転職活動は何社に応募するのが理想?求人の応募数について解説してみる

精神的にも肉体的にも負担のかかる転職活動は、出来る限り短期間で終わらせたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

ここでは、転職活動で理想となる応募数を人材業界に勤める私が解説していきます。

スポンサードリンク

出来る限り多く応募したほうが良い!


率直に申し上げると、「何社受ければ良いか」という質問自体がナンセンスです。

1社受けて、1社面接をして、1社内定をもらって入社…それが一番面倒ごとが少なく楽な進め方かもしれません。しかし、他の可能性を潰してしまっているとも言えます。

もっと条件の良い会社が他にあったかもしれません。もっと適性のある会社が他にあったかもしれません。求人票だけでわかることは限られており、文字情報だけで理解した気になるのは危険です。

求人票だけ見ると志望度は低かったけれど、実際に面接で社員の方に会ったら気持ちが変わったという話は本当によく聞きます。また、他の会社を見ていないと今内定をもらっているその会社を比較できません。

現職と比べて良い環境かもしれませんが、さらに良い環境の会社があるかもしれません。それは、多くの会社に実際に応募してみなければわからないことです。だからこそ、後悔をしない転職をするために、なるべく多くの会社に応募をしてみた方が良いのです。

不採用が増えても、ポジティブに考えること

多く応募してみても、その分多くお見送りになる可能性はあります。

全然ダメじゃん…

と落ち込む気持ちもわかります。しかし、お見送りになった会社、書類選考通過した会社の傾向を見ることで、自分の適性が徐々にわかってくるとポジティブに受け止めて欲しいです。

求人に応募して合格する/お見送りになる、面接をして合格する/お見送りになる…この繰り返しがまた自分の人生を考えるきっかけになります。

第二新卒であれば、異業界・異業種への転職が他年齢の方よりも容易です。是非自分の可能性を狭めないでください。

応募したい企業が見つからない時の対処法

できる限り応募をしろ
気になる求人が無いから応募できない!

という方は多いでしょう。

そんな時は、自分自身のことをもう少し掘り下げて考えてみて下さい。例えば、以下のポイントを思い出してみましょう。

  • 今までを振り返ってみて何をしている時に楽しいと感じましたか?
  • やりがいを感じましたか?

その回答が「アルバイト」なのであれば、どのような作業をしている時に楽しい・やりがいがあると感じましたか?

友達と遊んでいるのが一番楽しかったという方であれば、どのような遊びをしている時が楽しかったですか?

友達といるときの自分の立ち位置は何でしょう?皆をまとめるリーダータイプですか?

皆を楽しませるムードメーカータイプですか?

やるときはやる縁の下の力持ちタイプですか?

みんながやりたがらないことを率先してやり、感謝されるのが好きなタイプですか?

自分がどういう人間かを理解すると、どんな仕事が合っているのか見えてきます。なので、自己分析は徹底的にやって頂くことが、「どの企業に行きたいのか」知るきっかけになります。

スポンサードリンク

※転職の診断ツールは絶対に活用しよう


自己の強みを知ってはいるものの

本当に自分の強みはこれなのかな…他にもあるかも…?
と腑に落ちない人も多いと思います。

そんな時は、転職サイトで無料で活用できる自己診断ツールを活用しましょう!メリットはこちら

リクナビNEXTのメリット

  • 今まで気づかなかった自己の強みを知るきっかけになる
  • 客観的な診断によって、自己の強みに納得できる
  • 数分でできるお手軽な無料サービスなのに、精度が抜群に高い!

私のおすすめは転職サイト「リクナビNEXT」のグッドポイント診断です。自己の強みをウヤムヤにして自己PRをまとめても、納得のいくものはできません無料ですし、簡単に自己分析できるので使わないと損です

是非「グッドポイント診断」をお試し下さい。

企業分析が疎かならないようにすること

ただし注意すべきことは、自分を理解するだけでなく仕事についても詳しくならなければ、マッチングが出来ないことです。

仕事について以下3つのポイントを理解する必要があります。

  • どんなやりがいを感じることができるのか
  • どんなスキルが必要なのか
  • どんな人に向いているのか

いろいろな求人を見て、仕事を理解して、自分に合った求人を見つける努力することが大切です。

それでも見つからない場合は、今興味のある求人で良い結果が得られるよう、面接の対策などをした上で選考を進めれば良いでしょう。それもまた一つの転職活動の進め方です。

転職エージェントを活用するのも1つの手段


転職したいという気持ちは確実にあるけれども、どうしても中々応募が進まない…
人もいらっしゃるでしょう。

そういう場合は、転職エージェントを利用して人任せにしてしまうのも有効な方法です。

最初に履歴書・職務経歴書の作成という手間はありますが、あとは転職エージェントから紹介してもらった求人に「応募する」「応募しない」を回答するだけで粛々と選考を進めてもらえます。

その時に、担当のエージェントへ「自分の適性をじっくりと探りたいから、幅広く紹介してください」と伝えましょう。そうすれば、今までの経験や志向性に応じて幅広く求人を紹介してもらえます。

複数社の面接の調整なども行ってくれるので、スケジュール調整も気にせず、自分の将来について考える時間を多く設けることができるので一石二鳥です。

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、是非ともご活用下さい。

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

まとめ

転職活動は可能性が無限に開かれた状態です。だからこそ、変に間口を狭める必要は無く、気になった求人には片っ端から応募していく方が後悔の無い転職活動ができるでしょう

書類選考通過・不通過の傾向からも自分の適性、強み・弱みも見えてきますし、転職後の人生にとってもプラスになります。

是非とも興味ある企業の求人に応募してみて下さい。

スポンサードリンク