既卒の就活でやるべきことは?何からする?既卒経験者がガチで紹介していく

既卒者として就職活動を行っていると、様々な困難が立ちはだかります。しかし、その困難の壁を乗り越えると華やかで充実した社会人生活を謳歌することができます。

実際に私も23歳の既卒者として就活を経験しました。今回は、私の経験をもとに本当に既卒者がやるべきことを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

目指す業界・職種を決める

目指す業界や職種を決めることは、既卒就活において重要です。なぜなら、求人に応募した志望動機で「なぜ、この業界で、この職種なのか?」と必ず問われるからです。

もちろん、今すぐに答えを出すことは難しいはずです。なので、素直な気持ちで「自分が将来何になりたいか」「今後、何をしたいか」、ザックリでも良いので考えてみて下さい。

目指す業界が決まっていないなら、自分がなりたい将来像に近づける業界や職種を選択するのが良いでしょう。すると、求人選びで

あの職種もよいし、この業界もよいし…どうすればわからない

と迷いすぎて就活できないことも避けられます。

既卒者向けのエージェントを活用する


自分が目指す業界や職種が決まったら、次に求人を探していきましょう。求人といっても様々な求人サイトが存在するので悩む人もいるかもしれませんが、既卒専用のエージェント会社の利用をおすすめします。理由は4つあります。

既卒エージェントを使うべき理由

  • エージェントしか扱っていない優良求人がある
  • エージェントが求人をチェックしているため、ブラック企業を回避できる
  • 既卒の就活プロがサポートしてくれるので、1人でやるより圧倒的に効率がよい
  • エージェント経由の求人は内々定を取得しやすい

既卒向けのエージェントは無料にも関わらず、内々定までのサポートが素晴らしいです。

既卒の就活、何から始めれべよいかわからない…

という方でも、就活のプロがいることで安心して確実に進めることができます。また優良の求人紹介もしてくれるので、既卒は絶対に活用すべきです。エージェントに登録してから、やっと既卒の就活のスタートといっても過言ではありません

おすすめのエージェント「就職shop」


私のおすすめな既卒エージェントは、「就職shop」です。一人ひとりに合わせた自己PRや志望動機などをプロの就活アドバイザーが書類添削してくれます

就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います。既卒の就職成功者の数も業界でトップクラスなので、信頼もあります。

既卒で就活エージェントが気になる方は、是非ともご活用してみて下さい!

スポンサードリンク

「受かるための策」を練っていく


目指す業界や職種が決まり、良い求人を見つけたらさっそく応募!

といきたいところですが、まずは既卒者として自分の魅力を最大限にアピールするために、選考対策を練っていきましょう。特に重要なのは職務経歴書です

既卒者は社会人を経験したことがないため、職務経歴の代わり、職務経歴書には今までの経験で学んだことや自分の魅力を上手く説明することが求められます。そして、ここで書いた自己PRが面接で質問されるので、具体的なエピソードを論理的に書くことを意識してください

最後に、求人が記載されている「求めている人物像」「企業理念」に、職務経歴書の自己PRがマッチしていれば、面接で受けが良くなるため成功しやすいです。

また、ワンポイントで今後の仕事に活かせることを書くと、より良い職務経歴書になります。

職務経歴書は添削をお願いすること

必要な書類を書き終えたら、第三者に添削してもらうことをおすすめします

社会人の友達や先輩など、就職を成功させた身近な人に添削してもらうと、「客観的に良いのかどうか」わかるので、的確なアドバイスによって、より素晴らしい職務経歴書に仕上がります。

ここまできたら、目指す企業の求人に書類を応募していきます。

※エージェントを活用している方は、エージェントにチェックしてもううのが1番簡単な確実なので、絶対に添削をお願いしましょう。

面接で聞かれることを事前に予想すること

面接まで通過したら、あらかじめ聞かれる質問に答えられるようにしておきましょう。

特に既卒者は「なぜ既卒になったのか」と必ずといっていいほど質問されます。なので、話す内容を整理しておきましょう。

※エージェントを活用している方は面接対策をしてもらえるので、ここで予想質問と回答例を聞くと、内定率が高まります。

まとめ

既卒就活は新卒よりも難易度が高いと言われている通り、上手くいかないこともあるし、大変なことだってあります。しかし、シンプルに考えると案外そんなに難しものではありません

とは言え、既卒者の中には「いくら考えても自己PRが思い浮かばない」「自分にどんな業界・職種が向いているか分からない」なんて人も少なくないでしょう。そんなときはエージェントに相談してみて下さい。親身になって対応してくれます。

是非、既卒の就活を乗り越えて、明るい未来に突き進んで頂ければ幸いです。

【既卒】就活の方法・やり方・始め方を既卒入社の経験者が全て話そうと思う

スポンサードリンク