派遣社員の始め方を初心者でもわかるように、一から丁寧に解説してみる

派遣になろうと思い立ったものの

あれ…派遣のはじめ方がわからない…どうしたらいいのかな…?

と悩んでいる方はいるでしょう。とはいえ、派遣のはじめ方が丁寧に解説されている情報は非常に少ないです。

そこで、人材派遣会社に勤務している私が、派遣社員のはじめ方を初心者でもわかるように解説してみました!是非、派遣社員を目指している方は、是非 参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

派遣の仕組みについて


企業には、労働者がいます。雇用形態は、アルバイトやパート、契約社員、正社員とありますが、いずれも、その企業に直接雇用されて契約を結んでいます

企業
お仕事、お願いします!
従業員
承知致しました!

みたいな感じで、企業と労働者が直接やり取りする関係になります。そのため、お給料も企業から直接頂けます!

一方で派遣社員は、「派遣会社」と雇用契約を結ぶことで、様々な勤め先で働くことができます。

企業
お仕事の依頼をしたいです!
派遣会社
承知致しました!
派遣会社
企業さんからお仕事の依頼あるけど、どうでしょうか…?
派遣社員
お仕事させて下さい!
派遣会社
では企業さんの方に、お伝えしときますね!

のように、派遣会社を経由することで、自分が探し求めた企業や紹介された企業で働くことができます。そのため、派遣社員の雇用契約は「派遣会社」と結ぶことになるのです

なのでお給料も、勤務先である企業から支払われるのではなく、雇用契約を結んだ「派遣元会社」から労働者に支払われる仕組みになっています。

  • 派遣元会社:労働者を各企業へ派遣する側の会社
  • 派遣先会社:派遣社員の勤め先

派遣を始めるなら、まずは人材派遣会社に登録


まずは勤め先を紹介してくれる人材派遣会社に登録することです。

人材派遣会社はたくさんあります。その中から「自分が良さそうだな…!」と思った会社に、まずは派遣登録してみましょう。もちろん、電話からも受付けている会社もあります。

登録の方法は、会社によって異なります。

  • 個別に受け付けている方法
  • 指定時間に、何名か集めて合同登録会を行う方法

電話の受付時やWEBページにて登録方法を教えてくれますので、各会社の案内に従って登録に行ってください!

持ち物は、印鑑と身分証明書と給料振込用口座情報が一般的ですが、念のためにWEBページや電話で会社に確認しましょう。

登録へ行くときの服装は面接とは違うので、私服でも大丈夫です。しかし、真剣にお仕事を探したいのであれば、それに相応しい服装を着ることをおすすめします

※私のおすすめの派遣企業はリクルートスタッフィング!


私が最もおすすめする派遣元企業は「リクルートスタッフィング」です。その理由はこちら!

「リクルートスタッフィング」をおすすめする理由

  • コーディネーターが非常に高いので、希望する求人を見つけやすい
  • 未経験でもOKの優良な求人が豊富
  • 内定から入社までのサポートが万全

「リクルートスタッフィング」は古くから派遣の紹介をしており、他の派遣元企業に比べて実績も凄いです。もちろん無料で相談できるので、ホワイト企業の派遣求人を探している方は是非ご利用してみることをおすすめします!

STEP1:アンケート・履歴書記入


派遣会社専用の履歴書・アンケート用紙を記入します。主に、住所、氏名等の個人情報と希望する勤務条件や簡易的な職歴を書いていきます。

自身で履歴書を持っていった方がいいかな…?

と悩む方もいると思いますが、各派遣会社でアンケートや履歴書のフォーマットが用意されていますので、自身で履歴書を用意する必要はありません

ただ、その場で職歴を記入していただくことが多いので、スムーズに書けるようにあらかじめ職歴のメモを持参していくことをおすすめします。

STEP2:スキルチェック


派遣元会社には、たくさんの企業の求人案件がありますので、登録に来てくれた方の、資格やスキルにより紹介するお仕事の内容も変わってきます。

一人ひとりにマッチングしたお仕事を紹介する為に、一般常識の学力テストやタイピング、適正テストを行います。派遣先に紹介する際のアピール材料にもなります。

一度登録を済ませておけば、派遣先が変わる度に何度も行う必要はありません!

STEP3:コーディネーターに無料相談


お仕事を紹介するコーディネーターと面談形式でお話をして、アンケートの記入内容やスキルチェックの結果を元に具体的な条件をお伺いし、マッチングする候補のお仕事を一緒に探していきます。

この時に少しでも疑問に思ったことや、不安なことは遠慮せずに積極的に聞いておきましょう

求人については、時期やタイミングもありますので納得のいくお仕事が見つからなければ、無理に決めずに少し期間を置いてからまた相談に来ることも可能です。

ここでマッチングする求人が出た時に。優先的に連絡をしてもらえるようにお願いしておくこともできます!

STEP4:面接


やってみたいお仕事が見つかったら、コーディネーターを通じて、そのお仕事の担当マネージャー(責任者)に連絡を入れて、面接日を設定します。

丁寧な派遣会社ですと、付き添ってくれるところもあり、一人で面接に行くより心強いです。場合によっては、派遣登録会の後に、即日面接に進むこともありますので、登録へ行くときの服装は、ジャケットを着ていくなど、専攻の準備に備えておくと良いでしょう。

良いお仕事はすぐに決まってしまいますので、気になるお仕事があったら早めの行動を心がけることが大切です。短期間の派遣業務の案件であれば、面接不要のことも多く、希望すれば最短で翌日からすぐにお仕事に就くことができます!

STEP5:派遣会社に入社


面接に無事合格しましたら、正式に派遣元会社に入社して、雇用契約を結びます。

その後、派遣元会社によって内容は異なりますが、ビジネスマナーや就業規則の説明、コンプライアンス研修を1日~2日間で受けていただき、いよいよ派遣先での業務が開始になります。

福利厚生については、就業条件により、派遣元会社で用意させている内容になります。大手の派遣元会社であれば、テーマパークや宿泊施設の割引サービスなどがかなり充実しています。社会保険も派遣元で加入することになります。

STEP6:派遣先での就業開始


就業開始の初日を「配属日」と言い、派遣元のコーディネーターと一緒に派遣先へ出勤します。

少人数の配属から30名規模の配属まで案件により様々です。派遣先の担当の方と顔合わせと挨拶を交わし、ここからは派遣先の指揮命令の下でお仕事をしていきますので、コーディネーターとはここでお別れです。

お別れと言うと、寂しいですが、雇用関係は派遣元と結んでいるので、労務的な用事がある際は、コーディネーターや担当マネージャーに頼ってOKです

最後に

派遣の仕組みから登録、登録後から派遣先で勤務するまでの流れを解説させていただきました。

派遣を始める一歩は人材派遣会社に登録することから始まります。初めてだと戸惑うことも多いですが、担当してくれるコーディネーターに相談すれば問題ないので、安心して下さい

派遣になる一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。陰ながらご応援しております!

スポンサードリンク