【既卒】就活の方法・やり方・始め方を既卒入社の経験者が全て話そうと思う

華やかな大学生活を終え、就職する人もいれば進学する人もいます。中には就職活動がうまくいかず、在学中に内定をもらえなかった人もいるのではないでしょうか。そして

既卒の就活の方法がわからない…
と嘆く人もいるはずです。

実際、既卒の就活に関する情報は非常に少なく、私も既卒就活していた時にめちゃくちゃ困ったことを今でも覚えています

そこで今回は、既卒就活を経験した私がスムーズに就職活動を進めるためのコツを全て紹介します。是非、既卒の方は参考にしてみてください。

※既卒におすすめの就活サービスが今すぐみたい方はこちらをチェック!

スポンサードリンク

既卒の就活方法を間違えると大変なことに…

新卒者と違い、既卒者は適切な就活方法を間違えると、就職先が決まりにくく、長期化する恐れがあります。新卒の就活のように、1人だけの力で既卒の就活をすると大変なことになります。

そもそも、既卒の就活生は企業側に「新卒で採用されなかったことで一定条件を満たしていない」と思われやすいので、新卒の就活と比べて選考通過が困難になります。書類選考も全く通過できないことも当たり前…。

結果として、自分が求める条件と企業側とでミスマッチが起きるばかりで、なかなか就職先が決まりません。1人で誤った就活をすると、残念ながら就職先は一向に終わりを迎えません。

さらには、ブラック企業に入社する可能性がある

とはいえ、1人で頑張って就活していると、まれに「未経験歓迎」といった募集が存在します。未経験でも採用してくれる求人に片っ端から応募すると、やっとのことで面接まで辿り着く企業もでてきます。

しかし、既卒で未経験を歓迎する求人は誰も保証していないため、嘘の確率も高まり、ブラック企業の行き着くことが頻繁に起こります

就活が長期化して焦りが募ると

とりあえず入社できればいいや…!
と思って、何も考えず内々定を優先してしまう恐れがあります。
入社してみたら、ブラック企業…ちゃんと就活しとけばよかった…
と後悔するハメになります。

そのため、既卒の就活は慎重かつ確実に正しい方法でやらないと、人生真っ暗闇に突入します

ミスマッチを防ぐためのには…?


では、既卒就活でのミスマッチを防ぐためには、一体どうすればいいのでしょうか?

実際に私が既卒就活を経験して思うのは、適切な既卒の就活ツールを活用して、自分にあった就職活動を行うことです。

そもそも、1人で数千社も存在する企業から、優良な既卒の求人を探すのはほぼ不可能です。闇雲に求人に応募しまくっても、受かりにくいという状況に陥ってしまい、最終的に投げやりになって『受かればいいや』という半端な気持ちで、真剣に就職活動できなくなります。

すると、会社を見極めることができず、ブラック企業に入社することになります

一方で、既卒向けの就活サービスを活用すると、以下のメリットがあります。

  • 既卒向けの優良な求人を厳選しているので、就活の手間が省ける
  • 就活対策のサポートが万全
  • 自分に適した求人を探しやすい

本当に活用しないと損なので、既卒向け就活サービスをうまく利用しましょう。しかし既卒向け就活サービスもたくさんありますし、どのように就活方法で活かせばよいか疑問に思う方も多いでしょう

そこで、今から私が心の底からおすすめできる既卒向け就活サービスを活用して、就活する方法を紹介します。

スポンサードリンク

いい就職.comを活用して、既卒向けの求人をチェック!


