【新入社員】新卒を辞めたその後は?後悔はある?新入社員を8ヶ月で辞めて転職を果たした私が物語る

今では新卒の転職は珍しくはなくなってきました。新卒で転職しよう!と思い立ったものの、こんな不安を抱く方は多いのではないでしょうか?

新人で会社辞めた人ってどうなったんだろう…もしかして後悔とかしているのかな…

私も新卒8ヵ月で転職をしましたが、退職した後のキャリアイメージが描けず、新入社員で退職した人の話を聞きたかったことを今でも覚えております。しかし、周りやインターンネットで探しても、中々みつからず…。

そこで、第二新卒で後悔しない転職を考えている方に向けて、「新入社員で辞めた私が今どうなっているのか」まとめてみました。新卒で退職を考えている人の参考になれば幸いです。

※転職サイト「リクナビNEXT」に転職の秘訣が無料で公開されています。気になる方は今すぐチェックしてみて下さい!

スポンサードリンク

8ヵ月で退職を決意した理由


私は新卒で入社した会社を8ヵ月で退職し、異業種の会社に転職をしました。

8ヵ月って短くない?
根性がないのでは?
と思う方も多いでしょう。

ほんのすこし、理由を説明しますね!

なぜ退職をしようと思ったのか


前職は外勤営業をしていたのですが、プライベート関係なく仕事をせざるをえない環境で、有給日にも上司から電話がかかってくるような状況でした。

飲み会の二次会に参加しなかったことで、帰宅後に上司からご指導のお電話を頂いたりもしました。それだけでも退職したい気持ちには十分なっていました。しかし、私の中で最も気にしていたのは、新卒入社する会社を決める際に重要視した『お客様の為になる仕事が出来ているのかどうか』という点でした

入社した時には、社会人の仕事というものがどのようなものかわからず、とにかく先輩に言われるがままに仕事をこなしていました。少しずつ仕事がわかってくると

  • 本当にお客様の為の仕事なのか…
  • 会社の利益追求の為に、お客様をだましているのではないか
という疑念が強くなってきました。

最終的にお客様から“営業としての私”に対しては何も不満は無いとはおっしゃって頂いたものの、商品に対して厳しいご意見を頂き

自分のやりたい仕事はここではできない
と思いました。
このままではいけない…もっとお客様の為になる仕事がしたい!
という漠然とした気持ちが大きくなり
プライベートも維持できない…やりたい仕事もできない…なら辞めてやる!
と決意し、退職に踏み切りました。

スポンサードリンク

早く見切りをつけられた理由


新卒入社をした会社で8ヵ月しか勤めていないと、こんな風に思うかもしれません。

  • 新卒入社をした会社で8ヵ月しか勤めていないなんて、根性が無い
  • 8ヵ月で仕事が全部わかるわけでもなく、ただ今が辛いから逃げ出した
  • もう少し働けば良さがわかったかもしれないのに…
それはその通りだと思います。

前職の仕事のやりがいを私は理解できずに、退職したのかもしれません。ただ、当時の私の感情としては、自分のやりたい仕事ではないことをだらだらと長く続けるよりも、いち早く自分のやりたいことを仕事にしたいという気持ちが強く、このタイミングでの転職で良かったと思っています。

また、今振り返ってみても、第二新卒だからこそいろいろな業界にチャレンジ出来る可能性が高く、自分の未来の可能性を広げる為にもこのタイミングがベストだったと断言できます。

※転職の基本を知りたい新卒は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

退職時~現在まで、全く後悔していない


8ヵ月で退職を決意し転職をしたわけですが、退職したときから現在まで一度もこの選択を後悔していません

第一志望の会社に転職を出来たからというのも大きいのですが、私はなぜ後悔をしていないのか紹介します!

