未経験でも外資系に転職できる?外資担当の転職エージェントが全て話してみる

外資系企業に興味があるけど実際はどのような会社なのか分からないし不安…

と悩んでいる方は多いのではないでしょううか。特にこれまで日系企業にお勤めであれば尚更のことでしょう。外資系企業の場合は英語力や即戦力を求められる傾向が強いと感じられる方も多いかもしれません。

確かにスキルを重視している外資系企業があるのは事実ですが、一方でポテンシャルを重視した未経験者求人もあります。そのため英語力や経験面で不安をお持ちであっても諦めることはまだ早いです!

今回は、外資系企業の紹介を主とする転職エージェントの私が、未経験の方が外資系企業へ転職する可能性についてお話させて頂きます!

スポンサードリンク

未経験者を募集する外資の目的


外資系企業の目的は、日系企業に従事されていた方を採用することで日本への市場参入の方法・手段を学び、日本国内での売上拡大するためです。

外資系企業の多くは、日本国内の日系企業を顧客としているので、日本というローカルな市場に熟知している人材も求めているのです。

そのため、外資系での経験がなくても日本国内で新規事業に携わっていた方、技術に関わる専門性をお持ちの方など、多くの方が十分にアピールできる可能性があります。

新卒採用に関していえば、日系企業に比べ外資系企業へ応募する学生が圧倒的に少ないため、若年層の人員確保ができていない外資系企業は多いです。なので、そのような外資系企業は中途採用を積極的に行うことで組織の維持に努めています

その結果、未経験の方でも外資の求人は存在し、活躍できるフィールドがあるのです!

未経験でも、実力主義の世界で戦える!?

未経験であっても同業界の経験者や異業種でもMVPなど実績を出した方・やる気に満ち溢れた方はチャレンジする価値・戦える可能性は十分にあります

実力を鍛えさせすれば、十分に戦えます。最初は苦労するかもしれませんが、外資という実力主義の環境がその人のポテンシャルを開花させることはよくある話です。

「常に自身のキャリアを見直しながら、将来自分はどのようなスキルを身に付けて、社会で通用する人間になるか」否応なく意識して研鑽していくため、自然と戦える人材に変貌していきます。

なので、やる気さえあれば、少なくとも1年後には十分戦えるようになっています。

未経験者向けの求人は少ない?


外資系企業は即戦力を求めるため、未経験の求人は少ないのではないか?と不安になられるかもしれません。しかし業界によっては未経験でも積極的に採用を行う分野が2つあります。

  1. 製薬業界(MR)
  2. 生命保険

まず1つ目は製薬業界です。今後、高齢化社会を迎えるため、市場も拡大し競争が激しくなるため優秀な人材を常に求めています。そのため、未経験者を対象とした中途採用を積極的に募集しています。

また、高齢化社会に伴って、生命保険の業界もホットです。特に営業職は未経験でも大歓迎な職種です。人との信頼関係を構築して目に見えない安心という商品を販売するため、保険の知識以上に人から信頼を勝ち取れる人物であることが求められるからです。

このような業界・職種は未経験でも積極的に採用を行っています。

語学力はやっぱり必要なの…?


外資系企業の場合、本社が海外にあるためポジションによっては語学力を期待されていることは事実です。実際に面接も英語で実施されることもあります。

しかし、英語が出来ないないから転職は無理だと諦めるのは非常にもったいないことです。語学に自信がない方でも専門的な経験や実力があれば

業務遂行には支障がない

と先方で判断され、転職されるケースを数多く目の当たりしました

私も転職希望者に対し

今は語学力について実力が不足しているが、入社後に研鑽してようPRすること!

と前向きなアピールをするよう面接時に指導をしています。

なので、語学力の有無だけで外資を敬遠しすぎる必要はありません

未経験でも積極的に応募してみよう!

外資系の場合、本社が海外にあるため日本のような外国でのビジネス立ち上げにはリスクが伴います。そのリスクを回避するためにも日本で優秀な人材を確保する必要があり、同業界の日系企業よりも魅力的な年収を提示することで人材確保に努めています

自分の裁量を充分に発揮したいという方には、外資への転職は大きなチャンスになります

そのため、興味ある方は未経験であっても外資系に興味があれば、臆せず積極的にチャレンジして求人応募することをおすすめします!
外資系はその積極性を受け入れてくれる土壌が大いにあります。

最後に

未経験者であっても求人によっては、外資系企業への転職は十分に可能です。なぜなら、未経験者の求人では「これから何が出来そうか」というポテンシャルに注目している部分が大きいからです。

初めて外資系企業へ転職を行う場合、外資特有の社風や仕事の進め方、人事制度など戸惑う場面もあるかもしれません。その時は転職エージェントに登録することで、予め情報収集されることをおすすめします

その上で、自身が外資系企業のやり方にマッチすると感じる方であれば入社後も問題はないでしょう。外資への転職に興味がある方は、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク