【新卒】会社・仕事を辞めたい新入社員に、社会人の私がお節介ながらエールを贈る

新卒で入社したけどもう働きたくない…辞めたい…
と思っている新入社員もいるのではないでしょうか。

会社に入った途端いきなり平日8時間拘束させられるので、辞めたくなるのは当然です笑 人によっては、楽しくもない仕事・退屈な仕事をやることになり、今すぐ逃げ出したい新卒も多いでしょう。もう転職を考えている人もいるかもしれません。

正直、私は入社1年目で転職するのは1つの選択肢として『アリ』だと思います。しかし、意外な事実かもしれませんが、社会において“新卒入社“とは、とても優遇されているのも事実なので、働き続けることも正しい選択です。

今回は新卒入社で辞めたいと思っている人に向けて、就職しないで卒業した私から社会人としてエールを贈らせて頂きます!

スポンサードリンク

「もう働きたくない」と思う新卒者は少なくない


春になると着慣れていないスーツに身を包み、社会人としての第一歩を踏み出した新卒者を多く見かけます。まだ会社に慣れていないせいか、どこか緊張した面持ちで出社しているのかもしれません。

夏が近づくにつれて会社にも慣れ、仕事を覚え始める頃でしょう。新卒での入社とは多くの人が経験することですが、誰しも最初は緊張して慣れるまでに時間がかかるものです。

しかし、労働環境や入社前とのマイナスのギャップで、新卒入社したけど「もう働きたくない」「仕事を辞めたい」と思う人も少なくないです。厚生労働省の新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移によると新卒入社の3割は3年以内に会社を辞めています

この数字からみると、新卒入社の10人に3人は退職しているということになります。日本では終身雇用が保証されているにも関わらず、新卒入社しても「働きたくない」と思う人がここまで多いのには、理由があります。

1番の要因:環境の目まぐるしく変化


どんなに良い会社に新卒入社しても「辞めたい」と思う人は少なくありません。新卒者は最近まで大学生だったわけですから働く事に慣れていません。働くといってもアルバイトやインターンシップ程度なので、正社員として会社に属し、仕事をこなしていくのとはわけが違います

そのため、どうしても

もういやだ…働きたくない…
とネガティブになりやすいです。

以前、私が働いていた会社でも新卒入社した女の子がトイレで泣いていることがありました。

どうしたの?
と聞くと、新卒の女の子は
もうシンドいです…仕事を辞めたい気持ちが強くなってしまって…
と言っていました。

どうしても大学生活の自由な環境から不自由な働く環境へ一変したため、気持ちもいっぱいいっぱいになったようで、感情を抑えることができなかったと本音を打ち明けてくれました

このように会社の環境に嫌気が差すのは新入社員として必然だと思います。

正直、慣れないことは仕方がない

いずれ働くことにも慣れて、社会人として仕事をこなしていくのかもしれません。しかし、新卒で入社したての頃はどうしても不慣れなものです。これは仕方がないことなのです。

中には

そんなこと言われても働きたくない!
と思う人もいるでしょう。

しかし、私は新入社員に、新卒入社は凄いことなので、辞めることを早まる前に今一度考えて欲しいことを伝えたいです。実は私は就職しないまま大学を卒業し、既卒として就活を行いとても苦労しました。
私からすると、新卒で入社することの重要さを痛感しています。

スポンサードリンク

就職しないまま卒業すると、こんなに苦労する


私は新卒で就職することができず、卒業してから就職した既卒者です。真面目に就活に取り組んでいれば就職できたかもしれませんが、

なんとかなるっしょ
と軽い気持ちで、就職先も決めずに卒業しました。

卒業してからは大学時代から続けていたアルバイト先で働いていましたが、フリーターの給料で生活することはかなり厳しかったので、既卒で就職することを決意しました。

当初は

なんとかなる!楽勝!
なんて思っていました。

しかし、書類だけで落とされる日々が続きました。書類がやっと通ったと思えば「アルバイトスタート」なんてこともありました。

やはり企業側からすると既卒採用にそこまでコストをかけたくないというのが本音でしょう。そしてやっと受かった会社に入社することになりますが、ドがつくほどのブラック企業でした。

中途入社は一から教育してもらえない


私は一応社会人としての一歩を踏み出したわけですが、中途入社の教育制度は整っていませんでした。ざっくりとした業務しか教えてもらえず、マニュアルに沿って働くだけ…。しかも契約社員なので、正社員よりも待遇は悪いという…。

一方で、同じ会社の新卒者はきちんと上司から教育を受けており、教育制度の格差を目の当たりにしました。諸事情で私はそのまま1年ほどで退職しましたが、その時の私にはスキルというスキルも身についていないという悲しい現実がありました

新卒入社はかなり優遇されている


このように既卒入社や中途採用とくらべて、新卒者はかなり優遇されています!

  • 雇用条件が良い。正社員採用。
  • 契約社員よりも給与が高い
  • きちんと教育してもらえる
  • スキルが身につく
  • 新卒入社の新卒正社員だと転職しやすい
などなど。新卒入社の方が明らかに会社から教育という名の投資をしてもらうことができます。きちんとした人材になるまで会社から育成してもらえるのです。しかも新人ということもあり、わからないことも積極的に聞けるというメリットもあります。

さらにいうと日本企業の多くは終身雇用なので、一度入社すれば同じ会社で退職するまで雇用してもらえます。それほどまでに新卒入社とは優遇されており、尚且つ将来が半永久的に確立されているのです。

スポンサードリンク

スキルを身につけてから辞めるのがベスト


1番ベストなのは、新卒の教育環境を駆使しまくって、他の会社に通用するスキルを身につけることです。

新人という立場を最大限に活用して、自身の能力を磨いて、スキルを身につけ、実績を積み、経験豊富な社会人になるのが、絶対に失敗しないキャリアステップといえます。なので安易に会社を辞めることが正しい選択とは限らないのです。

転職するのも1つの大事な手段


実は、新卒の転職は想像されている以上に難しいわけではありません。転職サイトを見ていると、「第二新卒 未経験歓迎」という求人も非常に多く存在します。

若手の場合はポテンシャル採用という枠があり、人柄やフレッシュさを求める企業も一杯あります。人間関係や労働環境が最悪であったり、やりたいことがあるのであれば、無理に働き続ける必要はありません

むしろ、健康を犠牲にしてまで働く意味はありません。むしろ、自分の身体と精神を壊してからでは取り返しがつかないので、今すぐにでも退職するべきです。また、やりたいことがあるのであれば、働き続ける時間を浪費する方が遥かに勿体ないです。思い切って転職すべきと私は思います

そんなときは第二新卒向けの就活エージェントに無料相談して、策を練ってから辞めることをおすすめします。キャリアの悩みを転職のプロが親身になって聞いてくれます。さらに、こんなメリットも!

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります。

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、是非複数のエージェントをご活用下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

まとめ

社会人になると自分の想像を超えた困難や苦労があります。しかし、どんな仕事でも無理しない程度に、最初の壁を乗り越えていくことが社会人としてのコツです。

せっかく新卒就活で頑張って獲得した内定だからこそ今の状況を冷静に捉えて、「自分にとってベストな道とは何か」考えてみるのが大事です。

新入社員で会社を辞めたい人は、立ち止まって今のキャリアを振り返ってみると、今後のキャリアに大きな成長を与えてくれますよ!

会社・仕事に行きたくない新入社員へ、新卒8ヶ月で退職した私がメッセージを贈ってみる

スポンサードリンク