労災の途中で退職できる?労災保険の申請中に会社を辞めた私が解説してみる

辞めようと思っていた仕事、その最中に怪我をしてしまった!更に労災を使うという話にまでなってしまったら、退職しようと思っていた仕事も辞め辛いですよね。

これ、当分退職できないやつかも…
今回は自身の経験談も交えつつ、労災中の退職について打ち明けようと思います。皆さんの参考になりましたら幸いです!

スポンサードリンク

体験談:サービス業3年目、身体の限界を感じ始める


私は接客・サービス業のアルバイトをしていました。しかし私の職場はブラック中のブラック。社員や店長のサービス残業は当たり前、アルバイトに上司の仕事が降りかかる日々でした。

退勤後には必ずこんな言葉が…。

上司
はい、お疲れ様!じゃあこの仕事今から宜しく!
…はい…
時給が発生していない時間から与えられる仕事が多すぎました…。16時出勤、翌朝10時帰宅なんて当たり前。

「このままだと自分が倒れてしまう」「アルバイトの給料と見合ってない仕事量」と真面目に将来と向き合い、退職を決意しました。

決意の2週間後に起きた悲劇

とある日、シフトの時間を勘違いしてしまい、よりによって忙しい日に遅刻をしてしまいました。

遅刻してしまったのだから、倍働かないと。。
いつもより沢山働いて、いつもより仕事のスピードを上げて…そして悲劇が起きました。

包丁が滑ってしまい、右手の薬指を横一直線にパックリ。出血が止まらず「これはやばい!」と判断し、店舗巡回中の上司へ連絡しました。上司も私の動揺している姿と、薬指の様子を見て一言。

上司
今すぐ病院へ行こう!労災でいいから!

労災を使う怪我をし申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、同時に「長期通院が必要な怪我なら、退職できないんじゃ…」と不安も出てきました

スポンサードリンク

労災中に退職ってできるの?


結論から申し上げると、退職はできます。現に、私は労災中に退職しました。

「この会社の保険が適用されているから退職できない…」「経過報告しなきゃいけないだろうから…」と思い込み、退職が出来ないと思われがちです。実は、法律『労災保険法12条の5』に、労災中でも退職できると書かれています。
労働者災害補償保険法

保険給付を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。

このように、退職したからもう労災は受けられない・退職しづらいなんてことはありません。

ただ記入する書類がある為、職場に行き来する機会は無いとは言えません。退職前に全て治療を終えてしまえばいいのですが、通院が長いと厳しいですよね…。そのため、労災が終了してから退職となると、繁忙時期に被ったりとタイミングを逃してしまう可能性があるので、労災中に退職しても問題はありません!

ちなみに、労災を使う対象は、精神障害も含まれます。

会社の残業が多く過労で倒れてた…
上司のパワハラ・セクハラで鬱病になった…
といったような、仕事が理由で精神障害を受けてしまった場合も、労災は使えます。

労災っていつまで使えるのか?


通院していくにあたって、日を重ねるごとに「いつまで無料で診察を受けれるのか」不安になりますよね。基本、医師が「もう来なくて大丈夫」と言うまで使えます。つまり、通院の必要がない、完治一歩手前や既に完治している状態まで無料で診察を受けれます。

あまりにも長くなる、「処置やリハビリをしても回復する見込みがない」とみなされ、また別途書類を作成し提出することとなります。

スポンサードリンク

気まずい辞め方はしないように


最後だからといって、散々愚痴を吐いたり後味の悪い退職の仕方は辞めましょう。もし「記入が足りない書類があるから書きにきて」と指示を受ける可能性は十分にありえます。現に私は、退職後も職場へ足を運んでいます。

労災中にバタバタして作成できなかった退職書類や引継ぎ、制服のクリーニング、労災前に残していた仕事の整理…。

気まずい空気の中、最後の仕事は気が重く足を運ぶのも嫌になるでしょう。最後なのだから、せめて最後までやり遂げて、綺麗に辞めちゃいましょう

労災で退職するときのポイント!


労災が起きた時、上司がいれば直接自分の姿を確認している場合、労災は通ると思います。

上司がいなかった場合、必ず上司に報告することが大事です。なぜなら、上司に何も言わず勝手に労災を使った場合、トラブルに成る可能性があるからです。

私の知り合いで販売業の店長をやっている方は

部下が報告も連絡も無く、自己判断で労災指定病院へ行き、労災を使っていた。
しかも。翌日発覚し、勝手に知らない所で話が進んでいて不快だった。
と眉間に皺を寄せ愚痴を吐いていました。

表立ったトラブルは無くとも、勝手に行動してしまうのは悪い印象を与えてしまうでしょう

そして、退職していたとしても完治すれば連絡をして、安心させてあげて下さい。労災使用の怪我が治って嫌な顔する上司なんて、きっと一人もいませんから

最後に

労災申請中でも、申請後でも退職はできます。ただ、書類提出や上司への報告等も行わなければならないので、完治しないと前職場との縁は切れません

気まずいから職場に行きたくない…そのまま退職しよう
そう考えている方もいらっしゃるでしょう。その場合、あなたの怪我が厚労省に発覚した場合、会社があなたの怪我を隠した!とされ、大きな問題へ発展する危険性があります。また、労災中に退職した場合、引継ぎが十分に行えず、「怪我が良くなってから辞めよう」と考えてしまうこともあるでしょう。

ずるずる引きずっていると、タイミングを完全に逃してしまい、退職への一歩が進めないかもしれません。自分を守る為に、最初から最後までやり遂げて、労災申請の手続きと退職手続きを終えましょう!

労災保険の申請手続きの方法は?必要書類・提出先など、経験者が丁寧に解説!

スポンサードリンク