新卒2年目の転職体験談。入社2年目で転職決意した私が全て話してみる

せっかく就活を終えて大学を卒業し社会人になったものの、さまざまな理由で転職を考えるに至った方はいらっしゃるでしょう。しかし転職したいと思っても

新卒2年目で転職なんてふざけてるのかな…まず何から始めたらいいんだろう…?
などなど、様々な逆境にぶつかるのではないでしょうか?

私もその1人でした。なんとか逆境を吹き飛ばして、創意工夫で転職活動をやり抜いた結果、転職を成功させることができました。

今回は「少しでも転職で悩まれている方の後押しができれば」と思い、転職体験談をまとめてみました。是非参考にしてみて下さい!

◯転職したい新卒は私イチオシの転職エージェントをチェック!

スポンサードリンク

転職を決意した理由


新卒の会社に入ったのは学生時代のアルバイト先でした。当時の私はアルバイト先で新人アルバイトの育成のリーダーを任され、かなり実力を認めてもらっていたおかげで、社員にならないかと声をかけられていました。

心のどこかで

困ったら今のアルバイト先に入れてもらおう
と思っていた部分があったので、就活することなく、そのアルバイト先に就職しました。

安定企業で、福利厚生も充実した職場です。

幹部クラスの社員さんともつながりがあり実績次第で出世コース…(ニヤリ)
と想像していました。

しかし、1年間社員として働いた結果、悩みが一杯でてきました。

  • 年度末は深夜0時~1時まで終わらない強烈な業務量…
  • 若手の飲み会では仕事つまんねーと皆で愚痴吐いてるだけ…
職場に多少の不満があったのも事実です。そして
  • このままこの狭い世界しか知らない自分で本当にいいのか?
  • 社会人として自分にどのくらいの力があって、何ができるのか?
と、若いうちにもっと自分を試したいという思いが日々強くなっていきました。

それが新卒1年目、年度末の業務のピークが過ぎた3月末のことでした。

転職活動スタート時に味わった2つの「逆境」

その1:転職エージェントに登録できない


とはいえ、こんな時期に転職しようなんて考えてる同年代の知人なんていませんでした。「何からしたらいいかわからない」というのが本音…。まずは転職エージェントに相談して、キャリア相談や自分に合う案件の紹介を詳しい人にしてもらおうと考えました。

そこで、現在の職歴を簡単に送って、有名な転職エージェントに2社登録してみました。しかし、2社とも「業務経験が足りないのでご紹介はできません」という旨の返答がありました

希望年収も現在と同じくらい、その他の条件でも高望みしたことは決して書いていませんでした。当時の私は知りませんでしたが、転職エージェントにも紹介できる案件に条件があるようで、社歴や経験が少ないと受け入れてもらえないこともあるみたいです。

完全に私の勉強不足でしたが、それでも想定外のことでした

今の転職エージェントについて
現在、第二新卒の転職は一般的となり、断られることは殆どなくなりました。なので、第二新卒の方は絶対に転職エージェントを活用することをおすすめします!

※第二新卒は転職エージェントを活用しよう


第二新卒で転職活動するなら、転職エージェントは絶対に活用しましょう!昔は利用する人を選んでいましたが、今では全員が平等に活用できます。無料なのに、こんなメリットがあります。

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります。

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを3つ厳選したので、是非複数のエージェントをご活用下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「第二新卒エージェントneo」は相談対応が手厚い!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

その2:周囲の理解が得られない


もう一つの逆境が周囲の反対です。社会人2年目で転職を決意した私に、家族も友人もそう簡単に「やってみなよ!」とは言いませんでした。一番身近な家族は、いい顔をしません。

転職の相談をしても

せっかく国立大も出て安定した会社に入れたのに…石の上にも三年だよ…?
で会話は終了 です。

友人も含め、周りに受け入れてくれる人は殆どいなかったので、精神的にキツイ状況でした。

スポンサードリンク

でも、転職活動やってやる…!

何から手をつけていいかわからない…応援してくれる人もいない…だけど、転職活動、やってやる…!
まずは転職サイト登録して、いろいろ企業の検索してみるところから始めました。しかし、最初の私はどんな仕事がしたいのかも漠然としたままでした。
なんとなく教育業界かな…?でもプランナーとかも楽しそうだし…営業やってんだし営業職がいいのかな…?
など、数週間のあいだ、毎日困っていました。

「絶対転職してやる!」という思いはあるものの、環境も整っていない、転職ノウハウもない…こんなに適当な転職活動で大丈夫なのか?と不安になってきます

転職した人に出会う


全部自己流でやろうにも、自己流でやる材料はありませんでした。まずは転職するための環境は整えなくては…と思い、すでに転職活動を経験した知人に話を聞くことにしました。ついこの前転職に成功したという大学時代の先輩に私は会いました。

