既卒で不安…うつ病になりそうな人に経験者がエールを送ってみる

既卒で就活していた頃、私は将来が不安で前向きに物事を考えることができませんでした。そんなネガティブモンスターだった私も今では就職し、社会人生活を謳歌することができています

現在、昔の私のように既卒で悩んでいる人もいるかもしれません。そんな既卒者に向けて、私から少しばかりエールを送りたいと思います。

スポンサードリンク

既卒就活がこんなに大変だなんて知らなかった

私の周りの友達は大学卒業とともに社会人としての一歩を踏み出していました。その頃、私は卒業しても就職先も決まらないまま、時給1,000円のアルバイト生活です。

もちろん周りに既卒者なんていません。アルバイト先でも、大学を卒業しても働き続けているのは私だけでした。挙げ句の果てにはバイト先の後輩も本格的に就活を始めて、すでに内定をもらったなんて話も聞きました。

少しずつ肩身も狭くなり、焦りながら就職活動を始めた時、私は23歳…。卒業した当初は

フリーターでもなんとかなる。社員になりたいと思ったら就活すればいいや

と思っていましたが、既卒者の大変さ微塵も理解していませんでした。大学時代、ろくに就活すら行なっていなかったので、何から始めていいか分からず、とりあえず片っ端から求人に応募したことを覚えています

もちろん、すんなり受かるわけもなく、受かったとしても社員ではなくアルバイト採用なんて言われたこともありました。現実はそんなに甘くなかったのです。

チャンスはまだある!私たちは可能性に満ち溢れている


就活が上手くいかないと、新卒就活しなかった自分を責め、既卒だからもう就職すらできないんじゃないか…とも思いました。既卒として過ごす時間が長くなればなるほど自信を無くし、暗い気持ちで眠れない日もありました。しかし、落ち込んでいても時間は過ぎていく一方…。

既卒者だったときの私は、上手くいかないことを全て自分のせいだと思い込み、ついには不安と友達になってしまいました。ですが今になって思うのは、自信がないときだからこそ、明るく前向きに考えた方が物事はうまく運ぶということです

そりゃ、どう明るく考えようとしても既卒は不安なものです。結局は落ち込んでしまうかもしれません。でも当時の私も、今既卒者で悩んでいるあなたも、まだ若く可能性に満ち溢れています

上手くいかなくったって良いじゃないですか。チャンスなんて何度でもあります。何社だって何十社落ちたって、死ぬわけではありません。むしろ、あなたのような“やる気のある魅力的な既卒者を採用しない企業側に見る目がない”のです。

今頑張っている就活を成功させて、不採用の通知を送ってきた企業を見返してやりましょう!

たまにはリラックスして息抜きした方が絶対いい

既卒で不安を抱えていると、精神的にも肉体的にも不健康になってしまいます。当時の私も眠れない日々が続き、極度の緊張で体調を崩してしまうことがありました。しかし、体は大事な資本です。

精神のバランスが保てなくなると体にも影響がでてしまい、場合によってはうつ病になる可能性があります。そうなる前に、日頃から息抜きを心がけてみてください。自分の趣味に没頭するも良し、友達と遊ぶのも良し、リラックスして心を休ませてあげましょう

中には

ずっと就活のことを考えてしまう…

なんて人もいるかもしれません。そんなときは、息抜きするタイミングをあらかじめ決めてみてください。

休息を取るために私が実施したこと

実際に私が心がけてみたことですが、例えば

  • ◯社応募したから今日はここで終わり!
  • いい志望動機を作れたから◯時まで休憩!

のように、“最初から目標を決めて、達成したら休む”と、予定を立てておくのです。

はじめのうちはまだ慣れていないので、就活モードと息抜きモードを切り替えるのが難しいかもしれません。しかし、徐々に慣れてくるといつもよりも集中することができるので、とても効率良く進めることができます

もちろん休みがちになってしまうと、だらけモードに入ってしまうタイプの人もいるでしょう。しかし、そこそこのバランスを保ちながらオンとオフを切り替えてみてください。メリハリをつけて行動する方が意外と良い志望動機ができたり、頭が冴えたりするものですよ

スポンサードリンク

就活の仕方を見直してみると改善につながる


上手くいかないときが続くなら、就活のやり方を見直してみましょう。就職活動とは答えが全て決まっているわけではないので、なかなか攻略するのは難しいものです。なので上手くいかないときこそ、一度、自分の就活方法を振り返ってみましょう

もしかしたら、志望動機が不十分だったり、自己PRが効果的ではないかもしれません。

私の場合、志望動機や自己PRがマンネリ化している時があったので、社会人の先輩に添削してもらったり、企業の求める人物像に近づけた書き方にアレンジしてみました。見直すということを初めから知っていれば、もっとスムーズに就活を進められたのにとも思います。

もちろん書類だけでなく面接が上手くいかないと感じるなら、質問された内容や答えた内容を振り返って、「次はこうしていこう」と対策を立てると良いかもしれません

既卒サービスは役立つ!不安を抱えているからこそ活用すべき


既卒の就職活動は、周りに同じ境遇の友達がいるわけではないので、支えあったり、アドバイスしあったりすることができません。さらに既卒就活はハードルが高く、受かりにくい傾向にあるので、新卒就活の時よりも頑張る必要があります

しかし、一人で頑張っていたって限界があるものです。そんな時は既卒サービスを活用してみてください。就活のプロが徹底的にサポートしてくれるので、一人で進めるよりも効率良く、かつ効果的に就職活動を行うことができます

サポートと聞くと、「無理やり就職先を案内されそう…」「親身になってくれなさそう…」と思う人もいるかもしれませんが、就活のプロがきちんとその人に合った求人を紹介してくれるだけでなく、不安を抱えている既卒者の悩みを親身になって解決へと導いてくれます

さらに志望動機や自己PR、職務経歴書などの書類作成だけでなく、模擬面接まで行ってくれるので、一人でできなかった対策もすることができます。

最も役立った就活サービスは「就職shop」だった!


実際に役立った上で最もおすすめの既卒の就活サービス「就職shop」です!就活の最大手である「リクルート」が運営していることから、安心感が違います

そこら辺の怪しい就活サービスとは比較できないくらい、素晴らしかったです。具体的に良かった点はこちら!

「就職shop」のメリット

  • リクルートが100%取材した企業なので、ブラック企業の心配がない
  • 紹介求人数が既卒向け就活サービスの中でトップクラス!
  • 就活のプロが内定までサポートをしてくれるほど親切

こんな凄いサービスなのに、全て無料で使えます。正直、既卒の就活生は「就職shop」を活用しないと大損です。既卒の方に自信をもって紹介できるサービスなので、既卒で不安を抱えている人は気軽に相談してみてください。

最後に

みなさんも既卒で不安を抱えているかもしれませんが、きっと大丈夫です。だって私が就職できたのですから。何か不安なことがあれば、既卒サービスをご活用下さい。絶対にあなたの力になってくれます。

陰ながら皆さんの就活が成功すること、応援しております。

既卒だと終わり?人生終わったと絶望してる人に経験者がアドバイスしてみる

スポンサードリンク