そもそも、どんな既卒向けの求人があるかわからないから、働きたい企業もイメージできない
と悩んでいる方も多いでしょう。

その場合、色んな既卒向け求人を閲覧することで、「どんな企業に働きたいのか」イメージできます。そこで、おすすめなのが「いい就職.com」の既卒向け就活サイトを活用することです。

正社員の応募求人掲載数は2,000社を超えており、厳選された求人だけが掲載されています。さらに、いい就職.comのスタッフが直接企業へ出向き、規定の基準をクリアしているかチェックした上で、求人の受理を行なっているので信頼度抜群

働きたい企業のイメージを明確にするために、「いい就職.com」に無料登録して、既卒の求人を確認してみましょう。就活のモチベーションアップにも繋がります。

「JAIC」の既卒向け就活説明会に参加して、就活サポートを受けよう


既卒の就活対策の方法が全く知らないと、就活の進めようがありません。そのため、既卒の就活に詳しい専門家から、就活対策の方法を伝授するのが1番手っ取り早くて確実です。

そこでおすすめなのが、既卒者向けの就活説明会に参加することです。中でも、就職成功率80.3%を誇る「JAIC」では、不安を抱える既卒者に向けた就活対策に特化した無料説明会を実施しています。その他にも、こんなメリットがあります。

  • 志望動機や自己PRの書き方の対策方法の紹介
  • 面接時の受け答えなどをサポート
  • 未経験歓迎の優良企業の紹介

就活対策だけでなく、既卒の求人についても安心して働きやすい企業を紹介してくれます。就活の流れと就活の対策方法を習得すると、不安も一気になくなります。就活を本格的に始める人は、まず「JAIC」の無料説明会に参加してみましょう。

スポンサードリンク

既卒用の職務経歴書をまとめよう


既卒就活では、社会人経験がなかったとしても職務経歴書が求められます。この職務経歴書は履歴書とは違い、主に以下のようなポイントが見られています。

  • どのような実務能力があるか
  • 仕事に対する意欲や目的がしっかりしているか
  • 自分が持つ強みを理解しているか
  • 実績・実力が本当に伴っているか

など、今までの実績や経験をアピールし、そこで得たスキルなどをまとめて要約する書類です。

とはいえ、既卒者の中には社会人経験がない方も少なくありません。私も既卒で就活しているときにつまずいたのが、この職務経歴書です。今までアルバイトしかしたことがないので

職務で培った経験なんて何を書けばいいかわからない…
と思っていました。

結局、書き方をインターネットで検索してテンプレートを引用しただけの書類になってしまいましたが、この職務経歴書こそ重要な書類だったのです。

既卒で職歴がなくても職務経歴書は書くべき

“” type=”l icon_black “]書くことがないから提出する意味がないのでは?[/voice] なんて思うかもしれません。

しかし、自分が採用担当者になった場合に置き換えて考えてみてください。応募してきた人の素性を知らない状態で履歴書だけを提出されて、その人がどんな人か、どんなことが得意なのか、どんな経緯で応募したのか、分かりますでしょうか

きっと何も分からないはずです。なので、職務経歴書は職歴がなかったとしても、必ずまとめるべきです。

就職shopで万全な就活サポートを受けよう


とはいえ、いきなり職務経歴書を書けと言われても書けないものです。そんなときは既卒エージェントを活用しましょう。特に、「就職shop」では、一人ひとりに合わせた自己PRや志望動機などをプロの就活アドバイザーが書類添削してくれます

就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います

また書類だけでなく、人事目線で模擬面接を行ってくれるので、より効果的な面接対策を積むことができるのです就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います

さらに、就活アドバイザーが自分の長所を客観的に引き出してくれるので、今まで気がつかなかった自分の魅力が見つけてくれます。自分を効果的にアピールするためにも、きちんと就活のプロに添削を依頼して、クオリティの高い職務経歴書に仕上げてみましょう

最後に

既卒の就活は厳しいです。だからこそ、既卒向けの就活サービスを活用して、効率良く確実に就活を成功させて頂きたいです。でないと、永遠と就活はが終わらず、心身ともに消耗することになります。

既卒者はキャリアがない分、ミスマッチも発生しやすです。そのため、職歴や社会人経験がハンデにならない求人に応募するのがベストでしょう。そしてスキルを身につけて、魅力的な人材になってから、キャリアアップのために転職するのも1つの手です。

既卒の就活生が満足のいく結果に繋がるよう、心より応援しております!

既卒の就活は何とかなる?既卒で就職活動した私が真実を話そうと思う

スポンサードリンク