仕事・会社を辞めるのは甘え?悪いこと?別に逃げじゃないよって話

昔の日本は終身雇用が一般的であり「転職」の馴染みが無い方が殆どでした

一つの会社で勤めあげることができないのは、「恥」なのかな…
と考えていた方も多かったのではないでしょうか。

少しずつ時代は変わり、年功序列ではなく実力主義な会社が増え、自分の実力をより評価してくれる会社へ転職をする人も増えてきました。日本では「転職回数が多い」=「悪いこと」と捉える会社がまだまだ多いですが、国によっては

それだけ多くの会社で必要とされるということは、とても優秀な人材なのであろう
と考えるところだってあるのですよ。

仕事・会社を辞めることは、「逃げ・甘え」であり「恥ずべき事」だと思っている方もいると思いますが、転職支援を生業とする私としてはそうは思いません。なぜ「会社・仕事を辞めることが逃げ・甘えでない」と思うのかまとめてみます!

スポンサードリンク

逃げ・甘えではなく、ステップアップという考え方


会社を辞めることは「逃げ・甘え」であり「悪いこと」というとマイナスな印象がありますが、転職はステップアップというプラスの考え方もあります。辞める理由がネガティブな理由の場合、その環境から逃げ出したことについて引け目を感じるかもしれません。

しかし、新しい環境では新しい出会いや新しい学びがあります。現職で出来なかったことを、新しい会社では出来る環境があるかもしれません。そこで自分の能力を高めていくことが出来れば、決して逃げではありません。

転職したことで、キャリアアップに成功した人を何人もみてきました。なので、会社をを辞めることをポジティブな側面で捉えてみると良いですよ!

一度きりの人生、ずっと悩み苦しみ続ける必要はない


仕事を辞める理由にはいろいろありますが、労働環境が劣悪であったり人間関係の問題などから、心身に悪影響を及ぼす環境から抜け出したいという理由もあります。今いるその環境で頑張れている間は良いですが、うつ病など精神を患うまで頑張る必要はありません

責任感が強い方は逆に「弱い自分」を恥じてさらに頑張ってしまうかもしれません。責任感が強く最後まで職場を離れないことはとても素晴らしいことなのですが、一度きりの自分の人生を苦しみ続ける必要はありません

その為に転職という手段を使うことも恥ずべきことではありません。

人材定着のための施策を打ち出せていない会社が悪い
くらい思って良いです。ただ、この言葉は全てを自分の責任と考えてしまいがちな責任感の強い方に対しての言葉だと思ってください

普段から他の人に責任を押しつけがちな方は、「なぜこのような状況になってしまったのか」しっかりと考え、「自分の何を変えれば良かったのか」振り返ってみてください。そして、是非転職活動時にお話しください。

面接官は他責な人よりは自責な人の方が素直さや伸びしろを感じます。なので、好印象をお伝えすることができます!

自分を痛めつけすぎる必要はありません。人生をもっと楽しんでいいのですよ!

スポンサードリンク

自分を責める必要はない


仕事を辞めることを「逃げ・甘え」だよな…
と思う人は、先入観で悪いことだと思っているだけです。もしかしたら、自分が弱い人間だからと思っている方もいるかもしれません。また、辞めることで多くの人に迷惑をかけると思い、転職・退職の一歩が踏み出せない方も多いでしょう。

でも、仕事を辞めることを選択する自分を責める必要なんて全くありません

会社が悪い場合もある

自分が悪いのではなく会社が悪い場合もあります。他の会社での就業経験がない場合、今いる会社が「普通」だと思っているかもしれません。しかし、一つとして同じ会社は無く、中には過酷な環境で働き続けているにも関わらず、ブラックな環境を「普通」だと思っている人も多くいます

客観的に自分の置かれている環境がどうなのかわからない場合は、家族や友人、様々な会社を知っている転職エージェントに話してみて判断してもらうのも良いです無料ですし、周りの人から転職を後押ししてくれる可能性もあります。

職務の立場や年代毎にエージェントサービスは異なるので、それぞれ紹介してみました。ご活用してみることをオススメします

◯正社員・契約社員は「リクルートエージェント」がおすすめ!

◯第二新卒は「第二新卒エージェントneo」がおすすめ!

◯フリーター・既卒は「ハタラクティブ」がおすすめ!

◯派遣の方は「マイナビスタッフ」がおすすめ!

思い込みは視野が狭くなって危険です。辞めたいと思ったら、同僚以外の人に意見を聞いてみると、新しい会社の価値観を得られて次のステップがみえてきますよ!

人材確保は会社の仕事

自分が辞めたら会社に迷惑がかかるのではないか…やっぱ悪いことかな…
と思っている方もいるかもしれません。もちろん重要なポジションについていればいるほど、その人が抜けた痛手は大きいものです。

しかし、辞めたいと思わせてしまった会社の責任でもありますし、人材の穴埋めをするのも会社の仕事です。私が転職の支援をしてきた人の中にも、退職交渉時に

人材が確保できるまで退職を待ってほしい
と言われるケースも多々ありました。

しかし、法律で職業選択の自由は認められており、退職日2週間前に退職意向を申し出れば退職できることになっており、法律で守られているのです

迷惑をかけたくないという思いが強いのであれば、出来る限りしっかりと引継ぎをすることに力を注いでください。必要以上に退職をすることに責任を感じる必要は全くありません。

引け目を感じていては面接で失敗する


全く自分に非がないとまで言い切れないない人は多いでしょう。しかし、会社を辞めて転職活動を行う際に、ずっと「逃げの転職」であることを引きずっていては、この先の人生うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます

面接で自信が無さそうな立ち居振る舞いをし、退職理由について聞かれた際に引け目からおどおどするのは絶対にNGです今は転職をすることは一般的になってきていますので、必要以上にマイナスに考えないでOKです

過去ではなく未来を見つめて、退職をしなければならない状況になってしまったことについては反省すれば良いのです。

「これから何をしていきたいのか」などを前向きに語るようにしましょう!

スポンサードリンク

人に何を言われても自分の人生を生きるべき


転職がだいぶ一般的になってきたとはいえ、昔ながらの考えをお持ちの方やずっと同じ会社で勤めている人にとって、「退職」「転職」というワードはなかなか受け入れがたいかもしれません。

相談をした際に、それぞれの価値観において心配されたり、もしかすると呆れられたり怒られたりするかもしれません。それでも、今あなたがどのような環境で働いており、どれくらい辛い思いをしているのか、他の人から察することはできても理解することは到底無理でしょう

自分を想っての意見には耳を傾けるべきではありますが、他人の意見に振り回されないようにしてください。会社・仕事を辞めることは「逃げ・甘え」でも「悪いこと」でもありません。

自分の中で出てきた意見を取捨選択し考え抜いた選択であれば、自分自身が将来後悔する可能性は少なくなります

最後に

退職することに「逃げ・甘え」でも何もありません。退職後の行動が全てを決めます。ステップアップや人生をより充実させる為の退職・転職であれば、何も引け目を感じる必要はありませんし、その選択は正しいものです

強いていえば、何度も転職を繰り返す人生になってしまった方は、逃げの退職だったと言えるかもしれません。

「自分は何がしたいのか」「どんな人生にしたいのか」を真剣に考えることから逃げずに、人生の選択をしてください。そうすれば、明るい未来があなたを待っていますよ。

ストレスで会社・仕事を辞めるのは逃げじゃない!と経験者が語ってみる

スポンサードリンク