その1:やりたい仕事ができているから


私は新卒時から一貫して

誰か人の為になる仕事がしたい!
と思っていました。

新卒時に入社した会社もその理由で入社しましたが、結果的には私の志向性とは異なる会社だと入社後に気づきました。今回の転職活動では、興味のある業界は定まっていたので、興味のある業界+α(関連のありそうな会社を幅広く)同時に複数社受け、

  • 面接の中で、自分の考えと近い会社なのか
  • 自分がやりたいと思える仕事なのかどうか

意識していました。同じ失敗を繰り返さないように、色々お話を聞いた上で転職先を決めました。結果的には、面接の中で聞いて自分が抱いたイメージ通り、自分がやりたいと思える仕事に就いています。

今では、部下のマネジメントもしており、自分がトレーナーとしての仕事にもやりがいを感じることに気づきました。退職した会社とは比べ物にならないくらい、楽しく仕事ができています

その2:尊敬できる人達と仕事ができているから


退職をした時には『やりたい仕事ができる環境』を求めていたのですが、現職に全く不満の無い理由には仕事内容以外にも一緒に働く人が良かったということも大きなウェイトを占めています

前職の社員の方々からも社会人としての基礎・マインドを教えていただき、現職でも大変役立っているので感謝はしています。しかし、仕事とプライベート関係なく連絡をしてくるところや、人としてちょっと気になるところがあったりと、正直なところ長く関係を続けていきたいと思える人々ではありませんでした

現職に転職をして、指導するにしてもしっかりと論理的に説明してくださり、私が意見をしてもその意見をしっかりと聞いた上で何が良くて何がダメなのかしっかりと指摘をしてくれる、理想的な上司と出会いました。

もちろん、プライベートと仕事は分けて考えるべきという社風が浸透しており、休日に仕事をすることはないですし、仕事をすると逆に怒られてしまうような環境です。

同僚についても、一緒に高みを目指して頑張ろうと思える、素直で優しい方々ばかりです。入社年次も年齢も関係なくお互いを尊敬しあっている環境は、本当に自分の成長に繋がるので、転職で後悔しなかった大きな要因になってます。

その3:退職した会社に染まる前に、転職できたから


私は前職に早々に見切りをつけて転職をしましたが、2つの会社で社会人としての基礎を学び、現職で業界知識やノウハウを学び、ビジネスパーソンとして大きく成長できたと思っています。

実は、1社目はベンチャー企業で入社時にあまりしっかりとした研修はなかったのですが、現職はそれなりに大きな会社の為かなり丁寧に研修をしていただきました。社会人としての基礎が出来上がる前の、こう言っては何ですが擦れていない頃に、2つの会社から多くの情報をインプット出来たことは今の自分に生きています

1つの会社に長く在籍をしていると、その会社のやり方がスタンダードだと思ってしまう方もいると思いますが、あくまでその会社のやり方であって、別の会社では違うやり方があります

考えが凝り固まる前のまっさらな状態で新しい環境に飛び込んだ方が順応できる可能性は高いので、若いうちに転職をして良かったです。

※もし転職したいなら、転職エージェントを絶対に使うこと


転職エージェントは転職のプロなので、転職活動の協力なサポーターとなってくれます。

就業経験も浅い上に周りに転職を相談できる人も非常に少ないからこそ、転職エージェントに相談するのが1番なんです。他にもこんなメリットがあります!

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる
  • 非公開の求人も紹介してくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、ぜひご活用してみて下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

まとめ

私の持論ですが、仕事をする中で「面倒くさい」と思う仕事は続けたほうが良いです。逆に、「嫌だ」と思う仕事は無理に続ける必要はないと思います。世の中に無駄な仕事、無駄な経験はありません。

必ず何をするにも人生に影響を与え、糧になるものです。「面倒くさい」だけならもう少し頑張ってみても良いとお節介ながらアドバイスします。なぜなら、そこから大きな気づきがあるかもしれませんし、「効率的なやり方」を見つければその仕事も楽しくなるかもしれないからです。

逆に、「嫌だ」と思う仕事は、なんでやりたくないのかを分析した上で、転職という選択肢はアリです。他にやりたい仕事があるのであれば、いつからでも遅くはありません。

新入社員での退職はネガティブなイメージを抱かれがちですが気になる必要はありません。私と同じようにやりたいことがあったり・環境に嫌気が差している方は、新入社員でも思い切って転職を踏み出してみると良い未来が待ってますよ

【新卒】入社1年目の転職体験談。第二新卒の転職の成功例を私が紹介してみる

スポンサードリンク