【既卒】受かりやすい狙い目の企業は?大手は無理?経験者が正直に話そうと思う

大学を卒業した既卒者は、職歴がないせいか「就職先が限られている」なんて思っていませんか?確かに、既卒就活は新卒就活よりも難しいと言われているため、大手企業になんて就職できないと思いがちですよね

しかし、既卒者だとしても受かりやすい狙い目の就職先がたくさんあります。大手企業に入社できる可能性だってあるのです!

※既卒におすすめの就活サービスが今すぐみたい方はこちらをチェック!

スポンサードリンク

そもそも、既卒者でも大手企業に入社することはできる?

新卒者と同じように、大手への就職を目指す既卒者も少なくありません。大手企業はベンチャー企業や中小企業よりも歴史があり、安定したイメージが強く、教育制度がしっかりしている、といった印象を持つ人も多くいます。

給与も高水準なので、多くの人は

入れるなら大手企業に行きたい!
と思うのではないでしょうか。

さらに、新卒で大手企業に入社すると転職時に強いという風潮もあるので、中小企業よりも高みを目指す人も大多数存在するわけです。もちろん、大手企業を目指すこと自体が悪いことではありません。むしろ目標を持つことはとても良いことです。

しかし、問題は既卒者であるということ。既卒者は新卒者に比べても就職しにくいと言われているため、大手企業に入れるのかどうか不安に思う方もいるのではないでしょうか

大手企業への就職は狭き門

数年前、私が既卒で就職活動を行っている時、一般的な求人サイトでは大手企業の募集を見かけることはありませんでした

時期的な問題もあるかもしれませんが、大手企業は新卒採用に力を入れているので、既卒者や第二新卒者の採用は二の次になっているのが現実です

また、既卒者は転職者のようにスキルがあるわけではないので、即戦力として採用されにくい傾向にあります。大手企業の中には既卒者の採用に取り組んでいるところもあるかもしれませんが、やはり人気が高い分、かなり狭き門と言えるでしょう

既卒として大手を目指すと、長期化する可能性が高い


私が既卒者として就活を行なっているとき、たまたま私と同じような境遇で既卒就活を行っている友人がいました。友人の場合、新卒で就職したものの、就職先に不満を持ち、入社してからすぐに転職活動を始めた類です。いわゆる第二新卒としての大手企業への就職を目指していたのです。

友人の場合、学歴もよく語学も堪能でしたので、大手企業の枠さえ空いていれば、すぐに就職先が決まると思っていました

しかし、私たちが既卒就活を行なっている当時は既卒や第二新卒を募集する大手企業は少なく、友人もなかなか就職先が決まりませんでした。それからやっとのことで目指していた企業の応募があり、友人は大手への就職を成功させましたが、就職活動を始めてから1年近く経っていました

やはり多くの人が大手企業への就職を希望するので、既卒者の枠が空いたとしてもかなり高難度です。そのため既卒者として大企業を目指すのであれば、就活の長期化を覚悟する必要があるでしょう

スポンサードリンク

効果的なアピール方法を考えれば就職できる可能性あり!

最近では大手企業や有名企業も既卒者の採用に力を入れるようになり、求人も公開されていることが多くなってきました

例えば、自動車メーカー、電機メーカー、食料・飲料メーカー、製薬メーカー、金属・重工メーカーなどなど。メーカー系の大手企業が意外と既卒者・第二新卒者を募集しているので、タイミングさえ合えば就職できる可能性はあると言えるでしょう。

もちろんネームバリューがある分、倍率も高くなるので、採用されるためには自分の魅力を最大限に伝える必要があります。新卒時とは違ったアピール方法で選考を突破していかなくてはなりません。そのため大手企業への就職を目指しているのであれば、しっかりと自己分析を行い、充実した自己PR、魅力的な志望動機を作成するようにしましょう。

もしも

自分一人では不安…

と思っているのであれば、プロのサポートを受けるのも一つの手といえるでしょう

※既卒就活のサポートを受けるなら「就職shop」を使おう

既卒で、こんな悩みを持つ方に「就職shop」をおすすめしたいです。

  • ホワイト企業の既卒求人を探したい…
  • 企業の選び方が分からない…
  • そもそも、既卒の就活がわからない…

「就職shop」は専任の就活アドバイザーが親身に相談にのってくれ、最適なキャリアプランを導き出してくれます。二人三脚だからこそ、一人ひとりに合った自己PRや志望動機の作成もサポートしてくれるので、就活対策も万全になります

さらに掲載されている求人は、実際にスタッフが訪問してチェックを通過した会社ばかりなので、ブラック企業に引っかかる心配はありません就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います

またアフターフォロワーもしっかりしています。入社後もアドバイザーが悩み相談に乗ってくれる丁寧さ…!無料なのにも関わらず、内定後にも手厚いサポートを受けられるのは「就職shop」だけです。

就活そのものが不安な既卒就活生は、「就職shop」を是非ご活用してみて下さい!

既卒が就職しやすい狙い目の企業・業界とは?