中小企業から大手企業への転職に成功した先輩で、私の漠然とした転職活動に対する疑問や不安を聞いてもらえました。その先輩に

もう少し自分のやってきたこととか、価値観とか、見えるように書いて整理してみたらどうかな…?
と言われ、自己分析を始めてみます。

就職したい方向や業界が違う人であっても、転職に成功した人の話を聞いて、自分もイメージしたり、共感しあうという体験が非常に大事であることを知りました。

転職の軸を自分の言葉にする


転職活動を適当にやらず、ちゃんと順序を踏んでやろうと決め、自己分析を行いました。とはいえイチからやるのは面倒だし大変です。自分の価値観、転職の軸を作り上げるために、借りることのできる情報(転職サイトの診断ツール)は借りて、自分の言葉にするというプロセスをしました。

そしたら、こんな結果になりました。

  • 会社も成長途上で、会社とともに自分も成長できる環境
  • とにかく幅広い業務にチャレンジできる
  • その後やりたいことが見つかった時に再度転職が可能な環境
自己分析もスムーズに終わり、「業界は関係なく受ける」決断をします。

※転職の診断ツールは絶対に活用しよう


自己分析を疎かにしてしまうと、今後のキャリアをイメージできない上に、職務経歴書や面接でも自己アピールで苦戦します

なので自己分析は絶対にやるべきです。とはいっても、自己分析って何したら良いかわからない人も多いでしょう。そこで便利なのが転職サイトで無料で活用できる自己診断ツールです!メリットはこちら

  • 転職先を決める軸が決まるので、考えているキャリアに迷いがなくなる
  • 客観的な診断によって、自己の強みに気づき、自信に繋がる
  • 数分でできるお手軽な無料サービスなのに、精度が抜群に高い!
私のおすすめは転職サイト「リクナビNEXT」のグッドポイント診断です。無料ですし、簡単に自己分析できるので使わないと損ですよ

スポンサードリンク

選考は「狭く深く」対策する


転職の軸を決めてからは、利用する転職サイトをまず絞りました。第二新卒に特化したサイトと、ベンチャー企業が多く載ったサイトの2種類のみを使って、あらゆる角度から検索し、自分に合うと思った企業をとにかく洗い出しました

私は札幌から東京に転職することを考えていたため、同時に何社も受けることはできません。その為割り切って、「狭く深く」というスタンスで転職活動をしていきました。選考を同時に受けていたのは最大2社で少なかったです。その結果

  • スケジュールや体力面でも無理せず、転職活動できた
  • 興味を持ったその企業をじっくり調べることができた
  • 選考がすすむほど会社が好きになれた
など、色んなメリットがありました

面接に進んでからも「狭く深く」のスタンスは貫いており、1社1社に対し「これは聞かれるであろう」という想定問答は準備して万全の態勢を整えました。ここで、自己分析、企業分析をじっくり行った成果を実感してきます。

最終的に、私のこれまでの仕事ぶりや転職理由など、真摯に聞いて受け入れてくれた会社から内定を頂きました。

東京に転職するという決断を応援したい、一緒に会社を成長させよう
と言ってもらえたのを覚えています。そして。新卒2年目の8月に転職しました。

最後に

転職活動は、自らと相手(会社)を見つめ、素直に、じっくり臨んでいくことが大事です。企業と人にも相性があり、1つ1つの縁でつながれています。しかしもっと大事なものは、転職すると決意したなら、逆境に負けず突き進むことだと私は思います。

結果として行きたい企業に内定を勝ち取り、その後転職先で活躍することができれば、最初は反対していた周囲の人からも理解が得られることは多くあります

優秀なスペックや緻密な企業分析よりも、”決断力”と”行動力”が最終的には皆さんの背中を押すと考えています。まさに「意志あるところに道は開ける」です。皆さんの転職活動がうまくいくよう、心より応援しております!

【新卒】入社1年目の転職体験談。第二新卒の転職の成功例を私が紹介してみる

※転職先の口コミを事前にチェックしよう!


次の転職先で、転職理由とのギャップで同じように苦しむのは本末転倒です。第二新卒の転職は貴重なチャンスだからこそ、転職先の情報をチェックすることは非常に大切なんです。

企業から提供された情報も良いですが最もリアルで信憑性が高いのは、実際に働いている社員の口コミです。包み隠さず企業の情報が開示されている上に、説得力もあります。特に退職した方々の口コミには、退職理由と直結するのでリアルな企業の一面がわかります

なので、情報弱者となってブラック企業に転職することを避けるためにも、社員の口コミが詰まったサイトは一度確認すべきです。特にオススメなのは「キャリコネ」です。理由はこちら!

「キャリコネ」のメリット

  • 無料登録するだけで、社員の口コミが全部みれる
  • 企業と口コミの数が多いため、転職の参考になる
  • 口コミから、本当にブラックかどうか確認できる
登録も2~3分でできる上に無料なので、使わない手はありません。むしろ、口コミを確認せず、ブラック企業に転職してしまったことを想像するだけでゾッとしませんか…

転職で後悔しないためにも、「キャリコネ」は絶対に活用しましょう

スポンサードリンク