派遣の契約期間は?3年間なの?人材派遣に勤める私が解説してみた

派遣で働いてみたいけど、契約期間はどうなっているの?ずっと派遣のままなの?雇い止めになったらどうなるの?

など、派遣の契約期間について疑問を持っている方はたくさんいるはずです。たしかに、派遣の契約期間は、派遣の種類によって色んなパターンがあるのでわかりづらいです。

そこで人材派遣会社に勤める私が、派遣の契約期間について解説していきます!是非、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

派遣の契約期間は種類によって異なる!


派遣で働く場合は、就業期間は一定ではなく、色んな契約期間があります。派遣会社と勤め先との取り決めで3ヶ月だったり、6ヶ月だったり1年だったり・・・。

派遣期間は一般的に3年と言われていますが、初めから3年間で雇用契約を結ぶこともあれば、それより短い期間で契約を結んで、契約更新を繰り返していく方法もあります

実は、この派遣期間の違いは派遣の種類によって異なります。

  1. 常用雇用型の派遣
  2. 登録型の派遣
  3. 登録型の派遣

順番に解説させていただきます。

派遣期間の注意点
「期間をどうやって決めているか」は派遣会社と勤め先の合意によるものなので、国や法律で決められているわけではありません。

常用雇用型の派遣なら、契約期間は最長3年


派遣の種類の1つ「常用雇用型派遣」の場合、同じ派遣先での派遣契約期間は、通算して最大最長3年間になります。

「常用雇用型の派遣」とは派遣会社と雇用契約を結び、ずっと雇用される形態です。派遣会社に雇用されながら、実際の勤務先は別のところで働くパターンです。

お仕事の指示は、勤務先によって決められますので、勤務先の指示に従って業務をして、給料については派遣会社の担当者を通じてやり取りすることになります。

一般的によくきく派遣期間は3年間とは、この「常用雇用型の派遣」の最大契約期間を意味していることが殆どです

契約期間が3年たったら、どうなるの…?

せっかく業務に慣れたにも関わらず

このまま同じ派遣先で働きたいけど、もうすぐ最長の3年になりそう!辞めないといけないの?

と不安になる方は多いでしょう。結論としては、辞めなくて大丈夫です

この3年までというのは、「派遣」という雇用形態のままで3年を越えてはいけないということなので、「派遣」でなくなれば良いのです。

その方法は大きく2つになります。

その1:派遣元会社で期間の定めのない雇用に切り替える

期間の定めがあるものを「有期雇用」、期間の定めのないものを「無期雇用」と言います。

つまり、いつまでと期間を決めない「無期雇用契約」を結べば、最大定年まで派遣元会社に在籍しながら今までの派遣先で勤務を続けることができます

その2:勤め先と直接雇用契約を結ぶ

派遣元会社を退社して、そのまま勤め先である派遣先会社と直接雇用契約を結んでしまえば派遣ではなくなります。なので、3年間勤めた後もそのまま働き続けることができます

このどちらかで引き続き勤務できるよう、派遣会社もしくは、勤め先が措置を取りますので、派遣社員の方はご安心して頂けばと思います。

派遣期間中の3年以内に、雇い止めになったらどうなるの…?


派遣は有期雇用であることが多い為、いつ雇い止めになるかと不安定という問題点があります

例えば、3年になる前に派遣先企業の業務縮小などにより雇い止めにあってしまったとします。このように仕事を失ってしまったら困りますよね。でも心配いりません

雇用契約は派遣会社と結んでいるため、契約期間が残っているのであれば、雇用関係まで終了することはありません。派遣会社の担当者が新たな派遣先を探して紹介してくれます!

なので、継続してどこかで勤務することができます。たくさんの企業の案件を持っているのも派遣会社の強みです。もしも、新たな派遣先がすぐに見つからなかった場合には、次の派遣先が見つかるまで給与保証もしてくれますので経済面もご安心して頂けばと思います。

紹介予定派遣なら、契約期間は3ヶ月から最長6ヶ月


派遣の種類の2つ目に「紹介予定派遣」というものがあります。

「紹介予定派遣」とは、派遣会社と雇用契約を結び、勤め先に派遣されるところまでは、「常用雇用型」と同様です。違うのは、始めから派遣先が一定期間後に直接雇用することを前提としていることです。

あらかじめ期間を3~6ヶ月と定めて派遣され、期間が到来したら、派遣元との雇用契約を終了し、派遣先企業と直接雇用関係を新たに結びます。

派遣社員は、派遣として勤務している期間はお試し期間となるので、自分に合った仕事か見極めることができます。そのため、企業とのミスマッチを防げるメリットがあります

登録型の派遣なら、契約期間は1日から


派遣の種類の3つ目に「登録型の派遣」いうものがあります。

「登録型の派遣」とは、求職者が勤務先に自身の個人情報や希望の処遇、勤務条件等を登録しておき、マッチングするお仕事を派遣社員の担当者が紹介し、両者が合意したら勤務開始となるスタイルです。

お仕事は1日から1ヶ月程度の短期の案件が多く、企業が臨時的に人手が欲しい時に派遣会社に依頼することが殆どです。業務内容は、誰でもできるような軽作業が中心です。

お仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ形になりますので、決して安定してる雇用形態とは言えません。

登録型の派遣の人材使い捨ては大丈夫…?

「登録型派遣」は、人材が欲しい企業にとっては、必要な時に依頼できるという利便性の良さがあります。

かつては、雇用の手軽さを悪用して長期的な業務内容なのに常用雇用せず、人材を使い捨てにする企業も多く、派遣労働者にとっては不安定の日々が続いていました

これを問題として取り上げられ、労働者を守るという観点で派遣法が改正され、現在は、「30日以内の短期的な派遣は原則禁止」になりました。長期的なお仕事であれば「常用雇用型」にしなければならないということです。

ただ、「原則禁止」というだけで例外もあります。そのため、「登録型派遣」が完全に無くなったわけではありませんので、事前に派遣会社の担当者に確認しておきましょう

最後に

派遣の契約期間や種類について、解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

少し複雑な部分もありますが、基本的には継続的に雇用されることが多いです。もし心配であれば、派遣会社の担当者に確認するのが確実です!

私が最もおすすめしている人材派遣会社は「マイナビスタッフ」です。知名度だけでなく、求人数と質もピカイチです。派遣で気になることがあれば、是非一度は無料相談してみると良いですよ!

スポンサードリンク