ブラック企業を辞めるには?辞め方は?ブラック企業から転職した私が徹底的に解説する

ブラック企業から早く転職したいけど、そもそも退職できるのかな…
と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

ブラック企業に入社してしまうと、1分1秒でもはやく、辞めたいですよね。でも、ブラック企業って辞めづらいイメージもありますし、上司や先輩なんかに相談なんかも難しいことでしょう

そこで今回はブラック企業を実際に退職した私が、ブラック企業の辞め方をご紹介します!是非、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

ブラック企業を辞めるのは難しい?


ブラック企業から簡単に抜け出すことができれば、誰も苦労はしません。ブラック企業に入社してしまうと、よく洗脳されてしまいます

先輩や上司からの上からの圧力が常にかかっていたり

今やめてもどこも通用しないよ?
と脅されたりと、ブラック企業は辞めづらい環境であることは言うまでもありません。

すると、殆ど人は、辞めるに辞めれなくなってしまいます上司や先輩が怖くて、退職の意志を示せずに、日にちだけがずるずる伸びてしまいます

精神的に限界がきて、最後の余力で退職届をだしたとしても、受理されないことだってあります。悪質な企業に関していえば、退職届を破られたりすることがあるので、ブラック企業から抜け出すのが困難な状況になってしまうのです。

結果的に、精神の限界をギリギリ保ちながら、低パフォーマンスで仕事をし、ブラック企業を抜け出せない悪循環ができやすいです。

スポンサードリンク

無駄退職は絶対にダメ!


1番やってはいけない退職方法を選ぶ人が急増しています。それが、無断退職です。「飛ぶ」とか「飛んだ」など言われています。

ブラック企業で退職したくなるとき

わざわざ上司に相談してボロクソいわれるくらいなら飛ぼう
という心理が働くので気持ちはわかります。

しかし、飛ぶという選択肢はやめましょう。他の人に迷惑がかかるだけでなく、最終的に個人情報で特定されているので、他の会社に転職する時などに支障がでます。

なので飛びたくても、踏ん張って下さい

ブラック企業を辞める最初の一歩


会社を辞める方法は、ただ1つです。退職をしたい場合は、直属の上司であったり人事部に相談することです。そして最低でも、退職したい1か月前に伝えることが必要です。

なぜなら、人によっては引継ぎがあったり、会社としても手続きがあるからです。

そして、辞めたいという気持ちが強くあるからこそ、真剣に先輩や上司に相談してみましょう。「なぜ退職したいのか」しっかり話すことが肝心です。内容によっては、労働環境を変えてくれることもあります。

それでも、改善されないようであれば再度、退職の意志を示しましょう。その時に、退職届(退職したい日付も記入)を一緒にだすことが重要です。「退職願」ではありませんよ!

  • 退職願:「退職を考えています」という意思表示で退職の撤回可能
  • 退職届:「何をいわれようが辞める決心はついている」という意志表示で撤回不可

「退職願」だと、周りの人達が説得にかかるので、変にこじれてしまうことがあります。なので、最初から「退職届」を出した方が手っ取り早いです

仮に

退職はだめだ
と脅されても、諦めないことです。そもそも法律で「退職を阻止する権限は会社にないこと」が定められています。そんな時は
では、市が経営する労働センターに相談します
といえば一瞬で黙ります。

もしピンチになった時の切り札として、持っておいて下さい!

ブラック企業の退職時期


ブラック企業に入社してしまったからには、1日でも早く退職を決意しましょう。

短期間で離職してしまうと、次の転職活動に支障をきたすのではないかと必ず心配されます。私自身も同じような心配がありました。なぜなら、数か月で辞めてしまったことが何度もあったからです

でも、短い期間でも仕事は仕事です。その経験を、しっかり面接で伝えることさえできれば問題ありません

ブラック企業は、ストレスフルで毎日毎日、長時間働くものです。いずれは体調を壊してしまいます。特に精神病になると、治すのにも数か月~数年かかる場合もあります。健康を犠牲にしてまで働く意味はありません。すぐに辞めて転職活動をするほうが絶対に幸せです

転職活動は苦労するものですが、自分を信じて転職活動をしてください。

スポンサードリンク

転職活動を始めよう


辞めたいと思ったら、次の行動をしなくてはなりません。それが転職活動です。これを1日でも早い段階でやらないと、無職期間がのび、無収入で過ごすことになります。

本来であれば、在職中にするのがベストですが、ブラック企業に勤めていると、そんな余裕すらないことが殆どです。なので、転職サイトで求人をチェックする等、自分の力だけで転職活動するのは大変です。

ブラック企業から転職するのなら、できる限り転職エージェントに無料登録して活用することをおすすめします。理由はこちら

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる

現職によって活用すべき転職サービスは異なります。各業界・年代ごとにおすすめの転職エージェントを載せたので、是非ご活用下さい!

◯正社員・契約社員は「リクルートエージェント」がおすすめ!

◯派遣の方は「マイナビスタッフ」がおすすめ!

◯第二新卒は「第二新卒エージェントneo」がおすすめ!

◯フリーター・既卒は「ハタラクティブ」がおすすめ!

転職先の口コミを必ずチェックしよう


何だかんだで、企業から提供された情報よりも実際に働いている社員の口コミの方がリアルで説得力があります。特に退職した方々の口コミには、退職理由と直結するのでリアルな企業の一面がわかります

なので、情報弱者となってブラック企業に転職することを避けるためにも、社員の口コミが詰まったサイトは一度確認すべきです。特にオススメなのは「キャリコネ」です。理由はこちら!

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる

登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

ブラック企業を辞めたことが決まったら…


きっと、皆さんも退職するまで、苦しい毎日を過ごしていたに違いありません。退職できたその日から、まさに牢屋からでれたような感覚になります。すがすがしくもあり、自由にもなれます。

次の職場が決まっていてもいなくても、1か月くらいは休んでください。

いままで精神的にも肉体的にも、追いやられていると思います。全てをリセットして、ココロもカラダも綺麗な状態で次へ進んでくださいね

まとめ

何度も強調しますが、いくら退職しにくい環境でも、「飛ぶ」という選択肢はやめてください。一度、飛んでしまうと、取り返しのつかないことになります。

いくら嫌いな会社だからとはいえ、しっかりした手順で退職しましょう。それが社会人としてのマナーです。

勇気がいるでしょうが、思い切った一歩が踏み出せることを陰ながら応援しております

スポンサードリンク