会社・仕事を辞めるのが不安…勇気が出ない…そんな社会人へエールを贈ってみる

今ある会社を辞めたいけど、中々勇気がでない…

誰しも会社を辞めるという決断はなかなかしづらいものです。

まだ入社歴浅い人は、自分の根性が無いせいなのではないかと自信を無くしたり、短期離職をしてしまっては次の転職先はなかなか見つからないのではないかと不安になってしまうこともあるでしょう。

また、現時点で在職中企業に長くお勤めの方にとっては

転職をして新しい環境に馴染めるかどうか…残留すべきなんじゃないか…

と色んな想いを抱くことでしょう。私は人材業界に勤めておりますが、現職に不満をお持ちであったとしても、必ずしも転職が最善の方法だとは思っておりません

しかし、転職をすることで道が開けることもあります。勇気がなかなか出なくて一歩が踏み出せない人へ、私の今までの経験から僭越ながらアドバイスさせていただきたいと思います。

スポンサードリンク

自分の納得のいく人生を生きましょう


様々な事情で転職に踏み切れない方は多いでしょう。最近は転職も一般的になってきましたが、まだまだ1社を定年まで勤めあげる美学を語る方もいます。

しかし、定年まであと何十年、悶々とした気持ちで今の仕事をしていきたいですか?

周りに振り回されない

「今の会社を辞める」ことを公表すると、周りの方から“良かれと思って”いろいろなアドバイスを頂くことになり、決断が揺らぐ方も多くいます。しかし、必ずしも後押しのアドバイスとは限りません。

「転職は簡単なものじゃない」といった厳しいご意見や、「今まで現職で頑張ってきたのにもったいない」といった現職に残ることを勧めるご意見、さらには

辞められると他の社員にしわ寄せが来るから困る!

といった同僚などからの意見など、たくさん想像できます。

全て一理ある意見ではあるので、しっかりと受け止める必要はあります。ただ、その意見に流される必要は全くありません

貴方が「生きたい人生」を理解している人は貴方以外いません。皆、自分の価値基準でアドバイスをしているのであって、貴方の価値基準とは異なります

頂いた意見がしっくりと来て、退職を思いとどまるという選択肢ももちろんありです。ただ、全て鵜呑みにして自分の生きたい人生から逸れていかないように気を付けていただきたいです。

やりたいことをやろう

また、定年まで何十年の間、やりたいことをやるのと、やりたくないことをやるの、どちらが良いかと問われた際に後者を選ぶ人は恐らくいないでしょう。人生は一度きりです。

我慢して人生を浪費するのではなく、本当にやりたいことが見つけられたのであれば、その道を進んでもらいたいと私は思います。「本当にやりたいこと」を見つけられる人はあまり多くないです。見つけれた人はそれだけで他の人よりも一歩リードしていると考えて良いでしょう。

ただし、やりたいことについて、ろくに調べもせずに見切り発車で退職をすることはやめてください。

なりたい自分になる為に何をするべきかをしっかりと理解してから、新しい人生の一歩を踏み出して頂ければ悔いは絶対にないと断言できます。

スポンサードリンク

一歩を踏み出せない方へ


とはいえ、新しい環境に飛び込むのはかなり勇気のいることです。一歩を踏み出すだけとはいっても、その一歩がかなり難しい…。そんな勇気が出ない貴方へ、私の過去の経験などからアドバイスさせていただきます。

その一歩が無いと何も変わらない

これは厳しいお話にはなりますが、一歩を踏み出さなければ今のまま変わることがないので楽でしょう

しかし、貴方の求める人生に近づくことはありません。私も、新卒で入社した会社を1年未満で退職し、現在の会社に就職しました。退職をするときには、短期離職ということもあり

次の転職先がなかなか見つからないのではないか…

と不安にもなりました。

転職活動なんてしたことがなかったので、どのように進めたらよいのかもよくわかりませんでした。

一般的には次の転職先を見つけてから退職交渉を進めるものですが、私の場合は先に退職を決め、その後転職活動を開始しましたので、尚更不安は大きかったです。しかし、今は自分の本当にやりたいと思える仕事に就くことができました。

やりたいことをやりたいだけやれているのは、あの時不安は大きかったものの、退職という大きな決断をし一歩を踏み出したからこそだと思っています。

人生好転した人もたくさんいます

私が転職の支援をした方の中にも、一歩を踏み出して人生が変わった方はたくさんいます。例えば、20代前半、勤め先の建築会社では規模も小さく扱える物件も限られており上流工程に携わることが出来ない方がいました。

第二新卒で短期離職にはなってしまうものの、仕事の規模が大きく上流工程にも携われる会社への転職を希望し、見事に建築系の上場会社への転職を果たしました

また、30代半ばの士業の方などは、もっと専門的な仕事がしたいものの今の会社では出来ない為、他県にはなるもののより専門的な仕事に従事させてもらえる事務所に転職をされました。

知り合いはあまりいない環境に身を置くことになってしまったものの、事務所の方々も大変良くしてくださり、やりたい仕事も出来て満足されているとおっしゃられていました

2人目の例の方などは転居を伴うということでかなり迷われておりましたが、結果的にはやりたいことをやれる環境に身を置くことが出来、転職をして良かったとおっしゃられておりました

転職が不安かもしれませんが、あの時転職して良かった…!と思っている方はたくさんいるのです

家族に反対されたとしても


よく聞く話の一つに、自分近い家族に反対されて転職を諦めた、というものがあります。一家の大黒柱が突然夢を追いかけて薄給の会社に転職をするなんて言い始めたら、「現実を見て!」と説教をされるかもしれません。

家族ととことん話し合って諦めるのであれば良いのですが、ちょっと反対されただけですぐに諦めてしまう人が多いように思います。

ちゃんと家族に自分の思いのたけを伝えましたか
家族が反対するであろうポイントを事前に推測し、そのポイントを払しょくできるような情報を集める努力をしましたか?

中途半端の話し合いは、後々後悔します。「あの時ああしておけばよかった」なんて思ってほしくありません。家族への説得も全力で行うべきです。

それでも不安な方へ

「最初の一歩の踏み出し方がわからない」「やっぱり不安が大きい」という方は、その選択が正しいのかどうかプロに聞いてみるのも一つの方法でしょう。人材紹介会社でカウンセリングでありのままの気持ちを伝えていただければ、一つ一つ不安を払しょくする情報をくれます。

どうしても不安が大きい場合は、プロの意見も是非聞いてみましょう。家族への説得の仕方などもアドバイスもらえるのでオススメです。

無料ですので、転職すべきかどうか気になる方は私イチオシの転職エージェント「リクルートエージェント」をお試し頂ければと思います。

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

仕事・会社を辞めるのは甘え?悪いこと?別に逃げじゃないよって話

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

スポンサードリンク