【新卒】新入社員で転職したい人が今すぐやるべきことを経験者がまとめてみる

4月から社会人としてスタートした新卒社員の皆さん。今はまだ緊張をしながらも、新鮮な日々を過ごしていると思います。しかし、ゴールデンウィーク明けあたりからいろいろと考える余裕が出てきて、転職したいと考え始める新入社員もいるのではないでしょうか

まだ早いとは思いますが、わずか1ヵ月の社会人経験から

自分にはこの仕事は向いていない
と思い始める人もいるでしょう。

私は転職支援の会社に勤めていますが、新卒社員の転職相談も毎年ゴールデンウィーク以降だんだんと増えていきます。そこで、人材業界に勤める私が、転職を考えている新卒社員に今すぐやるべきことをまとめてみます!

転職を悩んでいる新卒の方は、是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

まずは、しっかりと考えてください


私は、転職支援をしている身ではありますが、転職は最終手段だと思っています。新卒社員であれば尚更、今転職をするべきなのかはしっかりと見極める必要があると考えています。

なぜなら、新卒社員は社会人経験が短く、仕事についての理解も進んでいない為、退職したい理由も浅いことが多いからです。

安易な考えで転職をすると、また同じことを繰り返しかねません。今回転職という選択肢を選ぶとしても、失敗しない選択をしましょう。

現職の何が不満なのかを考える


現職に何かしら不満を感じたから転職を考え始めたのだと思います。ここで一度自問自答してほしいことがあります。

自分は、具体的に何を改善したいと思い転職をしたいんだろう…?
たくさん出てくるかもしれませんが、厳しいことを申し上げると全てが解決する転職先を見つけることは難しいです。現実はそんなに甘くありません

書き出してみて、特に自分の中で不満に感じている点を1つ選んでみて下さい。頭に思い浮かべた上で、「現職でその不満を改善する方法はないか」考えてみましょう。

例えば

もっと責任のある仕事がしたい!
という不満を感じていたとします。そのことは、上司に相談したでしょうか?上司にもよりますが、そのやる気を伝えれば重要な仕事を振ってくれる機会も増えるかもしれません

現職で改善できる不満であれば、現職でもう少し頑張ることをお勧めしたいです。改善できないとき、初めて転職を考えても遅くはありません

また、転職活動時に短期離職についての説明を求められた際に「現職で不満改善の為に頑張ってみたけれど、改善が見られなかったから転職を選んだ」という経緯を話せた方が面接官に納得してもらいやすいです。

なので、まずは職場を改善できるよう努めましょう。結果として転職することになっても、後悔もない上に面接でも退職理由を伝えることができます!

スポンサードリンク

この先何をやりたいのかを考える


現職では自分の希望を叶えることが難しい場合、転職することを考えてみましょう。今は現状の不満に焦点があたっているかもしれませんが、いざ転職をするとしたら何をやりたいでしょうか?

「今の環境から抜け出せれば何でも良い」という理由で、最初に内定をもらった会社を退職することは避けてもらいたいです。考えなしに転職をすると、就職先探しでまた失敗してしまう可能性が高いからです。

また

あの時なんでもっと真剣に考えなかったのか
と後悔することになりかねません。転職を繰り返さないためにも、次の転職先を最後にするぐらいの気持ちでしっかりと考えてもらいたいです。

  • 転職先では叶えたいことは?
  • したい仕事は?
  • どんな条件で働きたい?
  • どんな職場で働きたい?
いろいろ希望はあると思います。全部の条件のかなう会社はなかなか見つからない為、その中でも優先順位をつけて転職先を考えていきましょう

なりたい自分になる手段を考える


現職の不満、転職先の希望を一通り考えてみたところで、次にするべきことは「どうしたらなりたい自分になれるのか」考えることです

例えば、『人の為になる仕事+お金になる仕事』を希望し、弁護士や医者を目指そうと思ったとします。その場合、大学に入り直したり資格取得の為の勉強をしなければなりません。「その間、どのように生計を立てるのか」も考えなければなりません。さらに、まわりの理解を得るのもなかなか時間がかかりそうです。

今挙げた例は極端でしたが、なりたい職業・職種によっては経験や資格が必要になる為、すぐに転職できないこともあります。逆に、身一つで転職できる職業・職種もあります。なので、なりたい自分になる為には何をしなければならないのかをしっかり考えてみましょう

場合によっては、現職に在籍しながら転職の為の準備を進める方が良い場合もありますよ!

一人では考えられない場合

一人で考えがまとまらない場合、信頼のおける友人・先輩に相談をしてみたり、転職エージェントとの面談を申し込んでみるのも良いでしょう。自分のことを深く考える機会は人生の中で多くはないにで、私は周りの話を聞いてみることをおすすめしたいです。

この機会に是非今後の人生をどうしたいのか考えてみてもらえれば、より納得感のある人生を歩めるでしょう

スポンサードリンク

自己理解が深まったら、転職活動をしよう


実際に転職活動に入る場合は、どのような形で転職活動をするのかを決めましょう。自分ひとりの力で転職活動を進めたいということであれば、志望する会社のホームページから「中途採用募集」のページを見つけてエントリーをしてみてください。

転職サイトを使う手もあります。恐らく新卒時に活用したリクナビ・マイナビのように、インターネットで色んな企業をチェックすると、色んな求人に出会えます。

転職サイトによっては、エントリー先企業や選考の進捗状況を一覧で見られるマイページが作ることができる等、転職活動を進めるうえで便利なサービスを受けられます

転職サイトをうまく使えば、転職活動が初めての方でも比較的スムーズに転職活動を開始できますよ!

転職するなら、転職エージェントがおすすめ!


最後に、転職エージェントを使う方法もあります。オーソドックスな流れでは、まずは対面もしくは電話で面談で、経歴や希望を伝えると、エージェントから自分にあった求人を紹介してもらえます。さらに、面接対策などもしてもらうことができ、内定までの手助けをしてもらえます。こんな方におすすめです!

  • 自分ひとりでは自信がない方
  • 転職が心配で不安な方
  • 転職のアドバイスを受けたい方
  • 希望の求人を探して欲しい方
転職エージェントと二人三脚で転職活動を進めるのが、1番確実で失敗しにくいです。ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。

またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、是非複数のエージェントをご活用下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

最後に

新入社員はまだまだ仕事の経験が浅いので、一度落ち着いて「本当に転職すべきかどうか」考えてみましょう。必要であれば、周りの信頼できる人に相談するのが1番良いです。

もし転職すると決めたら、転職ツールをうまく活用しましょう。私が転職をした際には、最初に転職サイト・転職エージェントはそれぞれ複数社登録しました。合わないと思ったタイミングで退会も可能なので、いろいろ試してみて自分に合ったやり方を見つけてもらえればOKです。

是非参考にして頂ければ幸いです。

【新卒】新入社員が転職に成功するための7つの秘訣を経験者が語る

スポンサードリンク