既卒の就活がやばい。もう無理ゲー…オワタ…と感じている方に考えて欲しい5つのこと

既卒として就職活動をしている人の中には

既卒なんてもう無理ゲー…まじで詰んだ
と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

私も既卒のときに何十社と落ちました。しかし、今では就職を成功させ、一社会人として毎日を過ごしています。

そんな私から、既卒者である今だからこそ考えて欲しいことが5つあります。是非、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

その1:将来の目標をじっくりと考えてみる


既卒の就職活動は長引くことが多々あります。新卒就活のように、既卒就活は一斉にスタートするわけではないので、人によって就職できるまでの期間はまちまちです。短期間で決まる人もいれば、長期化する人もいるわけです。

目標が決まっていれば長期化しても問題ないかもしれません。しかし目標もなく、ずるずると就活を行なって長引いてしまうと貴重な時間を無駄にしてしまう可能性があるのです。

まず、既卒者は就職活動を成功させるためにも、きちんと自分の目指す目標を明確にしてみてください。もちろん人それぞれ目指すところは異なるでしょう。サラリーマンになりたい人もいれば、フリーランスで活躍したいと思っている人もいます。

「みんなと違うかもしれない」「自分は普通の目標しか持てない」と思ってもいいのです。目標はとても大事なことなので、自分の心に素直になって将来について考えてみましょう

その2:目標を実現するために何が必要か考える

既卒就活が順調に進まないと「人生も上手くいかない」と思う人もいるようですが、そうとは決まったわけではありません。就活とはただのスタート地点にしか過ぎないのです。

社会人になれば新卒や既卒なんて関係ありません。大事なのは目標を持って、その目標にむかって進んでいくことです。

例えば私の場合、将来的にライターとしてフリーランスで活躍することが目標だったので、「その夢を実現するためには何が必要なのか、どうすれば良いのか」考えてみました。考えた結果、独学でいきなりフリーランスになるのはかなり難しいと思ったので、まずは経験を積むことにしました

会社に入って一通りどのような仕事をするのかを理解して、スキルを身につけた上でステップアップしていくことを決めたわけです。このように、スタート地点とは自分で決めるものです。

「事務職に就きたいから資格の勉強をする」「クリエイティブな道へ進みたいから、たくさんのことをインプットする」など、今の自分には何が必要か、どうすれば目標を達成できるか考えてみてください

スポンサードリンク

その3:既卒は最後のチャンスだということ


若いうちはたくさんの可能性に満ち溢れています。特に20代の既卒者は様々な可能性を秘めているので、何を始めるにも“始めやすい状況にいる“と言えるでしょう。しかし、30代、40代になると、そう簡単に上手くいきません。

仮に30代までフリーターで過ごして就職を目指しても、採用されにくいという現実があります。既卒者の就活が新卒者に比べて厳しいと言われているのとはわけが違います

何のスキルもなく未経験で働ける職種は限られてしまいますし、思ったほどの収入も望めません。既卒者である今こそ真剣に将来について考えないと、手遅れになってしまう可能性があります

厳しいことを言いますが、「明日やろう」では遅いときがあります。だらだらと毎日を過ごしていると、いつのまにか歳をとってチャンスすら掴むことができません。だからこそ、既卒者は今一度自分が置かれている状況を把握しておきましょう

そして、これが最後のチャンスだと思い、真剣に目標に向かって行動することを心がけるようにしてください。

その4:就職してスキルを取得した後に転職する手段

既卒者の中には大手企業を目指している人もいるのではないでしょうか。最近では大手企業でも既卒や第二新卒の採用に力を入れ始めたので、昔に比べても公開されてる求人が多く見受けられます。実際に私の友人も第二新卒で大手企業への就職を成功させました。

しかし、注意しなければならないことがあります。それは倍率が非常に高いこと。そのため大手企業への就職に固執しすぎると、就職するタイミングを見失ってしまう可能性があります。

もちろん大手企業に入りたいと思っている人からすると、目指す会社に入社できるに越したことはありません。が、タイミングをずらすこともできます

まずは中小企業やベンチャー企業に入社して、スキルを身につけてから転職すればいいだけの話です。むしろ多くの大企業では、中途採用の方に力を入れているので、転職しやすいこともあります

そのため将来的に必要なスキルや経験を身につけてから転職するのも方法の一つということを知っておいてください。

その5:就活で誰かのサポートを受けるのも手段の一つ


既卒者の就職率は年々上昇しており、昔より就職しやすくなったと思います。大手企業も採用に力を入れ始めたため、簡単とまではいきませんが、「既卒=就職できない」というわけではなくなってきました。

しかし、真剣に就活に取り組まないと、上手くいくことも上手くいかなくなってしまいます

「就職なんて簡単にできる」「適当にやり過ごせればいい」と思っていると時間を無駄にするだけです。相手は人事のプロですから、きちんと対策しておかないとすぐに見透かされてしまいます。本当に就職したいと思っているなら、真剣に就活する必要があるのです。

といっても、一人で行う就職活動には限界があります。私だって上手く就職できたわけではありません。そんなときは既卒向けの就活サポートを受けるのも一つの手です。

既卒就活に特化したエージェントを活用するメリット

特に既卒就活に特化したエージェント会社では、書類作成から面接対策まで、きちんと一人ひとりに合わせたサポートを行ってくれます。もちろんアドバイスだけでなく、適正も見極めてくれるので、自分では気がつかなかった天職に巡り会える可能性もあります

さらに、社会人経験がない既卒者に対して、基本的なビジネスマナーや社会人としての基礎も教えてくれるので、入社後の不安を解決することができるのです。

もしも自分一人の就職活動に限界を感じているなら、就活のプロに相談してみることをおすすめします。

最後に

今回は就活に悩んでいる既卒者に向けて、真剣に考えてほしいことを5つ紹介しました。昔の私も、就活に悩んでいる既卒のみなさんと同じように、「このままではやばい」「就職できないかもしれない」と思っていました。

しかし、何十社と落とされ続けた私でも就職することができました。今では転職を成功させて、前職よりもステップアップすることもできています。

既卒者のみなさんは、今が踏ん張りどきだと思って、自分の目標を忘れずに、真剣に就職活動に取り組んでみてください

既卒の就職活動は厳しい?就活は決まらない?既卒経験者が全て話そうと思う

スポンサードリンク