ブラック企業に転職するのが怖い人に、ホワイト企業の探し方を伝授する

毎年のように、メディアで大きく取りあげられている「ブラック企業」.

その内容はとてもひどいもので、パワハラやセクハラはまだまだ序の口といったところ。最悪の場合、死に追いやられることだってあります

まさに、これから転職する人や検討している人にとっては、素通りすることができない問題といってもいいでしょう

結婚や進学とおなじように、転職も2回、3回と回数を重ねていけるだけではありません。転職回数が増えれば増えるほど、不利になってくるのです。

結果的に、転職するのが怖いという思いだったり、ブラック企業に転職したくない。このような考えが強くなってしまい、転職したくても踏み出せないのが実情というわけなのです。

スポンサードリンク

転職するのが怖い…めちゃくちゃわかる


皆さんも転職するのが相当怖いことでしょう。私自身も、相当怖かった記憶があります。

転職先がブラック企業だったらどうしよう…
と、常に考えていました。

「今の会社は嫌だ…」と思いつつ、「実は良いところもあるんじゃないか?」「他のブラック企業と比べたら、マシかも」と良い面を無理やり引っ張り出して、自己洗脳してしまう人も多いです。

勤めている企業がブラック企業だと尚更、転職が恐怖になってきます。転職しても幸せにはなれないかもと諦めてしまうこともあります。

転職は暗くない。明るい未来もある


その結果、「転職は暗い未来しかない」といつしか思い込んで、転職しない人もいるでしょう。しかし、嫌な企業に勤め続けて思ったのは、転職しないことには辛い現実は変わらないということでした。

確かに転職はリスクを伴いますが、転職しなかったとしても嫌な企業で勤め続けるわけなので、仮に転職で失敗しても極論ですが何も変わらないです。私に至っては、ブラック企業からブラック企業に転職するという失敗を抱えていました

何も変わらないのなら、思い切って転職して成功してみせる…!
と私は吹っ切れて転職をスタートしました。

実際にホワイト企業に転職して思うのは、明るい未来も待っているという幸せな現実でした。なので、転職先が不安で中々踏み出せない方は、思い切って転職を開始してみると良いです。

とはいえ、ブラック企業に転職する可能性もあります。なので油断は禁物なのも事実です。

ブラック企業に転職した経験があるので、絶対に参考になるはずです笑

スポンサードリンク

ホワイト企業の探し方

特に、事前知識なしで転職活動をするのは危険です。しかし、事前に少しの知識さえもっていれば、ブラック企業を避けることが可能です

ここからは、私が転職活動で2回もブラック企業に転職した経験から、ブラック企業に転職しない方法を全てお話します!

転職で2回もブラック企業になったけど、ラストは無事にホワイトへ転職…!是非、参考にしてみて下さい!

※転職先の口コミを必ずチェックしよう


何だかんだで、企業から提供された情報よりも実際に働いている社員の口コミの方がリアルで1番信憑性が高いです。特に退職した方々の口コミは、退職理由と直結するのでブラックな企業の一面を確認できる優れものです。

そのため、ブラック企業に転職するのが怖い人は、社員の口コミが詰まったサイトは一度確認すべきです。特にオススメなのは「キャリコネ」です。理由はこちら!

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる

登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

転職サイト編:スカウトする企業にはご用心


まず、転職活動するときに、ほとんどの方が転職サイトへの登録するでしょう。

転職サイトも大手から小さいところまで様々ですが、とりあえずは大手3社ほど登録してください。

この3社ほどというのが重要です。実は、転職サイトによって、力をいれている業種や職種があります。そのため、1つの転職サイトに絞ると、興味ある業界・職種の良い求人が見つからない可能性があります。なので、複数の転職サイトに登録する方が絶対に良いです。

しばらくすると、スカウトメールというものが届きます。企業の採用担当者が、あなたの経歴をチェックして、面接したいと思ったらスカウトメールを送ります。

スカウトだなんて立派な名前ですが、これには注意が必要です。なぜなら、ブラック企業の可能性が濃厚だから。

私自身も過去のブラック企業で採用した経験があるので裏事情を話すと、ブラック企業は人が集まっても、すぐ辞めていきます。こうなると、手あたり次第にスカウトメールを送るしかなくなるのです。

