怖いと思う場合は、正社員登用率について面接で質問してみましょう

まとめ

いま正社員じゃないからといって、自分にはスキルが足りないんだ…と不安になることはありません。転職サイトには、社会人未経験の方々の応募を待っている企業もたくさんあります

まずは転職サイト・転職エージェントを用いて色々な情報を集め、誰でもできる仕事となる正社員雇用を目指しましょう!

フリーターから正社員になれる職種のおすすめは?人材業界にいた私が暴露する

スポンサードリンク