既卒の求人の探し方。失敗しない方法を私の経験を基に紹介してみる

既卒者の中には

理想の求人が見つからない…

と大変な思いをしている人もいるのではないでしょうか?

今回は、既卒就活を経験した私が“間違った求人の探し方”と“正しい求人の探し方”を紹介したていきます。実際に活用した方法も紹介するので、効果的に就活をすすめるためにも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

既卒者にとって転職者用のツールは不適切

既卒者が転職サイトを使用するのはNGです。当然ですが、転職サイトが求めてる方は既卒ではありません

私は既卒の当時、求人の探し方が全く分からず、「未経験者 歓迎!」と書かれている求人に応募していました。よくみてみると「転職サイト」からの応募でしたが

私も未経験だし、まあいっか…!

と気楽に考えて、一から十まで転職サイトで応募していました。しかし、結果は通ることなく、ことごとく書類だけで落とされていました。

次に転職サイトのスカウト機能を活用することにしましたが、面接まで行けたのはわずか2社でそた。その時はとりあえず働くことで頭がいっぱいで「受かればいい」と思っていたため、2社のうちの1社から内定をもらい、入社することを決めました。が、入社した会社はブラック企業だったのです

転職サイトで既卒でさえも内定を出す企業はブラック企業しかありません。本当に時間のムダですので、既卒の方は転職サイトを活用しないで下さい

ハローワークで求人を探してもブラックばかり


既卒はハローワークの求人を当てにしない方が絶対に良いです。

無料で掲載できるハローワークの求人には、募集企業が好き勝手に書いた情報が溢れています。そのため優良な求人を探すことが至難の業となります

「残業なし」と記載しておいて月40時間の残業を強いるなどの嘘がまかり通っています。なので、ハローワークで求人を応募することは危険ですので、求人を探す上で避けるべきです。

スポンサードリンク

既卒向けの就活サイトも避けるべき

既卒向けの既卒サイトから求人を探すことはできます。しかし、実は既卒サイトにも、ブラック企業が潜んでいます。なぜなら、既卒サイトは企業からお金を頂いて、求人を掲載しているだけだからです。

お金さえ支払えば求人を自由に載せることができるため、耳障りの良い言葉で既卒者を勧誘する悪質な企業もチラホラあります。少なくとも、既卒サイトは徹底的な企業のチェックをしないので、信頼性が下がります。

なので、既卒サイトでの求人探しはあまりオススメはできません

既卒者は適切なツールを使わないと“ミスマッチ”が起こる


私は転職サイトで求人を応募し、既卒の就活で大失敗しました。

既卒で就活するなら、「既卒を求める優良な求人」に絞って、求人を探さないとミスマッチを起こします。

その結果、働いた後で後悔することになるので、正しい方法で求人を探すべきです。

既卒者は就活エージェントを活用すべき

そこで、おすすめなのが、既卒者は既卒向けの就活エージェントを活用することです。理由はこの3つです。

エージェントを活用すべき理由

  • 事前にエージェントが優良な求人か、確認している
  • エージェントにしか存在しない求人が多数あり
  • エージェントのアドバイスにより、自分に適した求人が見つかる可能性が上がる

既卒にあった求人を探しのは、非常に大変です。ましてや、優良な求人を見つけ出すとなると、途方もない時間と労力がかかります。だからこそ、既卒向けの就活エージェントを頼るべきなのです。

就活エージェントは、就活のプロであり、求人紹介だけでなく職務経歴書の書き方・面接対策など、選考のサポートもしてくれる優れたサービスです

求人も優良な求人を厳選しているので、既卒者も安心して活用できます。

唯一のデメリットは、自分のペースで就活できないことでしょう。ただ、就活のプロがスケジュール管理までしてくれるとなると、怠けることもなく内定まで一直線にいけるので、メリットの方が圧倒的に多いです。

おすすめのエージェント「就職shop」


私のおすすめな既卒エージェントは、「就職shop」です。一人ひとりに合わせた自己PRや志望動機などをプロの就活アドバイザーが書類添削してくれます

就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います。既卒の就職成功者の数も業界でトップクラスなので、信頼もあります。

実際にスタッフが足を運んで、厳しいチェックを通った求人しか掲載していないのも評価できる点です。

既卒で就活エージェントが気になる方は、是非ともご活用してみて下さい!

時間を無駄にする前に求人の探し方を見直してみよう

今ではブラック企業を辞めて時間も経つので、終わったことを悔やんでも仕方がないですが、既卒就活を行なっている時、もっと有効的に求人を探せたのではないかと思います。

特に私の場合、求人の探し方を間違ってしまったので、きちんと既卒者向けのエージェントを活用していれば、ブラック企業に当たることもなく、きちんと自分が希望する会社に入れたのではないかと思います。

既卒者は、社会人経験がなく、会社に勤めたこともないため、“何が普通で、何が間違っているか”を見極めることが難しいかもしれません。就職先がスムーズに決まらないと、焦りが募り、だんだんと余裕がなくなってきます。

すると「とりあえず就職しなくては」と適当に就活を進めてしまい、「この条件でも働ければいいか」と思うようになっていきます

もちろん妥協することが全ての面においてマイナスだとは思いません。ですが、求人の探し方が間違っていることに気がつかないと、理想の自分に近づくまで遠回りすることになってしまいます。既卒の就職活動だからこそ、きちんと適切なツールを使って、求人を見極めていく必要があると言えるのではないでしょうか

最後に

既卒就活は新卒就活よりも大変なことが多くあります。既卒者の中には、「本当に合っているか分からない」「ブラック企業に引っかからないかな…」と不安に思う人もいるのではないでしょうか?

私も既卒就活に不安を抱えていました。実際に働いてみないと会社の環境なんて分からないし、会社の求人と自分の理想が異なっていると、結局入社しても短期間で退職してしまう可能性があります。すると同じことの繰り返しになってしまうかもしれません。

しかし、不安を抱えているからこそ求人の探し方を見直してみてください。今、あなたが探している方法は、果たして正しいのでしょうか?

効果的に進めるためにも、適切なツールを活用して、必要に応じてプロのサポートを受ける方が、効果的に就職活動を進めることができるはずです

既卒で不安…うつ病になりそうな人に経験者がエールを送ってみる

スポンサードリンク