あたかも、あなただけに送ってるんですよ的な感じで・・・
ですので、スカウトメールをもらったからといって、舞い上って何も考えずに面接の依頼を受けるのは危険です。

仮に面接を受けたとしても、面接の時点でおかしいと感じたら必ず辞退しましょう。特に営業職に関しては、このような傾向が強くあります

転職サイト編:1ページ目の求人にはご用心


転職サイトはたくさんの求人を好きなように応募できるのが利点です。エリアや業種、職種・年収の希望など様々な条件をしぼったときに、かなりの件数がヒットすることでしょう。ここで、1ページ目にでてくる企業は要注意です。

求人サイトの仕組みは、高い掲載料を払えば払うほど1ページ目にでてくるようになっているので、一見自分にあった求人のように思えて、ブラック企業という罠が仕掛けられています。

ブラック企業は、人が足りないがお金はあります。そのぶん、求人費用にあてるので常に1ページ目に出現してきます。

もし気になった求人が上位表示されている時は2週間~1ヶ月ほど求人サイトをチェックしましょう。それでも、同じように求人が上位掲載されている場合は、絶対に応募しないのが1番です

スポンサードリンク

転職エージェントを活用するのが1番安全!


私がおすすめしているのは、転職エージェントを使うことです。転職エージェントというのは、無料で転職活動を手伝ってくれます

ハローワークの職員はただの流れ作業ですが、転職エージェントは違います。企業から紹介料をもらって運営していますから、力の入れようが凄いです。

転職エージェントを利用する際は、電話面談ではなく、必ず対面で面談をしてください。相手も人間ですので顔がわからない求職者には、あまり前向きに仕事を紹介してくれないことが多いです。

面談が終わりましたら、転職エージェントがあなたにあった求人を紹介してくれます。その他にも、履歴書や職務経歴書の添削や、面接の練習もしてくれます。それだけでも使うメリットはあります。

私は転職エージェントを活用したからこそ、転職成功できた!


私ホワイト企業に転職できたのは、面談時にブラック企業を紹介しないでほしいと転職エージェントに伝えたらその通りにしてくれたからです。さらに、企業側に年収の交渉をしてくれました泣

この2点は、自分では中々どうするにもできなかったので、非常にありがたいサービスでした。年収交渉するにはとても勇気がいりますし、タイミングをみつけるのが非常に難しいです。それを転職エージェントが代わりにやってくれるわけなので、もう感謝しかありません…!

現職によって活用すべき転職サービスは異なります。各業界・年代ごとにおすすめの転職エージェントを載せたので、是非ご活用下さい!

◯正社員・契約社員は「リクルートエージェント」がおすすめ!

◯派遣の方は「マイナビスタッフ」がおすすめ!

◯第二新卒は「第二新卒エージェントneo」がおすすめ!

◯フリーター・既卒は「ハタラクティブ」がおすすめ!

私は転職エージェントを利用してホワイト企業に入社し、年収も100万円アップすることができました

ホワイト企業を探すなら、絶対に転職エージェントを活用しよう!

まとめ

ブラック企業に転職してしまったら、毎日が怖いですし地獄の日々が繰り返されます

かといって、今の仕事が本当につらいと思ったら、我慢して続ける必要はありません。転職することで、新しい未来が待っているのを忘れないでください。私も、超ブラック企業からホワイト企業に転職することができました。

当時は、多忙でなおかつ上司からのパワハラで思考が停止してしまい、辞めたくても辞めれない暗示にかかっていました。

でも、このまま数十年、ここで働くのはどうだろう…?
と考えるようになり、転職活動をはじめました。

正直またこのような会社に当たったらどうしようと、不安で仕方がなかったです。しかし、事前にブラック企業の調査をしたことで、ホワイト企業への転職に成功できました

皆さんも、ホワイト企業へ転職するためには、しっかりと事前調査をすれば大丈夫です。転職エージェントを活用すれば、より確かなものになります。皆様が転職で成功できること、ご応援しております!

ブラック企業を辞めるには?辞め方は?ブラック企業から転職した私が徹底的に解説する

スポンサードリンク