フリーターから正社員になれる職種のおすすめは?人材業界にいた私が暴露する

フリーターの方の中には、そろそろ転職して正社員になりたい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。正社員⇒正社員への転職に比べて、フリーターから正社員への転職は一見難しそうですが、前例はたくさんあります

そこで、人材業界で数々の求人に携わってきた私が、狙い目の業界や企業の特徴を暴露します(爆)

スポンサードリンク

ずばり、狙いはこの3つ!


正社員になるために、すでに求人サイトや転職サイトなどに登録して転職活動をはじめた方も、まだ登録などはしていない方も、以下の3つのキーワードはぜひ抑えておいてください。

  • 販売業
  • ドライバー職
  • 営業職
正直、この3つからネガティブなイメージを抱いてしまう方もいると思います。
販売業って、飲食店や小売店でしょ?大変そう
ドライバーなんて、普通自動車免許しか持ってないのに仕事になるの?
自分が営業として働く姿が想像できない…
そういった気持ちはよくわかります。ですが、これらの職業には面白さややりがいもたくさんあります。また、最近は給与や勤務時間が見直され、業界や職種に対するブラックなイメージを変えようと各企業が努力しています!

ここからは、「販売サービス業」「ドライバー職」「営業職」それぞれの特徴を紹介していきます。フリーターから正社員になる最短ルートだと考え、ぜひ検討してみてください!

優良企業かどうかをみきわめる方法も一緒に紹介していきますよ!
※今すぐ正社員になれるサービスを知りたいからは、こちらをチェック!

その1:販売業


まずはみなさんにとっても一番身近な存在、販売業です。居酒屋やファミレス、カフェなどの飲食店、デパート、スーパー、コンビニなどの小売店、ファッションや美容関係まで多岐にわたります。すでにアルバイトでこれらの業界に携わってきた方なら仕事内容も想像がつきやすいでしょう。

求人サイトにおいて、もっともフリーターの正社員デビューを歓迎している業界と言って過言ではありません。普段からアルバイトのスタッフを新規採用していることもあり、研修制度も充実しています。

販売業でよく募集されている職種が「店長候補」です。入社後、まずは一店員として現場に勤務し、入社後2~3年、早い人なら半年で店長として一店舗まるごと任されることになります。店長の仕事と聞いて

店舗スタッフの勤怠管理や売上管理、発注業務など、やることがたくさんあって忙しそう
思うかもしれません。

実際に、飲食・小売関係には相変わらずブラック企業の噂が耐えませんが、ホワイトな企業だってちゃんと存在します。たとえば飲食業界の大手チェーンだと、はなまるうどん、松屋フーズ、富士そばなどが有名ですね。

社員寮完備、5日以上の連続休暇制度など、福利厚生面で社員を厚遇する会社は、転職サイト上でも数多く掲載されていますので、ぜひ探してみて下さい。

また、チェーン展開しているような大手企業ですと、店長からエリアマネージャーや本社管理職を目指せる制度や、独立してフランチャイズオーナーになるための研修制度など、さらに高収入を目指せるチャンスもあります。

スポンサードリンク

その2:ドライバー職


ドライバー職と聞いて、大型トラックの運転手や大型バスの運転手を想像した方が多いのではないでしょうか?なかなか馴染みのない職業だと思われたかもしれませんが、実は他にも、私たちの身近なところでドライバー職は活躍しています

たとえば、普通運転免許だけで活躍できるドライバー職として、真っ先に浮かぶのが宅配ドライバーです。個人宅へ荷物や郵便物をお届けする仕事もあれば、医薬品など、軽自動車でも運べる商品をメーカーから小売店へ運ぶ仕事もあります

特にメーカーや小売店などの法人相手の場合、配送ルートも毎日決まっている上に、届け先の相手も毎回同じ人なので、そこまで難しくありません。また、中型トラックや大型車を運転する仕事でも、入社時は普通運転免許だけでOKという企業は多々あります。

特にオススメなのが、中型免許・大型免許について、会社負担で取得させてくれる企業です。また、取得までの教習時間を勤務時間扱いして給与が発生する企業もありますので、求人企業の研修制度に注目してみて下さい

ドライバー職のおすすめは…?

ドライバー職のオススメは大手企業の子会社です。特に、バスやタクシーなどは鉄道会社の子会社が多くあります。

給与体系はもちろんのこと、寮・社宅制度や企業グループ優待制度など、福利厚生面は一般企業よりかなり高待遇ですので、額面以外の部分で非常にオトクです。そして、ドライバー職は前職さまざまな人が採用されています。

元無職、元フリーターといった方も多数活躍していますよ!

車の運転が好き、楽しいという方は挑戦してみると良いですよ!

