【新卒】新入社員が転職に成功するための7つの秘訣を経験者が語る

入社1年目だけど、転職したい…でも成功するコツがわからないし、そもそも転職に成功できるのかな…
新入社員で転職を考えている人は年々増えています。しかし、転職についてよくわからず、不安に感じる新入社員も多いです

私は新卒で転職をし、現在人材紹介会社で働いていますが、新入社員が転職に成功するための秘訣は7つあると考えています。

転職をしようと思ったタイミングで気を付けるべきこと、また、実際に転職活動を開始した後に気を付けるべきことにわけて、まとめてみました。是非参考にしてみてください!

スポンサードリンク

まずやるべきこと


現職に不満を持ち、すぐにでも転職をしたいという気持ちはわかります。そこで一度立ち止まって

自分の考えはまとまっているかな…?
と自問自答してみましょう。

深く自己理解をせずに転職活動を進めてしまうと、今ある会社に入社したように、同じ失敗を繰り返す可能性があります。しっかりと今の自分を振り返る時間を設けた上で、実際の転職活動に入ることが大事です。

まず、「退職をしたい」と思ったときにすべきことをまとめます。

転職成功する上で見落としがちなポイントもあるので、しっかりと考えてみてくださいね!

その1:現職でしっかりと仕事を続ける


何を言っているのかと思われるかもしれませんが、まだ退職をしていない以上現職に迷惑をかけないようにしっかりと今の仕事に向き合いましょう。また、転職活動で面接官の方は現職でどのような経験を積んできたのかを重点的に見ています。

「新入社員なのでまだ何も身についていません」なんて回答は面接官からしたら到底納得できません。面接でアピール出来ることを一つでも増やす為にも、ギリギリまで現職で仕事を頑張ってみてください

もしかすると、「仕事のコツ」「やりがい」がわかってきて転職という選択肢ではなく、現職でもう少し頑張ってみるという選択肢が自分の中に生まれる可能性もあります!

その2:今の仕事を振り返る


今の仕事を振り返ることをお勧めするのは、自己理解・自己願望を深めるのと同時に面接対策にもなるからです。

  • 自己理解:今の自分には、どのような経験・スキルが身に着いているか、理解する為
  • 自己願望:「どんな仕事に活かせるのか」考えるきっかけにする為
  • 面接対策:今までの経験の棚卸をすることで面接時のアピールポイントを探す為

また、苦手なことも振り返っておくと良いでしょう。面接時には強みと同時に弱みについても質問をされることがあります。その際に「弱みとその改善の為にどのような努力をしてきたのか」アピールできるよう準備をしておくと尚良いです。

スポンサードリンク

その3:これから何をしたいのかを具体的に考える


転職をしたいと漠然と考えた時、ではどんな会社への転職が成功だと思いますか

例えば

  • どんな業界で働きたいか
  • どんな職種で働きたいか
  • どんな条件で働きたいか
等など、たくさんあると思います。

そこまで具体的に自分の考えを掘り下げないと、転職自体できたとしてもその転職が成功だったとは言えない可能性があります。すべての希望を叶えることはできない為、自分の希望を思いつく限り書き出した上で優先順位をつけてみてください。

上位3つくらいまでの希望の叶う会社が見つかれば良いほうです。また、書き出そうとしてもなかなか思いつかない方は

  • 今までの人生でやりがいを感じたことは何か
  • 将来どんな自分になりたいか(抽象的でも可)
など、別の角度から考えてみても良いです。

新入社員の場合は現職での経験は少ないと思いますので、学生時代の経験やアルバイトの経験なども含めて、自分について振り返ってみましょう

その4:いつまでに転職をしたいのか 明確にする


転職活動はだらだらと長く続けるものではありません
。人によっては気になったところを一社ずつ慎重に受けていきたいと考える人もいます。

しかし、いざその会社で内定をもらった際に

他にもっと良い会社があるのではないか…
と考えてしまい
結局入社を決めきることが出来なかった…
という話はよく聞きます。

転職成功の為に必要なことは、いつまでに新しい会社に転職をするのかを決め、転職活動にかかる時間を逆算し、スケジュールを組み立て、多くの会社に同じタイミングで応募をすることです。

今から具体的に説明していきますね!