既卒者の中には

大手企業に入社したいわけではないけど、就職しやすいところに入りたい

と思っている人もいるかもしれません。そこで、私が既卒就活を行なっていたときに狙い目だと感じた受かりやすい企業や業界を紹介します!是非、参考にしてみてください。

狙い目 その1:IT企業


1つ目の狙い目はIT企業です。20代の既卒世代は、情報社会に精通しており、日頃からインターネットと密接した生活を送っています。そのため他の業界よりも馴染みやすく、同世代の社員も多いので、社会人経験のない既卒者でも順応しやすいと言えるでしょう。

また、日々進化し続けるIT企業の多くは人手不足に陥っているため、採用されやすく、就職先としては狙いやすいです。

実際に大手求人サイトで検索しても、かなりの確率でIT系企業がヒットします。私が就活を行なっていたときも、条件の良いIT企業の求人が多数公開されていました

一見、IT系は労働時間が長く、離職率が高いイメージを持たれがちですが、業界自体まだ発展途中です。IT系企業のすべてがブラック企業というわけでもなく、きちんと働きやすい環境を整えている会社もあるので、見極めて狙っていくとよいでしょう!

狙い目 その2:中小企業


2つ目の狙い目は中小企業です。中小企業は、企業全体のおよそ9割を占めていますが、人手不足に悩んでいる会社も多くあります。なぜ人手不足かというと、大手=安定という印象を持っている人が多いため大手企業に人が流れてしまい、中小企業は人材を確保しにくい状況にあるからです。

しかし、中小企業は大手企業にはない魅力を持っています

まず、中小企業は規模が小さいので経営者との距離が近く、やりがいを感じながら働くことができます。大手企業だと、経営陣との距離が遠く、仕事をしているのか作業をしているのか分からなくなるときがあります

その点、中小企業は上に話が通りやすいので、働きがいがあります大手企業だからといって、未来永劫、安定と決まっているわけではありません

そう考えると大手企業に固執する必要なんてないと思いませんか?

狙い目 その3:介護業界


3つ目の狙い目は介護業界です。介護業界への就職は、今回紹介する中でも最も狙い目と言えるでしょう。その理由は明確で、今後、より一層高齢化社会が進んでいくからです。高齢化社会が進むということは、それだけ介護を求める人が増えるということなのです。

介護の職場といえば年配の方が働いている印象を持つかもしれませんが、最近では若者も多く、給与面も充実しているので就職先として選択する人も増えています。さらに給与面だけでなく、休日、福利厚生、正社員雇用など、他の企業よりも働きやすい環境が整っているので好条件といえるでしょう。

※都内の既卒求人を探すなら、「ハタラクティブ」を使うべし

既卒で正社員を目指して関東地方で働きたいなら、「ハタラクティブ」をおすすめします。

「ハタラクティブ」のメリット

  • 40,000人以上を支援し、正社員成功率が80.4%という圧倒的な実績
  • ビジネスマナーから面接のコツまで教えてもらえる親切さ
  • 関東に特化していることで、優良求人が厳選されている

就活サポートが優れているのはもちろん、関東に特化している既卒向けサービスであることから、求人の質も凄いです。また他の既卒サービスが扱っていない求人も大多数あります。おまけに、求人数もトップクラス…!

関東で働きたい!と希望する既卒者は、絶対に「ハタラクティブ」を活用してみることをおすすめします!

就職しやすい会社を狙うコツ


就職しやすい企業・業界を狙うのであれば、正社員雇用であることを前提に考えてください。人手不足の会社ほど就職しやすいということに間違いはありませんが、いくら就職しやすいとは言え、きちんと条件や会社を見極める必要があります。

特に、雇用条件は重要なポイントの一つなので、自分が求める働き方を実現できるかどうか、必ず確認するようにしましょう。就職しやすい狙い目の業界だとしても、ブラック企業は存在します。非正規雇用として採用して人員を埋めようとするケースもあるので、きちんと求人を見極める必要があると言えるでしょう。

また、転職時にスキルを活かせる職業だとなお良いです。社会人になって思うのは、新卒・既卒関係なく、転職する際はスキルや実績などが重要になるということです

日本の企業では基本的に永久雇用が前提となっていますが、もしもあなたが将来的にキャリアアップのために転職を念頭に置いているのであれば、就職先でスキルを身につけておくことをおすすめします

私がいま働いている会社でも様々な経歴を持った人が転職者として入社しています。前職の接客業で身につけたスキルを営業職に活かす、同じ業界で実績を積んで新しい会社で活かすなど、自分にとっての武器(スキル)を身につけることも頭の片隅に残しておくと良いですよ

最後に

既卒の狙い目を紹介してきましたが、自分のしたいことが実現できる会社、自分が働きたいと思った会社に入社するのが一番です。

大手企業を選ばなくても中小企業で身につけられるスキルや実績だってあります。しかし、どこに入社するにしても、魅力的なアピール方法を考えて、効果的に自分を表現する必要があります。もちろん、それは大企業に限ったことではありません

中小企業に入社するときにも役立つことなので、今のうちに効果的な就職活動を進めてみてください!

既卒の就職先はブラックしかない?既卒の就活経験者が実態を暴露する

◯「就職shop」は既卒の相談対応が手厚く、内定率も高い!

◯「ハタラクティブ」は都内の既卒に特化!

スポンサードリンク