新入社員・新人で悩みを相談するなら誰が良い?社会人が全力でアドバイスしてみる

仕事の悩みを抱えた際、新入社員は先輩社員との関係性を構築できておらず、相談がしづらい時もあると思います。

親に相談しても、昔ながらの考えで

一度所属した会社は定年まで勤めあげるもの
という考えを持っている場合、転職という選択肢も含めた相談は中々難しいですよね。

私は入社8ヵ月で仕事で退職をしたのですが、当時は非常に悩んでいたことを覚えています。そこで「自分の場合はどうしていたのか」振り返り返った上で、「新人は誰に相談をするのが一番良いのか」紹介していきます!

スポンサードリンク

職場の人間


やはり仕事・会社の悩みを相談するのであれば、同じ環境で働いている同僚に相談する人が多いでしょう

とはいっても、職場の人間と言ってもいろいろな関係の方がいるので、分類してどんな誰にどんな相談をするのが良いのかを紹介していきます!

同期


同期がいる場合は、同じ悩みを抱えている場合も結構あるので相談しやすいです。私も今の職場では定期的に同期と飲み会を実施し、職場の人間関係についての愚痴や仕事についてノウハウ共有ややりがいについて熱く語る場を設けています。

ざっくばらんに楽しく話したことが、その後の仕事に生きてくるなんてことも結構あります。自分の今の悩みを何も気にせずに話せる場があるというだけで、かなり恵まれています。積極的に交流の場を設けてストレス発散しましょう。

逆に、仕事のコツやキャリアについての相談は同じ立場である同期よりはさらに上の立場の方に相談をする方が適切な意見をもらえる可能性が高いです。

まずは境遇が似ている同期に相談するのが1番です!

スポンサードリンク

直属の上司


悩みの内容次第では、自分の仕事内や状況を把握している上司に相談をするのが適切な場合もあります。

仕事で壁にぶち当たり苦しんでいる時、同じ道を通ってきたであろう上司に壁を乗り越えるアドバイスを頂くのは良い選択です

さらに、仕事に本気で取り組んでいるという印象を与えることができるので、上司の中での自身の評価が上がる可能性さえあります真っ先に仕事の悩みを相談してくれる部下は、誰だって可愛いものです

ただし、悩みの内容がネガティブすぎたり、会社を辞めたいと匂わせるような内容であると、上司の中での自身の評価が下がってしまう可能性もあるので相談内容や相談の仕方には注意が必要です。

仕事のノウハウ等、ガチな悩みは上司に相談が良いこともある!上司の評価も上がって、一石二鳥!

その他


例えば、普段業務上の絡みはないけれど「大学の先輩」のような別のコミュニティでつながりがある人が同じ職場で働いている場合は、同期と同じようにざっくばらんと相談をしてみるのも良いでしょう。

違う立場、違う職場の方からは同期とはまた違ったアドバイスをもらえることもあります。積極的に人脈に頼っていきましょう!

悩んでいる時は視野が狭くなりがち…だからこそ、職場環境が違う人のアドバイスによって、視野が広がって悩みが解決することはよくあります!

人材紹介会社


キャリアや転職の悩みなら、人材紹介会社でエージェントとの面談を行うのも良いです。私自身が人材紹介会社を使って転職をし、現在人材紹介会社で勤務をしているので、「どんな時に人材紹介会社を頼るべきなのか」まとめてみました

一つ注意としては、あくまでキャリアについての相談に応じることを生業としている為、現在の仕事内容に関する具体的な質問には回答はできません。あくまでも、今後のキャリア相談をする時に活用しましょう!

キャリアアップ等の転職相談は、プロの転職エージェントに相談した方が絶対に良いです!

自分の可能性がわからないとき

自分の経験をどのような業種・職種に生かせるのかわからないときには是非ご相談ください。

今までの仕事内容や希望を聞いた上で、「どのような仕事が紹介可能なのか」適切にアドバイスしてくれます。さらに転職を希望の場合は、実際にマッチしそうな求人を紹介しながら話すので、より具体的に自分にどのような可能性があるのかを理解することができます

あらゆる業界・職種・職場環境、その他 様々な転職体験を知っている方をみてきたエージェントだからこそ、主観抜きに客観的かつ有益なアドバイスを頂けます。

スポンサードリンク

自分のやりたいことがわからない時

「あれもやりたい、これもやりたい」と考えがまとまらないとき、何もやりたいことが見つからないときにも、相談相手としてエージェントを活用することをオススメします。

今までの経験や今までの人生でどんなことにやりがいを感じたのかなどいろいろな角度から質問をし、自身の考えをまとめる手助けをしてくれます。相談結果を基に、転職を勧められることもありますし、今の会社でもう少し頑張ったほうが良い等 今後のキャリアについてアドバイスを貰えます

すると、悩み事も晴れて、「今後どのようにキャリアを歩むか」具現化できます!