いざ、転職活動を始めたら


自分の考えが明確になったら、早速転職活動を開始しましょう。その際、転職エージェントを活用することをおすすめします。

第二新卒の方は就職経験の浅いため転職先の業界・業種の知識も乏しい上に、転職の方法もよくわからないはずです。転職の相談するにも、転職した友人も殆どいない上に両親や同僚にもいえない人も多いでしょう。

だからこそ、転職エージェントに相談してみるのが1番です。メリットはこちら

転職エージェントのメリット

  • 転職のプロの手厚いサポートによって、時間がなくても転職活動が進む
  • ブラック企業の求人を全て除外してくれる
  • 転職活動のノウハウを一から教えてくれる

ただし転職エージェントによって紹介する業種・業界が異なるので、1つに絞らずに複数のエージェントを利用すべきです。またエージェントとの相性もあるので、1つだけ利用するのは博打になることもあります

人材業界の私が第二新卒におすすめの転職エージェントを2つ厳選したので、ぜひご活用してみて下さい!

◯「リクルートエージェント」はサポートが万全!

◯「マイナビジョブ20s」は20代の転職で1番強い!

※転職の基本をまず知りたい人は「リクナビNEXT」がおすすめ


「リクナビNEXT」は転職最大手のリクルートが運営する転職サイトです。特に、転職を初めてする方におすすめです。理由はこちら!

「リクナビNEXT」のメリット

  • 転職に欠かせない知識・常識を養うことができる
  • 転職の手順が綺麗にまとめられている
  • 自分のペースで転職を進めることができる

転職する課程を順序立ててわかりやすく説明しているので、転職を初めてする人でも「転職の始め方」「転職で欠かせない知識」を深めることができます

また、自分のペースで転職の情報を身につけることができる点も、現職に勤めながら転職を始める人にとってメリットとなります。

たったの5分で簡単に無料登録できるので、転職初心者の方は是非「リクナビNEXT」をお試し下さい!

その5:応募時


可能性を狭めない為にも、少しでも気になった会社は応募をしてみることをお勧めします。また内定を頂いた時に「1つだけじゃ比較できないので転職に踏み切れない」ことがないよう、複数社を同じタイミングで応募しましょう

一般的に選考には1ヵ月ほどかかります。同じタイミングで内定をもらい、条件等比較検討をするためにタイミングを合わせる必要があります。会社ごとの選考の所要時間は変わりますが、求人情報に選考回数が書いてある場合は、そこから逆算して考えてみると良いでしょう

スポンサードリンク

6.面接時


既に自己理解を深めていると思いますので、「自分の強みをどのように話すのか」まとめてもらえれば基本的にOKです。ただし、新入社員だからこそ気を付けるべきことは「退職理由はネガティブではないか」という点です。

恐らく、新入社員の場合、現職での就業期間は短いと思います。面接では

なぜ短期間で転職を決断したのか
必ずと言っていいほど聞かれます。そして、また同じ理由で短期離職をされないかをチェックされます。

退職理由を聞かれた際に、会社の悪口を並べるよりは、短期離職になってしまうことについては反省をしており、次の会社では長く勤めたいと思っていることを伝えた方が良いです

また「やりたいことがあるが、今の会社では出来ない」といった前向きに説明した方が面接官に対して好印象を与えることができます。

7.入社先決定時


内定後、よっぽどのことが無い限り内定取り消しにはなりません。特にBtoCの会社はお客様にもなりうる転職者の方を無下に扱い会社の評判を落とすようなことはしません。

その為、面接時に聞きづらいことなどあったと思いますが、内定通知書をもらったこのタイミングでわからないことについてはしっかりと確認し、わからないことを残さないようにしましょう

転職した後に

こんなこと聞いてない!
なんて通用しません。また転職活動をすることになり、一度在籍してしまった以上履歴書には社歴として書かなければならなくなってしまいます。

あとで後悔しない為に、内定をもらい入社を決めるまでのタイミングですべてを確認するようにしましょう

迷ってしまったら…


いろいろと記載しましたが、自分で考えることができない場合は、転職エージェントで相談してみることをお勧めします

その道のプロが適職探しのお手伝いやスケジュール調整も協力してくれます。エージェントからの質問に回答するうちに、今まで気づかなかった自分に出会えるかもしれません。自分一人での転職に自信がない場合は、他人を頼ってみるのも一つの手です

最後に

新入社員で転職する方は、思い切った行動でもあるので将来を不安に感じると思います。私も新卒で転職した当時、非常に怖かったです。

しかし、落ち着いて転職に向けて正しく努力すれば、スムーズに進みます。なので、不安になりすぎず、成功するための行動を積み重ねれば大丈夫です。成功するため・失敗しないためにも、転職活動を真剣に取り組みましょう

皆さんの転職が無事に成功できること、応援しております!

【新卒】新入社員で転職したい人が今すぐやるべきことを経験者がまとめてみる

スポンサードリンク