その3:営業職


もっとも募集が多く、業界未経験者、営業未経験者、社会人未経験者も広く受け入れ続けているのが営業職です。とはいえ

営業はちょっと…
と思う人も少なくないのが現実。

確かに、新規開拓、飛び込み営業、月末はノルマ未達成で上司に詰められるど、正直いいイメージがない職種でもありますよね。お酒に強くてコミュニケーション能力が高くないとやっていけなさそう、と躊躇してしまう方もいらっしゃると思います。

実際、転職サイトに掲載されている企業の中にも、営業職の社員を駒のように扱うブラック企業は残念ながら存在します。人材業界にいる立場としては、ブラック企業といえど弊社の転職サービスに広告料を払ってくれる顧客ではありますので、きちんと採用活動を支援しなければいけません。

かといって嘘の求人広告は絶対に出せないため、「残業月80時間以上」「ノルマあり」など、書いたら応募者が減ってしまう情報は書かないようにしています。

言いかえれば、転職サイト上で「残業は月20時間以内」「ノルマ・新規開拓はありません」などと書いてあれば、安心して応募してOKということです!

スポンサードリンク

営業職の残業について

営業職で多くの方が気にすること、それは「固定残業手当」「みなし残業手当」など、残業代に関する制度で。すこのあたりについて、どの転職サイトも最近表記方法が厳しくなりました

「給与」の項目を見ていただくと、

月収25万円(固定残業手当40時間分 3万5000円含む)※40時間超過分は追加支給

などと書いてあるはずです。

注目してほしいのはこの「◯時間分」の部分最低でもこのくらいは残業があると考えてください。営業職にそこまで抵抗がない方は、給与面や福利厚生面や、商材に興味が持てるかどうかなどを中心に探していくといいと思います。

一方、自分が営業に向いているか不安な方は「既存顧客中心」「ルート営業」などのワードがちりばめられている求人に応募してみましょう。開拓されている顧客なので、新規の顧客獲得よりもラクなことが多いです。

人材業界の裏話


営業職は「コンサルティング」「提案営業」「企画営業」など言葉巧みに言い換えられています。これも「営業」だとネガティブなイメージがつきまとうため、少しでも応募数を上げるための工夫です。

とにかく、それだけ応募が集まりにくい、つまり採用されやすい職種なのです。また、営業職は活躍した分だけ高収入が期待できる職種でもあります!

せっかくの正社員デビュー、実力で勝負してたくさん稼ぎたいという方にはオススメですよ!

フリーター向けの就職エージェントを活用すべし


就職エージェントの中には、フリーター・ニートを正社員として採用する就職サービスが存在します

そんなおいしい話あるの…?なんか怪しいけど、大丈夫…?
と疑問に思う方も多いでしょう。

実は現在、景気が回復したこともあり、人手不足と焦っている企業が年々増えています。そのため、今までフリーター・ニートであっても正社員として採用したいと望む企業が沢山あるのです。

そのため、20~50代の方であれば、正社員を求める求人を就職アドバイザーが紹介してくれる「エージェント」を利用すると、正社員になれる確率が一気にあがります。他にもこんなメリットがあります!

フリーター向け就職エージェントのメリット

  • 就職活動のサポートが手厚いので安心!
  • 企業の担当者とその場で面談できるので、就職に結びつきやすい
  • 未経験者でOKな求人が豊富
  • さまざまな業界の優良企業を紹介しれくれる!

特におすすめな就職エージェントは「インテリジェンス運営の正社員チャレンジ」「ハタラクティブ」です。2つのメリットはこちら!

  • 正社員チャレンジ:就職前に就職体験できるので、ブラック企業を避けられる
  • ハタラクティブ:関東に特化した20代の求人に強く、非公開でレアな求人も豊富で就職サポートも万全
どちらも無料で活用できますので、就職エージェントを利用しないほうが圧倒的に損です

紹介してくれる求人もバラバラなので、「正社員チャレンジ」「ハタラクティブ」の2つを利用して良い方を選ぶのがベストです。正社員を目指している方・働き口を探している方は無料説明会に参加してみることをオススメします!

○20代向け「正社員チャレンジ」はこちら!

○30~50代向け「正社員チャレンジ」はこちら!


○20代向け関東求人の「ハタラクティブ」はこちら!

まとめ


フリーターと正社員との一番大きな違いは、生活の安定にあります。4つの社会保険(以下、参照)が完備されていて、毎月固定の給与が入るのは、安定感が違います。

  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 健康保険
  • 厚生年金保険
最低限この2つを確保できれば、結婚、育児、老後などの将来設計もしやすくなります。近い将来、正社員として今よりいい待遇で、しかも自分らしく活躍できるような企業と出会えるよう応援しています!

誰でもできる仕事で正社員の求人を探す方法を人材業界に勤めた私が紹介する

スポンサードリンク