今、何をするべきかわからない時

今転職をしても良いのかどうか、今自分が何をするべきかわからないときにもご活用できます。

エージェントのキャリアコンサルティングでは「もう少し続けたほうが良い」「転職も視野に入れても良い」というアドバイスに加え、「どのような経験を積んだほうが良い」「どのような資格を取得したほうが良い」といった具体的に今からやるべきことを教えてくれます

漠然と今何をしたら良いのかわからないときにも、その悩みを持ってエージェントに相談に行くべきでしょう

※キャリアや転職の悩みは転職エージェントを活用しよう


1人でキャリア・転職の悩みを抱え、誰かに相談しようとしても

親には反対されそうだし、転職している友達もいないし…かといって会社の人には言えないし…
と塞ぎこんでしまうことが多いでしょう。だからこそはキャリア相談する時には、客観的に転職のアドバイスをしてくれる転職エージェントを活用すべきです。

ただし、転職エージェントの相性もあるので、複数活用することをオススメします。転職エージェントにも当たりはずれはあるので、1つに絞らないことが大切です。

人材業界に勤める私が特におすすめする第二新卒の転職エージェントを載せますので、ご活用してみて下さい。

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

家族/両親

家族に相談をする場合、その家族の今までの生き方などをみると、アドバイスはだいたい想像ができます。例えば、新卒入社した会社を定年まで勤めあげた親であれば

転職なんてもってのほかよ!今は辛いかもしれないけれど、いずれは楽になれるから、今は会社に奉仕し、定年まで勤めるのよ
といったアドバイスをくれるかもしれません。

逆に、転職での成功体験のある親であれば、現在の悩み次第では転職を進めてくれるかもしれません。他にも、大手企業に勤めている息子・娘が自慢の親であれば

できるかぎり、今の会社で頑張ってほしい
と言うだろうし、同居をしており毎日朝早く出社し夜遅く帰ってきて顔色が悪い息子・娘を心配している親であれば、
良い環境を求めて、早く転職するのもいいんじゃない?
と促すでしょう。

もし転職をするにしても親には話すことになると思うので、一度自分の悩みを話してみて親の考えを聞いてみるのは良いでしょう。ただし、親は子の幸せを願うものではありますが、「親の考える幸せ」=「子の考える幸せ」とは限りません

親に相談をする場合も、親の言うことが絶対だとは思わず、しっかりと自分の考えを持って相談することが大事です

親の意見を聞くのは良いけど、耳を傾けすぎて自分の本当の思いを潰さなこと。最終的には自分の幸せを優先することが大切いです!

スポンサードリンク

友人


同じような業種・職種で働く友人であれば、仕事についての有意義な意見をもらえる可能性も高く、今後の仕事に生かすことができます

また、違う業種・職種で働く友人に相談をしてみるのも、新しい刺激を受け今とは違うキャリアについて考えてみるきっかけにもなるので良いです。また、悩みを相談する中で場合によっては新しい職場を紹介してもらえることもあります。

今は「友人紹介」と呼ばれたりすることもあるかもしれません。実際に友人紹介の制度を設けている企業は増えています。自分の悩みをぽろっと相談してみたら「うちに来ないか?」なんて声をかけてもらえるかもしれません。

友人の勤める会社への転職であれば、事前に内部事情をいろいろ教えてもらえるので、転職後のギャップを防ぐこともできます。そんなに多くはないケースですが、そんな転職の仕方もあるのだと頭に入れておいても損はないでしょう!

昔ながらの友人であれば、自分の特徴も知っているので、職場では得られない的確なアドバイスをもらえることも多いです!

最後に

新入社員・新人は社会人という新しいフィールドを迎えたことで、想像以上に悩むことが多くなってきます。その時は1人で抱え込まず、周りの人・家族・転職エージェントを通じて、打ち明けてみましょう。

悩みを解決できることにも繋がりますし、何より誰かに話したほうがストレス解消にもなります。是非参考にして、状況に応じて色んな人達に相談してみて下さいね!

仕事・会社の悩みで眠れない…そんなあなたに、お節介ながらアドバイスしてみる

スポンサードリンク